フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)昨年の借りを1つは返したか

Cowboysはあまり意識してないかも知れませんが、こちらとしては昨年のプレイオフを含む3敗をやりかえしたいCowboysとの試合は30-27とぎりぎりの点差での勝利となりました。

Redskinsとの試合を思い起こさせる最初のプレーでの60ヤードのDeSeanへのパスからはじまり、最初のドライブでは順調にTDを決めました。Redskins戦のようにその後も思うように得点、という訳には行きませんでしたが、勝ったということが重要です。

■派手な二人
そのDeSeanは4回のキャッチで210ヤードと大活躍でした。今年のNFLで最長となる91ヤードのパスキャッチというのもありましたし、1キャッチあたり平均50ヤード以上という凄い数字を残しています。途中足首を痛めているシーンなどが流れ心配しましたが、痛めた後に91ヤードのキャッチ&ランをしているのでそんなに問題はないのでしょう。

その91ヤードのTDの際には最後は独走となったために、1ヤードくらいのところで止まり、後ろ向きに倒れてゴールラインを割る、というパフォーマンスをしました。まあ相手にしてみればこんなに頭に来ることはないだろうなと思いましたが、まあ過去にいろいろやっている彼らしいですね。ちなみにJason Avantはこのパフォーマンスについては相当頭に来たようで、不必要に相手を刺激するもんじゃない、ということで怒りのコメントをしていました。これも真面目な彼らしい行動でしょう。

パフォーマンスというのとはちょっと違うのですが、キックオフのリターナーをつとめるJorrick Calvinがまたやってくれました。時間を使いたかったのか、キックオフのボールをキャッチした後にエンドゾーン内でうろうろし、しかも時間はエンドゾーンを出てリターンをはじめないと時計は進まないという痛い状況でした。

サイドラインに帰る際に相手選手とちょっとぶつかり、言葉の応酬となった後に手を出してパーソナルファウルを取られました。状況としてはCowboysがTDをあげて3点差に迫り、さあこれから、と場内も盛り上がった所でのファウルでした。

結果的にその後は時間を使って問題はなかったのですが、相手選手とぶつかったのも相手はそんなに故意には見えませんでしたし、状況を全く読めないCalvinが1000%悪いです。この男は以前からなんか派手好きな感じがプレーに滲み出ていて全く好きにはなれなかったのですが、可能であればさっさとクビにして新しい選手を連れてきてもらいたいです。なんか大きな試合で大きな失敗を犯しそうで怖いのです。さらに彼が失敗してもチーム内から同情はないでしょう。DeSeanくらい結果を残せばまた違うんですけどね。

ちなみにこの後はAndy Reidに胸ぐらをつかまれて説教されていました。が、当の本人は「俺は悪くねーよ!」的な感じで横向いてましたけど。

そのCalvinの反則をもらって陣地を下げられたイーグルスでしたが、残りおよそ4分半を見事にランプレイでゲインを重ね、そのまま試合を終えることに成功しました。

■最後のランは素晴らしかった
イーグルスでこのように4ミニッツオフェンスを完璧にこなすというのも見た記憶がないくらいですが、McCoyが10ヤード前後のランを連発し試合を終わらせました。

TDキャッチも記録したHerremansが大きな穴を開けてくれましたし、このドライブに限らず後半はランが良く出るようになっていましたね。Winston Justiceが欠場したKing Dunlapが先発していますが、大きな失敗もなくがんばってくれていたと思います。

■怪我人大丈夫か
悲しい事にBrandon GrahamがACL断裂でIR行きとなってしまいました。まあ代わりはいるといえばいるのですが心配です。さらに心配なのが右肘を脱臼したStewart Bradleyです。まだ回復までどれくらいかかるかわかりませんが、今年は怪我から復帰して存在感を見せてくれていただけに痛いです。

Bradleyの代わりにはJamar Chaneyが入り、チームトップの7タックルを決めています。といっても縦横無尽に走り回ってタックルしたというよりは、Cowboysが彼のゾーンを狙ったというほうが正しいと思いますし、やはりBradleyと比べてしまってはかわいそうです。ただランでは結構やってくれそうです。

Omar Gaitherじゃないのか、と思いましたが、なんと彼はInactiveだったのですね。以前のスターターからずいぶんと評価を落としてしまったものです。まあ来週はアクティブになるでしょうけど。

ちなみにこの試合欠場だったAsante Samuel, Winston JusticeについてはAndy Reidが次のGiants戦には出場出来るだろうと語っています。まあ1週間前にも同じ事が言われていたんですけどね。


試合とは関係ないですが、試合後Michael VickのところにTashard Choiceが近寄り、手袋とマジックを手に「サインしてくれ」と。VickはサインしてChoiceの頭をなでる、というのが思いっきり中継で流れてしまいました。まあ行為自体は問題ないと思いますけどテレビで流れてしまったのが不幸でしたね。その後甥っ子のためにサインをもらった、と釈明していました。あんな時じゃないと選手同士でもコンタクトするチャンスないんですかね?もう少しうまいことできるだろうと思いましたが、Choiceが本当に普通のファンのようでちょっと可愛かったです。

誰かが次のCowboys戦の時にこの件を使って変に相手を刺激しなことを祈ります。まあT.O.でもいなければ大丈夫ですかね。DeSeanやCalvinも自分からそういうことはしないでしょう。


これでまた一歩プレイオフに近づきました。GiantsはVikingsに快勝し、また次の週は激しい試合になりそうです。次に勝てば一気にNFC-Eastのトップが現実味を帯びて来ます。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

連勝♪

シーズンもここまで来れば勝てれば何でもイイ。ですね
最後の4min.はReidも言ってる様にキモチのいい終わり方で、やれば出来るじゃんと感心しました。ただいかにパス好きReid&Mornhinwegと言えども最近のMcCoyの安定感から言って前半からもっとラン使えばいいのにと思いましたが、だからこそ最後に効いたんでしょうかね。
D#は今のメンバーからすればまぁまぁ良くやった方でしょうけど、またBradleyが抜けるのは本当に痛いですね。Grahamアウトの代わりとしてDerrick Burgessと契約したらしいですが、どれだけやってくれるでしょうか。と言うかやってもらわないと困りますが。
STはAprilをクビにした方が良いんじゃないかって思うほどレベル低いですよね。この試合では無かったですけど、ビッグリターン許すことが多すぎますし。Calvinは論外ですね。
NYGはMINのモチベーションの低さもあったでしょうがMIN戦でOLもDLも強力でした。ウチもOLは遜色無いと思いますが、DL含めてD#の差がコワイですね。最後はEliのINT頼みってことで・・・

  • 2010/12/15(水) 13:08:58 |
  • URL |
  • ike #-
  • [ 編集 ]

Burgessはどうなりますかね。いきなりプレイタイムを貰う事はないかも知れませんが、以前はイーグルスでプレイオフで活躍し、そのオフにOaklandにFAで大型契約をしました。今度もまたシーズン後半にキラリと光る活躍を見せて欲しいと思います。

Aprilは評価高かったんですけどどうもうまくいきませんねえ。ただカバーチームは最近は大きなリターンを許す事は少なってきたように思います。

次のGiants戦は大一番ですね。一度勝っているので向こうのモチベーションも高いでしょうし、心してかからなければなりません。シーズン後半に弱いGiantsが今年はそうでもなさそうですが、最後はEliがなにかやってくれるでしょうか。

  • 2010/12/15(水) 14:00:15 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/817-7da4d2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。