フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)Moe Harkless

15位で指名したMoe Harklessについてまとめます。 

身長6' 9" 、体重207 lbsのSFです。まだ19歳です。大学はSt. John's大学に1年だけプレーし、Big EastのRookie of the yearに選ばれています。



GP32
Min36.1
Pts15.5
FG%45.2%
2P%50.6%
3P%21.5%
FTA4.3
FT%67.6%
Off2.8
Def5.9
Tot8.6
Asts1.5
Stls1.6
Blks1.4

基本はウィングプレイヤーですし、自分もそう思っているようですが、大学ではチームの事情などもあり、PFや時にはCenterに入る事もあったとか。しかしやはりそこは200ポンドしかないので体重のある選手相手にポストアップなどは苦しんでいたようです。従って、そこが弱点と言われる事もあるのですが、そりゃそうだろ、とも言えます。19歳なのでまだ体重はこれから増えるでしょうし、しっかりとビルドアップする必要があります。

ドラフトコンバインの数字でも基本的にすべての項目で上位にランクインしているのですが、ベンチプレスは全体で下から数えて10位以内くらいに入っています。ちなみに体脂肪は5.3%です、羨ましい。。

強みはやはりそのクイックネスで、オフェンスではドリブルから相手を抜き去ってゴール下に行くプレーを何度も見せています。ハイライトでも多いのはそういう映像です。また、ゴール下でのリリースも様々な姿勢から決める事が出来るため、トランジションではその身体能力とフィニッシュの豊富さで得点を稼いでくれそうです。

ディフェンスではBig Eastでディフェンスの1stチームに選ばれたように入学してすぐに光るものがあったようです。そもそもウイングスパンが7-0、サイトによっては7-2ともあり、その長い腕は相手にとって相当やっかいな存在だと思われます。またディフェンスでの読みが良いためにパスレーンに飛び出してスティールしたり、パスをはじいたりすることが多いようです。

また、練習態度も非常にまじめだそうで、その点で高く評価されています。良く将来性が高い選手と言われていますが、このまじめさがあることが彼の持っている才能を最大限開花させることが出来ると考えられています。たしかにインタビューを見てもまだ10代とは思えない落ち着きぶりと顔立ちもまじめそうですし、言葉もしっかりと話しています。

個人的にはこのインタビューを見て結構この選手はいけるのでは?と思ってしまいました。

逆に弱みはやはりジャンプシュートの確率を上げることでスリーが21%というのはやはり低すぎる数字です。フォームなどはしっかりしているので練習すれば大丈夫とも言われますが、いくらなんでも低すぎです。Turner, Harklessと並んだフォーメーションでは相手ディフェンスは2歩うしろに下がってペネトレーションレーンを閉じておけば相当な得点を防ぐ事が出来そうです。

基本的には3年目くらいからチームの柱となるような選手に育ってくれればというくらいの時間を与えてあげたい選手です。ただ、シュートさえもう少し上達してくれれば相当な選手です。もう1年大学にいれば確実にロッタリーの選手ですし、しっかりとその才能を育ててあげたいです。もともと若い選手が多いチームですが、また一人成長を待つ選手が増えました。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/908-ac82b38c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。