フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)珍しく僅差で勝利

久しぶりにホームに戻ってのプレイオフ3戦目はなんと79-74で勝利しました。前回の試合では3Qに大爆発し、気持ちよく迎えた3戦目だとは思いますが良くがんばってくれました。

しかし内容は完全に負け試合ペースでした。前半終了時では40-39で1点リードでしたが、オフェンスは全く機能せず、リバウンドもなかなか取れていない状況でした。後半開始時には前回の試合のように、というより今シーズンは3Qに爆発することが多いのでこの日も同じように、と期待したのですが、逆にこのクォーターは11-21とリードを奪われてしまいました。

前半からそうでしたが、3Qは特にオフェンスが全く機能せず、打てるシュートと言えば苦し紛れのジャンプシュートしか打てず、ボール回しやリズムが悪い中でのジャンプシュートなので入るはずもなく、いやーな雰囲気が満載でした。

更に悪いことに試合を通じて相手のオフェンスもそれほど良く決められていた訳ではなかったのですが、相手はミスしてもオフェンスリバウンドを取りまくり、1回のポゼッションで2度、3度とORを取るシーンもありました。そうこうしているうちにこちらはファウルを重ねFTで点を奪われるという展開になってしまいました。オフェンスリバウンドを取られてブーイングまでされていましたし、ファンとして相当イライラする状況でした。

4Qに入っても最初はRip Hamiltonのスリーが決まって最大の14点差になるなど、このままずるずる行くのかと思っていましたが、その後なんとかHoliday, Turner,そしてHawesのオフェンスで点差を縮めることが出来ました。

Hawesはチームハイの21得点で9リバウンドということでこの試合のヒーロー的な存在として書かれています。たしかに終盤にいくつかシュートを決めましたが、それまでに相変わらずな弱々しいプレーもありましたし、そんなにこの試合で活躍した印象はありませんでした。まあ、もう彼への目が厳しすぎなのかも知れませんが。

昨日は最初に打ったスリーポイントが入ったおかげで気持ちとしても少しは楽になったのでしょうね。その後も最初は良く、中盤に全くだめになり、最後にまたそこそこシュートが入った感じでした。Collinsは「Bullはこちらのビッグが打つ遠めの2ポイントはフリーで打たせている」としてHawesを使い続け、フリーなら打たせていましたが、まあ今日は入ったから良いものの、どうなりますか。もともとはそれが得意なHawesなので確実に決め続けなければなりません。

しかしやはりこの試合のポイントは終盤のHoliday, Turnerの活躍でしょう。Turnerのドライブインからのレイアップをブロックされて自分のリバウンドを2回取ってファウルを貰ったシーンは「今年のチームで一番のプレー」とCollinsからも賞賛されています。 

TurnerはもともとCollinsから評価が非常に厳しい印象がありましたが、昨日は40分の出場でチームハイとなりました。それまでは活躍してもプレイタイムが少なかったりといろいろありましたが、ようやくここへきて信頼されるようになってきたのでしょうか。

試合の最後でもCollinsはTurnerにボールを持たせるプレーをコールし、そのプレーコールに対してTurner自身も意気に感じたようですし、実際その期待に十分に応えてくれました。TurnerとHolidayのバックコートがようやく実現し、二人が活躍するようになって来ましたね。これがこのチームの強みでしょうし、将来の姿になるのでしょう。

そしてもう一人チームの強みとなるIguodalaですが、オフェンス面ではあまり貢献出来ていません。昨日もプレータイムは39:40とTurnerに次ぐ長さですが、FG2/9の5得点となっています。その分ディフェンスで貢献しているのは確かですが、オールスター選手としてももう少し期待したい所です。

ただ、先日痛めたアキレス腱の具合はかなり悪いようで、本人いわく「日に日に悪化している」とのことです。膝の方は少しずつ良くなっているみたいですが。そのアキレス腱のせいでジャンプシュートを打つ際に痛みがあるようで、実際このシリーズはジャンプシュートは全くといって良いほど入っていません。欠場するほどではないでしょうが、この先Collinsが言うように「1本足でプレー」し続けなければならないかも知れません。

ちなみに怪我で言えば昨日はLou Williamsもゴール下で倒されて腰を強く床に打ち付けました。そのままプレーはしましたが、その後はクイックネスが全くなくなってしまい、状況が心配されます。本人の弁ではこれまでも怪我とは付き合いながら試合に出て来たし、次の試合も同じ、として問題ないと言っていますが、ちょっと心配です。

しかし、こちらの怪我など可愛いもの、というくらいBullsは怪我に泣かされています。この試合ではJoakim Noahが左足首を捻挫してしまい、そのまま倒れて痛みのあまり叫び続けるほどでした。一時は復帰したものの、足はひきずりまくっていましたし、なんで出場させたのか、首脳陣の意図がわかりません。明らかにありゃダメでしょう。

次の試合はどうやら出られないようですし、その後の試合も出られるかどうか。本人の性格上5戦目あたりには無理をして出てきていそうですが、怪我の具合は相当悪そうです。

76ersとしては相手チームのNo.1とNo.2(オフェンスという面ではありませんが)がいない訳なので、これは正直勝たなくてはいかないシリーズになってきたように思います。Roseがいない中でもBullsは勝ち続けて来ましたが、ディフェンスで勝ってきたチームの中でディフェンスの支柱を失うのは相当なダメージでしょう。

次は日本時間の日曜日深夜2:00からとあまり間隔が空きませんが、しっかりと勝利し、シリーズ成績を3勝1敗にして有利な形で敵地に乗り込みたいものです。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/895-97f85af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。