フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと6勝目

厳しいシーズンが続く76ersはこの週末はAtlanta Hawks, Charlotte Bobcatsの2チームとの連戦でした。
昨日のHawks戦は何日か休養後の試合で素晴らしい試合でした。途中までは。

ここしばらくはEvan Turnerがスターターとして入っていたのですが彼に代わってJodie Meeksが入り、もともとスコアラーの彼ですから積極性に事欠くことはなく、オープンになればすぐに打っていく姿勢でTurnerよりはずっと良い印象でした。

さらにスターターを降ろされたTurnerはセカンドユニットではPGを任される事も結構あり、ボールを持っている時間帯が長くありました。大学時代は彼がずっとボールを持っていてそのスタイルに慣れていたのでボールを持たない形でのプレーに慣れるのが一つのチャレンジ、と言われていましたが、これまでなかなか結果が出ず、Doug Collinsが彼のためにこれまでの慣れたスタイルでプレー出来る環境を与えた格好になりました。

結果としてTurnerは19分の出場でFG5/7、11得点と見違えるプレーぶりでした。それまで過去4試合で7得点というのですから見違える働きです。ちなみに4試合7得点というのは平均ではなく、合計得点です。

更に昨日はElton Brandがシーズンハイの14リバウンドを取ったり、Spencer Hawesも20分の出場で9得点8リバウンドと良い感じで、いやいや今季最高の内容での勝利じゃない?と思っていました。

が、4Qの残り4分53秒の所でファーストブレイクでLou Williamsがダンクを失敗したプレーがありましたが、そこからガタガタと崩れ去りました。そこから約5分間なんとTony Battieが決めたFTの1点しか得点が入っていません。その時点では87対78と9点差で勝っていたのですが、最後は88-93ですから最後の5分は1-15ということだったのですね。

それまではインサイドでしっかりと勝負が出来ていたのですが、最後の方は全くパスが回らず、勝てない1対1をしかけるばかりでジャンプシュートの連続になってしまい、ミスを繰り返しました。Hawksが同点、逆転となったプレーではPick&Rollからのシュート、さらにカットで入っていくプレイヤーにパスが渡ってのシュート、となったのは対照的なボールの動きでした。

今季最高の勝利か?と思いきや、大きくリードしていただけに今季最低の負けとなってしまいました。内容的に全く見るものがなく最低という訳ではないのでその分まだまし、ということなんでしょうか。それでも負け方としては最低でしょう。

ということできっとチーム全体が悔しさを胸に秘めて臨んだ今日のBobcats戦は一転、109-91で会心の勝利となりました。昨日のことがあったのでいくらリードしても心配は消えませんでしたが、さすがに今日はそのリードをしっかりと保っての勝利でした。

昨日に続いてスターターのMeeksですが、今日はこの人が大爆発でFG9/16の26得点とキャリアハイの得点を記録しています。特に得意のスリーでは7/10と決めまくりで1Qで20得点を記録しています。1Qで20得点というのはAllen Iverson以来のチームレコードだそうです。

この時は閑古鳥が鳴く地元のアリーナも大興奮でしたね。さらに各プレイヤーもMeeksにパスを出そうという意識が強く見られ、彼もそれに応えるという最高の展開でした。

Turnerに経験を積ませようとスターターに昇格させたと思いますが、完全にMeeksがその座を奪い取った結果になりました。少なくともしばらくはHoliday, Meeks, Iguodala, Brand, Hawesの5人がスターターで行くことになるでしょう。

さて、昨日は積極性も見られ活躍したTurnerですが今日はあまりプレイタイムも貰えず8分で2得点(FG1/2)という結果でした。数字も地味ですが、今日はプレーも特に見るべきものはなかったと思います。逆に相手のSteven Jacksonへのディフェンスに手こづっていたのが印象に残ったくらいでしょうか。昨日もJamaal Crawfordのディフェンスには苦労していましたけどね。

昨日シーズンハイの14リバウンドのElton Brandは今日は数字の上では地味かもしれませんが9リバウンドを獲得しました。特にオフェンスリバウンドは4つもぎとっており、密集の中で頑張っていました。リバウンドで争っている時にファウルを受けたりというプレーもあったので、9つというリバウンドの数字以上に存在感があったように思います。

それにしても今年はスケジュールがどうも上手い具合に回っておらず、2日休養した後に2日連続で試合をしたと思えばまた2日連続で試合がありません。次は日本時間の水曜日のCleveland Cavs戦となります。Meeksがスターターに入って少しは良い形になったと思うのでこれまでよりは多少期待が出来るかも知れません。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/812-80663222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。