フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)MVP! MVP!



日曜日にはWizardsとの試合が行われましたが、そんな事はどうでも良く、この試合のハーフタイムにIversonの背番号3が永久欠番になるセレモニーが行われました。

この日はコーチをしている大学の試合のために来る事が出来なかったLarry Brownからのビデオメッセージでは ”I finally say this. God put me there to coach you.” と言っていました。Iversonが入団して数年のシクサーズは相変わらず成績はダメダメだったのですが、Larry Brownがコーチに就任して感想を問われたIversonが言った言葉が ”God sent me Larry Brown.” でした。

昨日のコメントはそれを受けてのものだったのかはわかりませんが、当時既に名将としての評価を得ていたBrownですらIversonをコーチしたことで非常に多くを学んだと常々言っていました。彼のコーチキャリアの中でも最も長い年月を過ごしたのがIverson と過ごした76ersだったのでそれだけ様々な思い出があるのでしょう。何度となく衝突した二人でしたが、常にお互いをリスペクトしている雰囲気は伝わって来ましたし、本当に特別な師弟関係だったと思います。

色々な関係者に感謝の気持ちを表す中、チームメイトの中で筆頭に出てきたのはAaron McKieでしたね。当時から非常に仲が良く、Iversonも兄のような存在と表現したように、彼にプレーの事やバスケットボール以外の事でも道を示したのがMcKieだったんでしょうね。

McKieは地元の高校・大学に通い、地元のシクサーズで選手、コーチの経験があるという非常に珍しい経歴を持っています。Brett Brown体制になってからチームを離れてしまいましたが、いつかまた戻ってきて欲しいものです。

個人的にはやはりIversonが全盛の時代、プレイオフ進出やファイナル進出のあたりが最も思い入れを持って応援していた頃でした。当時はスカパーのリーグパスで月に2,3試合放送されるかどうかという感じだったので、たまに見る事が出来る映像の重みが毎日見る事が出来る今とは全く違いました。

そんな貴重で思い出深い映像の中にIversonが中心にいたことはこの上なく幸せだと思っています。つくづく彼の全盛時代をこの目で見る事が出来て本当にラッキーです。

こと76ersのスター選手の歴史で言えばDr.J, Moses Malone, Mo Cheeksといったあたりのスター選手がいて、その次がCharles Barkleyでした。Barkleyがトレードされた後の数年チームは低迷する訳ですが、その後に現れたのがIverson。そして今がIverson後の低迷期と言えるでしょう。

昨日の観客の熱狂ぶりを見るにつけ、やはりスーパースターと言われるような人はそう簡単に出てくるものではないし、単にスタッツ的に数字を残せば良いという事とも全く違うんだな、と改めて思います。特にIversonはそのファッションやライフスタイルという面でNBAに新しい風を入れたという点でも功績は計り知れません。

上位指名が確実な来年のドラフトで後世に名を残すような選手が指名できるか、または有望選手を指名したとしてそんな選手に育ってくれるか、実に楽しみです。Iversonがチームを離れたのが2006年ですからそれから結構な年月が経ちました。そろそろ後継者となるスターが出て来るでしょうか。ちなみに、つい数年前全体2位でとある選手を指名したことは本人に酷なので黙っておきましょう。彼は彼で新天地で頑張ってくれるでしょう。

それにしても色々思い出せて泣けるセレモニーでした。必見です。



スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/955-9c72edf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。