フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)2015年の1巡指名権は3位のみ

NBAドラフトロッタリー抽選は終了し、結果として76ersは1巡指名権は3位のみ獲得となりました。

可能性としてはLakers、Heatのそれぞれ1巡指名権を獲得する可能性がありましたが、それらは来年以降へ持越しとなりそうです。特にLakersの指名権は今年はトップ5以内ならばLakersへ、来年はトップ3に入らなければ76ersに指名権が移る事になります。

来年の1巡指名権を整理すると以下のようになります。

・76ers自身の指名権
・Lakers(Top3プロテクト)
・Heat(トップ10プロテクト)
・Thunder(トップ15プロテクト)

来年は少なくてもLakersの指名は手に入りそうですし、Thunderも選手に怪我がなければプレイオフ争いに入ってくるでしょうから、ここも手に入る可能性は高そうです。

ちなみに、2巡指名権コレクターのSam Hinkieですが、今年の指名権は35位から60位まで5つの指名権を持っています。こちらはトレードするなり、指名してめっけもんを見つける、という運びになりそうです。特に35位、37位あたりの指名権は1巡指名が予想された選手たちが残っているでしょう。

さてさて、1巡3位ということで巷ではもっぱら1,2位はKarl-Anthony Towns、Jahlil Okaforが占める事が予想され、3位ではD'Angelo Russellが76ersに指名されるとの予想が大半を占めています。

2年つづけてNoel、Embiidとビッグマンを獲得し、MCWをトレードで放出したチームの状態からも当然の指名かも知れません。まだ時間がありますから今後いろいろと違う噂も出てくるのでしょうね。

ただ、この1,2位の選手のどちらかが今後ワークアウトなどでACL断裂みたいな事でもあれば3年連続で怪我の選手を指名するかも知れませんね。

Hinkieはチームニーズではなく、ベストな選手を指名する、という教科書通りの受け答えをしていますが、1,2位が充当ならばRusselもしくは昨年1年中国のプロリーグでプレーをしたEmmanuel Mudiayのどちらか、と言われています。Mudiayは年齢的にはRusselと同じですが、アメリカの大学には行かず、中国でプレーを行いました。

Larry BrownやErick Snow, George Lynchなど元76ersの面々がコーチをつとめるSough Methodist Universityへ行くという話もありましたが、結果的にはそちらを蹴って海外を選びました。Larry Brownにコーチをしてもらい、アメリカでプレーしていればもう少し下馬評も高くなったかも知れません。

実際のドラフトは6/25ですからまだあと1か月あります。あまり更新出来ないかも知れませんが、それまでいろいろ妄想してみたいと思います。


(76ers)ドラフト指名権の整理

今年も数多くの選手が入っては去る毎日で、先日のトレードデッドラインではまたまた大きなトレードもありました。Sam Hinkieとしてはとにかく将来のチャンピオンシップを見据えてドラフト指名権の獲得に余念がありません。

良いか悪いかは別にして、今年もたくさんの指名権があり、いろいろと制約があるので一度整理してみます。

1巡指名権
■3位  76ers
いちおうこの指名権も制約があり、プレイオフ出場などあれば指名権がCelticsに譲渡されたのですが、それもなく無事に上位指名権を獲得。

■4位 From Lakers
今のLakersの成績では下から4番目となり、トップ5に入った場合にはこの指名権は今年は貰う事が出来ません。2016年、2017年は3位までがプロテクトされ、2018年は何のプロテクトもありません。

■13位 From Heat
10位までプロテクト。現状は13位なのでこれは貰えそう。

■18位 From OKC
今年は18位までプロテクト。来年、再来年は15位までがプロテクト。

1巡の指名権は現状でこのように最大4つ存在しています。
これでいくと自分の3位の指名権、さらには現状13位のHeatの指名権の2つはありそうです。ただ18位のOKCはぎりぎりですが、Kevin Durantが怪我しましたね。長引きそうですし、もしかしたらこちらも貰える事になるかも知れません。

Lakersの指名権は今年はちょっと無理ですかね。ただ、来年は4位以下であれば指名権をもらう事が出来、恐らく来年もそれほど強くはならないと思うので、結構な上位指名権をもらえるかも知れません。

