フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Trail Blazers戦 60-30

タイトルの60-30というのはスコアではありません。今日の試合のリバウンドの数字です。今まであれほどリバウンドに苦しんでいたシクサーズですが、なんと30もの大差をつけてリバウンドを取りまくりました。今日は試合が終わってだいぶ時間が経ってからスコアを見たので、最初は間違いだろうと思っていたのですが、複数のサイトを見てはじめて間違いではないことを知りました。

なんと言っても今はリーグ1位のオフェンスを誇るチームになっていますから、これだけリバウンドを取れればいくらFG%が悪かろうがどうにでもなってしまうでしょう。今日はWebberが15リバウンドと大活躍の上、Iversonまでもが8リバウンドを稼いでいます。でもこれだけリバウンドを皆稼いでいる日でもHunterは20分の出場でわずか3リバウンドなんですね。

Iversonは試合序盤はシュートがなかなか入らず、最初の6、7本は連続して外しているようですが、最終的には16/27ですのでその後はほとんど全部決めたような感じだったようですね。今年はいつになくFG%が高いのですが、これは彼がボールを独占しているばかりでもなくなっていることに大きな原因があるでしょう。キャリア10年目にしてやっとオフェンス面で本当に信頼できる複数のチームメイトに囲まれたということでしょうか。

でも大きいのはやはりWebberの存在なんでしょうね。彼の得点能力というよりは、彼の影響でチーム全体でボールを動かす意識、ボールを持っていない選手が動く意識というのが非常に大きくなったように思います。結果的に相手ディフェンスが的を絞れず、Iversonにダブルチームをかけづらいということも影響していると思います。

今後Webberが怪我で離脱する、とか、なかなかチームが勝てずにIversonがイライラして一人で強引なオフェンスを仕掛けなければキャリアハイのFG%、そして得点王というのも非常に可能性が高いでしょう。得点王自体はもう珍しいことではありませんが、今年はその中身というか価値が今までとは全く違うものになりそうです。

試合の内容とは無関係ですが、今日の観客は1万2千人台で今季3番目に低い観客数でした。今年は何故かホームでの観客数が大きく減っているようで、確か平均で1万5千人台のようです。去年は1万7千人台でしたので大きく減少しています。まだシーズン序盤とは言えちょっと気になる所ではありますね。ただ、フィラデルフィアはバスケットボールの街でもありますのでこれからチームが勝利を重ねることでいつものあつい声援はすぐに戻って来てくれるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/92-0b25c307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。