フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)勝てる試合でした

2nd roundのCelticsとの第1戦は91-92とわずか1点差ですが、負けてしまいました。終盤まではほとんどこちらがリードし、10点以上に点差が開いた時間帯も結構あったために、最後に追いつかれて負けてしまったのは勝てる試合を逃してしまったようで非常に残念です。

特に試合残り3分程度になってからのLou Williamsのプレーにはがっかりしました。

1.(2:58)1点差で勝っている所でターンオーバーからレイアップはブロックされる
左サイドからYoungが来ていましたが、それには目もくれず自らレイアップに行くも、あえなくブロック。ファウルを貰いに行くのか、どうも中途半端でした。結果的にゆっくり行ったレイアップはそりゃ防がれるでしょう。

2.(2:34)ドリブルからファウルを貰いに行ったシュートもコールなしでターンオーバー
Louの得意技でもあるジャンプシュートでファウルを貰いに行く技ですが、大したコンタクトもなく、相手へボールを献上することに。

3.(1:32)超無理な体勢からのロングシュート
相手ミスのリバウンドを取ってからゴール下まで行くものの、無理と見るやコーナーにドリブルで行き、まだ自チームの選手は揃いきっていない場面で全くフリーでもないのに無理にロングシュート(2ポイント)。リバウンドを取ったのは1:38なのでショットクロックも18秒は残っていた訳ですね。

とまあ、1点差で勝っている状況からこの3プレーが終わって、84-90と6点差をつけられてほぼ試合終了が見えた状況でした。

それまではチームとしても慌てる所はなかったのですが、特に3つめのロングシュートなどは4点負けている状況で、しっかりとしたオフェンスを展開しなければならないのに何やってんだ?と思わせるショットセレクションでした。単に若い、という言葉だけでは言い訳出来ないプレーでしょう。

試合終盤や各クォーターの終盤はLouがボールを持つ事も多いのですが、やっぱり彼がボールを持ってアイソレーションなどになるとチームオフェンスには全くならず、良い展開になるイメージがあまりありません。今日の試合はあの試合終了3分からの一連のプレーがなければなあ、と思う人も多いでしょう。

しかし心配なのはElton Brandが15分しか出場せず、左肩に大きなバンデージのようなものをつけていましたね。ベンチに退いた後は冷やしている映像もありましたし、なんか痛めていたんでしょうね。

さらに悪い事にBrandの代わりで途中出場するThad Youngも途中で左の足首あたりを痛めて退場しました。その後試合には戻って来ているのでそれほどの大きな問題ではないのかも知れませんが、同じポジションでたて続きにケガ人が出るのは心配です。

結局Lavoy Allneが20分程出場して12得点6リバウンドという成績でした。FG5/7と良くジャンプシュートが決まっていましたが、まあまあという働きでした。

負けてはしまいましたが、次に期待を持たせる敗戦でした。全く防ぐ事が難しいと思わせる攻撃も見られなかったですし、リバウンドも前半は25-17と勝っていました。最終的には後半に16-28とやられてしまったので若干負けているのですが、全く歯が立たない訳ではありません。

また1日空くのみで第2戦が行なわれますが、なんとか1つ勝って地元に帰って来てもらいたいものです。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/899-2669035a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。