このLakersそしてOKCの指名権はMCWのトレードでJaVale McGeeなどと一緒に手に入れたものでした。昨年のRookie of the yearも今年は怪我と戦う日々なのと、肩の手術の影響もあり、FG%はボロボロでした。シュートの正確性は入団当時から課題とされてきましたが、今年はますますその弱点が露呈してしまった感があります。また、TOが多いのもチームとしては今後フランチャイズを背負うPGとしては不満が残ったのでしょう。

自分としては短期的にはもうちょっと我慢しても良いかなとは思いますが、結果としては良かったと思っています。
身長も高いですし、腕も長く、アシスト能力だけでなくリバウンドなども貢献ので数字は残すのですが、試合を支配するような選手になるかというとそこまでは行きません。

なんとなくいろんな意味ではAndre Miller的な感じの選手止まりでしょうか。それなりに良いけど、決してダブルチームするような選手ではない感じ。そしてそれなりに良い選手ではあるので長い事リーグには在籍する、という感じでしょうか。

今回のこの動きはプレイオフ出場して満足するチームではなく、チャンピオンシップを狙えるチームづくりのためだということで納得するようにします。

当然いくら上位で指名してもその価値が結果的にはなかったという選手もたくさんいるので(Evanなんとかっていう選手とか、、)、失敗する可能性も大いにありますが、さらに上を目指すという事です。

ちなみに2巡指名権は5つあるようです。1巡も複数あって2巡もこれだけあれば更に指名権のトレードを含めいろいろな動きがあるのでしょうね。でも2巡好きのHinkieですからあっさり全部指名するのかも知れません。

2巡指名のKJ McDanielsは放出しましたが、同じく2巡指名のJerami Grantはプレイタイムをもらって少しずつではありますが確実に成長していますね。オーストラリアでプレーしていたJordan McRaeも定評のあったオフェンス力は確かなもののようですし、来年は彼もチームの構想に入ってくるでしょう。

シーズンも終盤に入って本来ならばプレイオフ争いなのですが、我々としてはどこまで負けてどれだけ有利な指名順位を得るかというところに興味が行ってしまいます。76ersの残り試合では下位チームとの直接対決が多く、複雑な思いで見る事になります。

純粋に勝利に向けて応援するならLakers、OKCという所ですかね。

2014年シーズン初勝利!

0勝17敗と連敗街道を突き進んでいたシクサーズですが、やっと85-77でTimberwolvesを相手に今シーズン初の勝利を挙げる事が出来ました。

WolvesはRicky Rubio, Kevin Martin, Nikola Pekovicなどが怪我で欠場しており、4勝しかしていない状況を考えれば勝つ確率はある程度あるかと思っていたのですが、全てのチームが格上である今の状況を考えると正直あまり期待はしていませんでした。

さらにこちらもTony Wroten, Alexey Shvedが欠場となり、PGがMCWただ一人という厳しい条件になってしまいました。

試合内容は両チームとも酷いもので、まあこれはどっちもどっちだな、という内容でしたが、今のシクサーズにはなんでもいいからとりあえず勝利をあげることが何よりの薬でしょう。

PGがいなかったおかげでMCWは42分の出場で20得点、9リバウンド、9アシストとまたまたもう少しでトリプルダブルという活躍でした。でも存在感は彼がコートにいる時よりも彼がベンチに下がった時ですかね。

彼がいなかった時は特にオフェンスが全く機能せず、たぶん練習でもやったことのない5人がコートにいたと思うのですが、なるほどPG役の選手がいないとこんなになってしまうのかとある意味新鮮でした。

正確にはわかりませんが、MCWがいない時に点入りましたかね?ターンオーバーやら無理やりなシュートやらそれはそれは見ていられないものでした。

いやーしかしNoelやKJなどのルーキー(Noelは一応2年目ですが)たちにしてみればプロで味わう記念すべきはじめての勝利です。次はKDやWestbrookが復帰したThunderですし、また負け試合が続くかも知れませんが、落ち込むことなく頑張って欲しいものです。


(76ers)NBAもう開幕してましたっけ?

