フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)Lavoy Allen Dayは実現するのか

Spencer Hawesのダメさ加減はこのプレイオフでもやはり露呈してしまっており、ロング2ポイントのジャンプシュートが入らなければ全く良い所なしという状態です。しかも本人も自信をなくしているのか、結構オープンでも打たずにパスするシーンが目立ちます。

しかし、反対に存在感を見せているのがLavoy Allenです。レギュラーシーズンでもHawesの代わりにスターターになったものの、今ひとつぱっとせず、またベンチに戻され、プレイタイムもなくなるという流れの一年でした。しかしここへ来て、特にこのCelticsとのシリーズでKevin Garnettに対してすばらしいディフェンスを見せています。

KGがここまで得点を多くあげたのはHawesが得意とするような20フッターくらいの2ポイントを次々と入れられた事でした。マンツーマンでついているはずのHawesは全くつかず、何度もフリーにした挙げ句、気持ちよくプレーさせてしまいました。

おまけにポストアップではクイックネスについていけずに後ろからファウルになったり、イージーなレイアップを決めたりとなっています。

Allenはその点ジャンプシュートでもそれなりについていますし、特に良いのがポストアップに対するディフェンスです。全く力負けする事も無く、逆にKGを押し返して苦しいフェーダウェイを打たせるだけになっています。3戦ではファウルトラブルに陥った結果、Allenのプレータイムが減ってしまいました。

4戦ではポストアップした際にはガードの誰かがヘルプに行ってKGにパスをさせたのもAllenがファウルトラブルに陥らなかった一つの要因だと思います。KGに対してはAllenがコートにいる事が必須条件です。

100回のポゼッションがあったとして何点取るか、もしくは取られるか、というオフェンシブレーティングとディフェンシブレーティングというスタッツがありますが、このプレイオフではAllenがオフェンス、ディフェンスのどちらもチームで一番の成績になっています。

Offensive RatingDefensive Rating
Lavoy Allen11693
Spencer Hawes9696
Elton Brand9496
Andre Iguodala10198

Iguodalaは参考までに、ということですが、うちのビックマンの3人の中では一番良い数字です。オフェンスのレーティングが116でチーム一番というのはちょっと意外な感じですが、彼がいることでオフェンスリバウンドも取れているし、KGへのディフェンスが良い事でこちらのトランジションにつながっているのでしょう。

昨日の試合ではP&Rからゴールに正対してのジャンプシュートというシーンはありませんでしたが、オフェンスリバウンドからのプットバック、Youngとのインテリアパスからのダンクなどで8得点をあげています。ちなみにオフェンシブレーティングでチームで2番目に高いのはJrue Holidayで107です。

また、このCelticsとのシリーズでの+/-をまとめてみました。
Gm1Gm2Gm3Gm4Total
Lavoy Allen+6(※)+21(※)-2+11+36(※)
Spencer Hawes+5-12-13-4-24
Elton Brand+3-7-23-3-30
Andre Iguodala+3+8-16-2-7
Lou Williams-7+17-12+28(※)+26
※はその試合でのゲームハイ。

まあ正直この+/-はそのまま信じる事が出来ないというか、これだけ見ても仕方がないという気もしますが、それでもここまでの4試合でトータルで+36という非常に良い数字を出しており、Hawes, Brandと比べれば60点程度の差がついています。

チーム全体でも+36はチームハイで2番手がLouの26点となっていますが、Louは昨日の試合がある意味異常値というか、あまりないくらいの試合展開だったとも思います。Allenの場合は4試合ともにコンスタントに活躍が見られている点が評価出来ますね。ディフェンスにスランプはない、という事でしょうか。

昨年のドラフト2巡、全体の50位で指名されて今年のサラリーは0.47ミリオンで、来年はqualifying offer0.93ミリオンという契約です。1巡指名のVucevicがすっかり姿を見せなくなってしまいましたが、Allenには来年も0.93ミリオンなのか、もう少し大きな金額なのかわかりませんが、元気でバージョンアップした姿を見せてくれるものと期待します。

ちなみに今年のAllenの0.47ミリオンのサラリーですが、これに対してHawesは8.5倍、Brandは36倍もらっています。。。まあこれは今のプレーで契約する訳ではないので仕方ないですけど。いずれにしても契約面ではAllenは明るい将来が見える感じですが、逆にHawesは完全に株を下げた感じですね。正直HawesだったらVucevicもしくはTony Battieでも今なら上のようにも思います。

次の大事な第五戦、これだけ貢献しているAllenがファウルトラブルなんて事にだけはならないよう祈っています。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

誤算?

第3戦は録画で見たのですが目を覆いたくなる内容で。KGがアンストッパブル状態…。
yogiさんの大学の後輩でもあるAllenの嬉しい誤算?の大活躍でKGおさえる事が出来れば、Pierceが怪我を抱えているだけにアップセット再び!もあるのではと期待しちゃいます!!
次のアウェイでの一戦にかかってますね。

  • 2012/05/20(日) 21:26:55 |
  • URL |
  • taka #-
  • [ 編集 ]

はい、AllenがここまでしっかりとKGを抑えるとは思っていなかったのでこれは誤算でした。ファウルで抑えるくらいしか出来ないかと思っていたので。

KGを抑えているのも素晴らしいですが、同時にオフェンスリバウンドも取れているのがチームにとっては大きいと思います。

相手はPierce, Ray Allen, Bradleyとケガ人ばかりですし、Bullsとのシリーズに続くアップセットを期待します。

  • 2012/05/20(日) 21:44:36 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

いつも更新ごくろうさまです
ご無沙汰してました
76ersがなかなか頑張っていて、流れが変わっちゃイヤだなと思いコメントできないでいました
ついに王手をかけられてしまいました
もし第7戦でボロ負けという結果になってもいいので、第6戦は取って欲しいです

プレーオフも危うい状態からよくここまで頑張ってくれています
あとドラフトまで30日強しかないのに、まだ頑張ってくれていて、本当にうれしいです

Lavoy Allenはいいですね
Bostonではやはり笛になかされましたが、次はHomeですし...
Tuner大当たりしてくれないかな~

  • 2012/05/23(水) 21:45:58 |
  • URL |
  • omen #-
  • [ 編集 ]

さすがにコメントいただいて流れが変わるということもないでしょう(笑)。

そうなんですよね、気がつくとドラフトももうすぐで、実はドラフト候補生がワークアウトに来たりしているんですよね。とはいえまだまだそんな気にもあまりなれない、というなんとも慣れない状況ですね。

Turnerはシュートがなかなか決まりませんね。Bradleyが怪我で欠場になったので前回の試合などは生まれ変わるかと期待したんですけど。まあそれでも諦めずにゴール下に攻めて行く姿は褒められるべきだと思います。

  • 2012/05/23(水) 22:22:09 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/901-5e62b4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。