フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)いろいろな事がありすぎのドラフト

ドラフトに向けて選手を何人か見て誰が指名されるかなど考えていましたが、蓋を開けてみたらあまり意味がなかった結果になりました。ちょっとあまりにも色々な事が起きすぎているのですが、昨日の出来事を整理するとこんな感じになります。

まず76ersが新しく手に入れたもの

★1巡6位(Pelicansとトレード)
Nerlens Noel
Center/ 6-11 / Kentucky / Freshman / 10.5 ppg, 9.5 rpg, 4.4 bpg

★1巡11位
Michael Carter-Williams
Point Guard / 6-6 / Syracuse / Sophomore / 11.9 ppg, 4.9 rpg, 7.3 apg

★2巡54位
Arsalan Kazemi
Power Forward / 6-8 / Oregon / Senior / 9.4 ppg, 10.0 rpg

★2014年Pelicansのドラフト1巡指名権(top5 protected)
★2014年Bucksのドラフト2巡指名権
★2014年Mavsのドラフト2巡指名権

以上が入手したものですが、Noelをもらう代わりに代償はなんとJrue Holidayを差し出す事となりました。

Holidayはチームで唯一の将来に希望の持てる選手だったので、大きな痛手です。これがEvan Turnerだったらどんなに良かった事かと思いますが、それは先方が受け付けなかったのでしょう。

Noelは現在ACL断裂からのリハビリ中ということで、健康であれば1位で指名された事が想定されていた選手です。まだ19歳と若く、体も線が細いのですが、今後の将来性はハンパなく有望な選手です。まさかNoelが来るとは思ってもいませんでしたので、全くのノーマークでした。

膝が悪い選手が2年連続で在籍することになりますが、報道によればリカバリーの具合は予定よりも順調に行っており、クリスマス頃には試合に出場できるのではないか、という報道もあります。また、膝の怪我は今後も影響が出るようなものではないという意見もあります。ただし、1位で指名されてもおかしくない選手が6位まで落ちて来た訳ですから、それなりの理由があるのでしょう。ここはもう祈るしかありません。

オフェンスではあまり期待は出来ませんが、ディフェンスではすぐに活躍してくれるでしょう。あのジャンプ力と腕の長さ(7-4)はダテではありません。ブロックが平均4.4という数字も非常に期待が持てますね。

練習でSpencer Hawes, Kwame Brownあたりとマッチアップして自信をつけてもらいましょう。

11位の指名については先週3人のフロントコートの選手について書いたのですが、書いていながらどうも指名するにはイマイチだなと思っており、本当はKentavious Caldwell-Popeか、CJ McCollumを指名したいと思っていました。それぞれ8位と10位で指名されてしまい、残念な結果となったのですが、それでもMichael Carter Williams(名前長っ)が指名出来たのは悪くないと思います。

Holidayがいるいないに関わらず指名を検討していたのかはわかりませんが、6-6というサイズのPGでパスの能力には非凡なものがあります。オフェンスは全く期待出来ず、ジャンプシュートなどは入る気がしないくらいの精度ですので、これから猛練習が必要です。

Rajon Rondoと比べられたりするようですが、それが単にジャンプシュートが入らないという点で似たタイプとされていないと良いのですけどね。

MCWとNoelはその昔同じチームでプレーした事もあるようで、MCWはベストフレンドだ、と言っています。昔は一緒にプロになれたら良いよな、なんて話をしていたそうですが、それが同じチームで戦う事になるなんて幸せだと言っています。

二人とも顔つきからは結構やってくれそうです。顔つき、全く根拠はありませんが、やっぱり大事です、はい。

さて、Holidayがいなくなり、もともと来年は期待出来ないシーズンだったのですが、更に成績としては苦しくなりそうです。ただ来年のドラフトは近年まれに見るタレントが豊富な年だそうで、その年に上位指名権をもらえそうというのは大きな楽しみです。

また、Pelicansの1巡指名があるので、結構大物が取れるかも知れません。トップ5はプロテクトされているのであまりにも成績が悪いと指名権を貰えない事になりますが、Pelicansは昨年のAnthony Davisも大きく成長するでしょうし、フロントコートも厚く、それなりに好成績を残しそうです。ただプレイオフに出るまでは行かないかなと思いますので指名権は1巡の真ん中くらいになるでしょうか。

まだコーチも決まっていませんし、FAで大勢選手を契約する必要があるのでまだまだチーム編成がどうなるかわりませんが、この二人を将来中心にしてチームを再建していく、ということになるでしょう。まずはNoelの膝が問題なく回復することを願うばかりです。



スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

驚き

BOSほどではないにしろビックリしましたね。Pelicans?アイスホッケー?と間違いそうに!w
相手はNOでしたか。
Turner君だったら本当最高のシナリオですが、それは虫が良すぎますね。将来有望なオールスター選手だからこそのトレード成立ですもんね。
これでガッツリ再建モード!フロント陣は本気度が分かります。今後が楽しみですね!
因みにyogiさん注目だったLucas NogueiraはBOSですか。向こうも再建モードに。因縁ですかね?

  • 2013/06/29(土) 14:28:44 |
  • URL |
  • taka #-
  • [ 編集 ]

Pelicansという名前もなんかとても弱そうなのと、慣れないので誰?って感じです。

しかし本当に再建モード突入ですね。来年は20勝60敗くらいの成績になったりするかも知れませんね。まあそれでもし1位指名権が取れればWigginsというLeBron James以来の大物という選手がいるみたいなので、それはそれで楽しみです。

NogueiraはDalembertくらいになれば十分でしょう。Noelの場合はそれを一回りも二回りもスケールを大きくした感じの選手なので楽しみです。

  • 2013/06/29(土) 16:56:52 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

確かにターナーなら、向こうが、厳しいですね!ホリデーの若さ+将来性は、フィリーの希望でしたが、逆にホリデーのキャップスペースがあくので、FA大物狙う??と、勝手に、期待しています。

  • 2013/06/29(土) 17:13:18 |
  • URL |
  • いがー #-
  • [ 編集 ]

来年のオフは大物のFAがたくさん出て来る予定ですからね。そう考えると来シーズンはシーズン中よりもシーズン後の方が楽しみが多そうですね。ドラフトといい、FAといい、いろいろな動きがありそうです。

  • 2013/06/29(土) 18:36:56 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

その前に、バイナムは、放出確定なのでしょうか?
イグドラ+ブチェ+ハークレス+将来の一巡指名まで、だして、まさか、ただでだすのでしょうか?

  • 2013/06/29(土) 19:28:17 |
  • URL |
  • いがー #-
  • [ 編集 ]

放出というかそもそも1年契約だったので、今の時点で既にFAで正確にはもうチームの一員ではありません。本当の所はわかりませんが、これまでの雰囲気からは再契約することはないような雰囲気です。

失ったものは超大きいですが、それが現実です。Noelを指名してさすがに膝に爆弾を抱えるCenterを二人チームに入れる事はしないでしょう。

  • 2013/06/29(土) 20:48:12 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/941-f05132fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。