0勝12敗。

もちろん今年も厳しいシーズンになるのはわかっていましたが、それにしても勝てません。

シーズン当初はきわどい配線も多少あったように思いますが、今日のSunsとの試合もいわゆるコテンパンっていう形での敗戦でした。

76ersとKentucky大が戦ったらKentuckyが勝つだろう、とは同大卒業のErik Bledsoeが語ってちょっと話題になってました。そういう発言があってチームとしてはモチベーションも多少あがっていたとは思うのですが、あがったとしても結果は惨憺たるものでした。

まあ、ロスターを見ても来年以降もいる、もしくはいてほしいと思う選手はMCW, Noel, Wroten, McDanielsくらいですかね。他の選手は本当に誰?っていう選手しかいなくなってしまいました。

チームスタッツを見てみるとさらに驚きます。

得点失点得失点差FG%被FG%3PTFTリバウンド%
89.3106.417.140.7%51.3%29.7%63.9%46.1%
ビリビリビリビリビリビリビリビリ

てなことになっており、ほとんどすべての項目でビリになっています。ターンオーバーの項目では相手のTOを誘発する数字だけはなんと1位になっているのですが、これはあまりにも大差での負けが多いので、試合の最後の方は練習試合のようになってしまって雑な展開になるのが理由ではないでしょうか。

先日はK.J. McDanielsの母親と思われる人がTwitterで「あんなチームにいてウチの息子のキャリアは台無しだ」みたいなことを言われていました。それについては他のチームにいたらそもそも出場出来てないぞ、と言ってあげたいですが、いずれにしてもこんなに負け続けるとそんな小言も言いたくなるでしょう。

負けが続くことでチーム内が不穏な雰囲気になって不満爆発なんてことにならなければ良いと思います。Nerlens Noelも結構こたえているのか、Brett Brownがちょっと心配していました。相手チームからも「そんな時もある」と慰められたりしていました。

明日はNY Knicksとの試合です。ここまで3勝10敗と苦しんでいるチームなので少しは勝利の可能性もあるでしょうか。今年はどんな相手でも格下になってしまうと思うので、確実に勝てそうな試合など存在しなそうですが、なんとか良い試合を演じてくれることを期待します。


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

(76ers)ローテーションはどうなる

いよいよ来週にはシーズン開幕です。プレシーズンの試合を見てもサマーリーグの試合を見ているようで、どうも気が乗って来ないのですが、それも開幕すれば慣れるでしょうか。

昨年同様に若手をたくさん起用していく方針に変わりは有りません。というか若手しかいないんですけどね。

Michael Carter Williamsは肩の怪我で出遅れるようですが、11月の上旬には復帰との噂もあるので、PGと実質ルーキーイヤーになるNerlens NoelのPFは安泰でしょう。安泰というか、彼らの怪我さえなければこの二人はずっと使われる事になりでしょう。

チームのオフィシャルサイトにはデプスチャートはないのですが、おそらくこんな感じのローテーションで行くでしょうか。

スターター
PGMichael Carter WilliamsTony WrotenMarquis Teague
SGK.J. McDanielsElliot Williams
SFHollis ThompsonChris JohnsonJerami Grant
PFNerlens NoelArnett Moultrie
CHenry SimBrandon Davies

Marquis Teagueは今日トレードでNetsから獲得しました。Casper Wareを放出した代わりにTeagueとドラフト2巡指名権を手に入れました。2巡指名権を集めるのはもう趣味としか思えませんね。ww

Teagueは2012年のドラフトで1巡29位指名を受けましたが、その後はほとんどプレイタイムにも恵まれず、目立った活躍はしていないという選手です。まだ21歳と若いですからプレイタイムを貰って頭角を表してくるでしょうか。ちなみにこの選手、現在Atlant HawksにいるJeff Teagueの弟です。

上の表に入っているのは12人なのですが、まあいろいろ入れ替わりは激しくあるでしょうが、このあたりをローテーションして9人か10人くらいが1試合で使われて行くのかなと思います。

まずはロスターカットであと数日で今のメンバーから5人カットしなければいけません。この表の中の選手達は大丈夫かなとも思いますが、実績を残していない選手達ですから誰がカットになっても大きな驚きはないかも知れません。

来年はやっとこのスターターにJoel Embiidが入る事になるのですね。そうなったらC, PFは相当楽しみなコンビになりますね。

まあ来年の事は置いておいても、日本時間の30日(木)からいよいよ開幕です。勝敗はともかく、いろいろ別のところに喜びを見いだしながら楽しもうと思います。





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。