フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Cavs戦 まさか、でもやっぱりの敗戦

お互い連戦の2試合目となったこの試合、まるでオールスターゲームのような得点でしたが、120-123で敗戦となりました。

一時16点の差をつけ、今日は勝ったなと思っていました。4Qがはじまる時点で9点差あり、ほとんど常にリードを保っていました。しかし、相変わらずのリバウンドでの格差、相手FG%の良さがなんかイヤな感じだな、とは思っていました。

それまではシクサーズも確率良くシュートが決まっていたので得点差を確保していましたが、4Q中盤くらいからシュートが入らなくなり、徐々に得点差を縮められてしまいました。一時は60%くらいのシュート率でしたので、それをキープしろという方が無茶というものでしょう。

試合後のコメントを見るとCavsのHughes, LeBronのScreen&Rollにやられた、これを止められなかったということのようです。前日のHeat戦でも同様にWadeのスクリーンのプレーからいろいろな形でやられてしまいました。スクリーンでマークを外され、Hunterあたりは戻りが遅くゴールから遠く離れた所あたりにいた、という感じだったのでしょうか。

それにしても120点取っても勝てないというのはちょっと異常です。Samが帰ってくればというのは確かにありますが、もう一人確実にリバウンド、ゴール下でしっかりディフェンスができる選手が必要です。本当はその為にHunterを取ったのですけどね。ここまで1分あたりのリバウンド数では0.147でSalomons, Korver, Kevin Ollieあたりと変わりません。もともとリバウンドをバリバリ取る選手ではありませんが、それでもSunsでは1分あたり0.2を越える数字を残していました。そもそもシクサーズではリバウンダーがいない状況なので取れる環境にはあると思うのですが。

一方でオフェンスは相変わらず機能してますね。Heat戦での姿を見る限り膝の調子も本当に良さそうで、彼の体調がこのまま続いてくれればオフェンスとしては好調がキープできそうです。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/85-a84d7c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。