フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)Nets相手に敗戦

2月の厳しいスケジュールに入る前のホームゲームが続く今日この頃ですが、今日は76ersと戦う前までは5勝13敗と普通に考えればまた二けた得点差で勝利か?と思わせる相手ですが、OTの末に90-97というスコアで敗れました。

先日のWizards戦は快勝したのですが、その試合の前にDoug Collinsは「今週が今シーズンで最も重要な1週間」と答えていました。対戦相手としてはWizards, Nets, Bobcats, Pistonsというチームなのでどれも確実に勝利を取りたい所でした。

今日もHawes, Vucevicは欠場となり、Tony Battieが先発で出場しています。やはりこの二人がいないということでサイズ的にかなり苦しむ事になり、リバウンドでNetsに大きくやられてしまいました。チームトータルでは37-45なのでそれほど一方的でないようにも見えますが、Chris Humphriesにキャリアハイとなる19リバウンドを献上。特にオフェンスリバウンド6つが痛かったと思います。

2QにはLavoy Allen、Thaddeus Youngというフロントコートだったのですが、この二人で全くリバウンドを取れず、シュートミスをしてくれているのに何度も相手にチャンスを与える結果となりました。そんな動きをコーチに相当言われたのか、後半にAllenが出場して来た時にはリバウンドに飛ぶことよりも相手をボックスアウトすることだけに集中してなんとか成果を上げていました。

Allenは二人のセンターが欠場している今がチャンスなのでなんとか頑張ってくれないといけないのですが、ディフェンス面ではあまり良い所がないように見えます。先日のWizards戦では10得点6リバウンドですがどちらかというとオフェンスの方が目立っているような。

それでもBattieよりはまだ良いという評価、というより今後ののびしろを信じてということでしょうが、今日のプレイタイムはBattieが13分、Allenが17分となっています。

今日は終始リードされる展開でいつものように後半になったら雰囲気が変わるかと思いきやそれもなく、OTに行ったものの負ける雰囲気満載で試合は進んで行きました。リバウンド、あり得ない程多くの審判のミスジャッジ、悪いショットセレクションなどネガティブな事をあげたらきりがないのが今日の試合でした。

それにしてもOTの終盤の攻防は物足りないと言わざるを得ません。せっかく相手のターンオーバーから2点リードを奪った後、Deron Williamsに同点のシュートを決められて残り1分となりました。その後は

・Jodie Meeksスリーポイントミス
どう攻めるか苦しんだというより迷った結果Meeksがえらい遠い所からのスリー。当然ミス。
ショットクロックはまだ4,5秒は残っていたはず。

・Deron Williamsスリー
DeronにIguodalaがつくもスイッチしてMeeksがつく。この時点でかなり嫌な予感。
結果は決勝のスリーポイントを1on1で決められる。

・Lou Williamsスリーミス
タイムアウト後、コーナーからLouのスリーがミス。
まだ時間は残っており、かつ、ディフェンダーもしっかりついていたと思うので他の選択肢を選んでも良かったのでは。

ちょっとこの3つのポゼッションは非常に勿体なかったな、と悔やまれます。

試合中にThadが腰を打って一時退場するシーンがありましたが、大丈夫でしょうか?さすがにこれ以上フロントコートの人員に欠員が出ると甚大な影響がありそうです。特にThadはベンチから流れを変えるプレイヤーとしてここまで非常に良い働きをしているだけになんともない事を願うばかりです。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/874-909ea299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。