フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)プレイオフ緒戦は まあ、こんなものかな

イーグルスのドラフト、Brian Dawkinsの引退、そしてシクサーズのプレイオフ開幕とフィラデルフィアにとっては大変な週末でした。そしてそのシクサーズのプレイオフは結果、内容ともに想定の範囲内のような感じで終了しました。

結果は想定の範囲内だったのですが、唯一そして最大の想定外だったのがDerrick Roseの怪我でした。試合の大勢も決まり、残り1分ほどだったのですが、ドリブルでペネトレーションして行く際に、左ひざの靭帯を断裂してしまいました。Bullsにとっても勝利に冷や水をかけられたような出来事です。

このシリーズではもちろんシクサーズを応援していますが、Roseは好きな選手だったので、彼のプレーを見るのも大きな楽しみの一つだっただけに残念です。Bullsは今シーズンもRoseがいなくても十分強いので正直このシリーズでも勝ち進むと思いますが、やっぱりRoseがいるチームと戦いたかった。。

怪我からどれくらいで復帰するかは分かりませんが、来季も序盤は出られないでしょうし、出たとしても完全ではないでしょう。完全に戻るのは2013-2014年のシーズンでしょうか。そもそもプレーが完全に元に戻るかはわかりませんが。

そんなRoseの怪我ばかりがクロースアップされる試合でしたが、試合は93-101というスコアでした。もともとインサイドではサイズのあるBullsに勝つことは出来ないだろうと言われていましたが、その通りリバウンドは38-47と取られています。ただ、オフェンスリバウンドはこちらも12個とそれなりに頑張ったと思います。

この試合からはスターターにLavoy Allenを入れて来ました。Vucevicがダメ、Hawesはもっとダメ、という感じでAllenに順番が回って来た感じですが、20分の出場で4得点、6リバウンドという成績でした。そもそもオフェンス時にはほとんどプレーに参加することがないのですが、彼にしてみれば良くもなく、悪くもなく、という試合だったと思います。

ただ同じくオフェンスには参加しないJoakim Noahが12得点、13リバウンドで存在感を見せていますから、Allenも数字はともかく、相手に嫌がられる存在になって欲しいですね。今は正直相手にとっても人畜無害という感じでしょう。それでもHawesに比べればずっと良かったと思います。彼がダンク出来ていればあと4点確実に入っていました。超フリーだったんですけどね。

しかしこの試合でやられたのはRip Hamilton,Kyle Korverのスクリーンを利用してのカールからの攻撃に何度もやられました。基本的にセットオフェンスではこれしかやってないのか、と思うくらいに同じ攻撃にやられてしまいました。

そもそもウィークサイドから走り出して一人目のスクリーンでディフェンダーが引っかかり、そのままヘルプもない状況でシューターがフリーでボールを貰ってシュート、というパターンでした。あまり工夫というか変化もなく、試合中は同じ展開が続いたのですが、次の試合ではここにどんなアジャストがされるのか楽しみです。

どうアジャストするかはいろいろあるでしょうが、例えば、

1. 2人目のスクリーンとしてNoahやBoozerがいる訳でしたが、その選手についているウチのビッグ、BrandやAllenがスイッチするというのもあるでしょうし、

2. シューターを追いかけるIguodalaやTurner,Meeksなどの走るコースも考えた方が良いかも知れません。

3. またはそもそもパスが出るRoseの所を早めにダブルチームして潰してしまう
などなど、いくつか可能性は考えられますね。

ただ、当然相手はそこのアジャストはして来るという想定のもとに更なるプレーを考えていると思うので、このプレーがどうなるか、二人の有能なコーチがどうプレーを持って来るのか非常に楽しみです。

また、こちらのローテーションはAllenがスターターではありましたが、かなり長い時間をBrand, Youngのコンビで戦っていました。クイックネスという意味ではYoungは素晴らしいですし、彼のクイックネスで取ったオフェンスリバウンドなどもありましたが、その分Noahに逆にリバウンドやファウルを取られてしまうシーンもありました。長いシリーズでこのスモールラインアップでずっと戦えるとは思えません。

ウチのビッグが満足行く働きが出来ないのは百も承知ですが、これでBullsのデカイ選手達を相手にするのも来るしでしょう。Allen, Vucevicも含めてもう少しプレイタイムがあっても良いように思います。

こちらで良かったのはElton Brand, Evan Turnerの二人でした。BrandのP/Rのプレーは全く止められる事がなく、ミドルからのシュートは確実に決まっていました。このプレーがなかったら、完全なブロウアウトとして終わった試合でした。しかも4ブロックも決めており、今年の彼のディフェンス力は本当にチームに大きく貢献しています。

Turnerはそのコメントで観客からは大きなブーイングを受けていましたが、全く気にする事なく、12得点、3リバウンド、5アシストを記録しています。リバウンドがもう少しあればそこからの速攻というのもあったのかも知れませんが、まあ次に取っておきましょうか。ただ彼のオフェンスは非常に安定していたと思いますし、3Qの開始はMeeksではなくTurnerが入ったのも頷けます。次の試合のスターターは恐らくTurnerで行く事になるでしょう。

さて、想定の範囲内で1敗を喫しました。しばらくは試合間隔があるのでお互い練習と対策を練る事になります。Bullsの方はRoseが抜けた中でどう戦うかですが、そもそも今シーズンの半分をそうやって戦って来たので問題はないのでしょう。次は日本時間では水曜日になります。昼間は情報を遮断して夜に試合を楽しみたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/893-dfede2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。