フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)勝負の3試合は1勝2敗

Nuggets, Hawks, Heatとリーグでの成績上位チームとの試合は1勝2敗で終了。Hawksには3Qの鮮やかなプレーで逆転勝ちするも、翌日のHeatとの試合は地力の差なのか92-113というスコアで敗戦でした。

Hawks, Heatどちらの試合もSpencer Hawesはアキレス腱の怪我で欠場。次の試合からは出られるかも知れませんが、この2試合は早々にアウトとなりました。シーズン序盤に痛めた腰の状態はだいぶ良いみたいなので一安心ですが、怪我から復帰して今までのようなプレーが出来ると良いのですが心配です。

Heatとの試合ではHawesがいない中Vucevicが2試合連続でスターターを努めています。Heatとの試合では13得点9リバウンドとそれなりの仕事をしています。しかし後半左の膝を痛めてしまい、全く立ち上がれないという場面がありそのまま欠場となりました。

ただロッカールームに一度帰った後にベンチに戻っていますし、試合中のレポートでは試合にも戻れるかもということでしたので大事には至っていないようです。

Vucevicを失う前からそうだったのですが、インサイドのオフェンス、ディフェンスが全く存在しないような戦い方になってしまいました。チームトータルでのリバウンドは31-52と全く相手にならず、オフェンスリバウンドを12本献上しているほか、たまにインサイドに入っても10本のブロックを決められてしまいました。

特にChris Boshにはなす術なくやられたという感じで30得点(11/19)、7リバウンド、5アシストと大活躍されてしまいました。マッチアップではVucevicがついたり、Elton BrandだったりThaddeus Youngだったりと手を変え品を変え付きましたが、決定的なソリューションはないまま終わってしまいました。彼を経由してのオフェンスというのも目立ち、彼にボールが入った後はまさにPick you poisonという感じになった感があります。

当然LeBronもIguodalaやTurnerがついていましたが、一人で止められる訳もなく、試合終盤は彼がクローザーのような形で次々を得点を決めて試合終了となってしまいました。ちなみにLeBronは28得点(12/17)、9リバウンド、5アシストという成績です。

インサイドがもともと手薄でさらにVucevicが怪我をしてしまったということで1QにはなんとTony BattieとLavoy Allenのインサイド二人が揃って出場するという展開になりました。というかなってしまったという展開ですが、さすがにこの二人では厳しいですね。Allenもなかなか出場時間をもらえていないのでどう動いたら良いかわからないという感じでギクシャクしていました。特に相手はHeatですし簡単ではなかったとは思いますが。

試合は常にリードされる展開で惜しい所までは行くものの、追いついては突き放される展開で昨年のプレイオフと同じような展開でした。向こうにはWade、こちらはHawesというスターターがいない試合でしたが、もう一度お互いフルメンバーで双方とも休み明けという同じ条件での試合を見て見たいですね。どこまで食らいついていけるものか。

NuggetsにはOTでどちらに転んでもおかしくない試合、そしてAl HorfordのいないHawksにはきっちりと勝利。そしてHeatには途中までは惜しい展開も最終的には突き放されるという展開でこの状況というのが今のチーム力を正確に表しているのかも知れません。

Hawks戦の3Qのような胸のすくような戦い方が安定的に出来ればもう一つ上に行けそうなんですが。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/873-fbf16970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。