フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)開幕3試合でまだ勝利なし

Hawks, Pacersと週末は連戦でしたが、どちらも敗れ、開幕3連敗となってしまいました。連敗は想定の範囲内なので勝敗についてのショックはまだあまりありませんが、次のWizards戦あたりではそろそろ勝利して欲しいですね。

スターティングライアップを試行錯誤しているDoug Collinsですが、昨日のHawks戦では
PG:Jrue Holiday
SG:Andre Iguodala
SF:Jason Kapono
PF:Elton Brand
C :Spencer Hawes

という5人でした。開幕戦のHeat戦とこれは同じ5人でしたが、Kaponoはスターターだったにも関わらず7分54秒しか出場しておらず、シュートを打ったのもわずか1本、それも彼の得意のキャッチ&シュートでのスリーではなく、苦し紛れに打った2ポイントのシュートでした。Kaponoの事ですからスリー以外でチームに貢献できる訳もなく、ボックススコアに残っている数字もディフェンスリバウンドの欄にかろうじて1という数字があるだけであとはきれいに0が並んでいます。

そんな中で今日のPacers戦はKaponoに代えてNocioniをスターターに入れてきました。

Hawks戦では約30分出場し、15得点と貢献していますし、Kapono程の正確性はありませんが、スリーポイントでもしっかりと貢献出来る選手です。昨日の最後のインバウンズのプレーではもともと予定していなかった彼のスリーで終了となってしまいましたが、評判通りのガツガツ行くプレーでなかなかナイスだと思います。


Spencer Hawesは今のところ最悪です
今日はスターターの変更をKaponoだけでなく、Spencer Hawesの所も変更しようか検討された事だと思います。昨日はHawksのAl Horfordに好き放題やられた感がありました。Horfordだけでなく、Josh Smith, Zaza Pachuliaなどペイント内に入ってくる選手にはやられっぱなしでした。

Hawesは基本的に「いるだけ」という存在で言葉は悪いですが完全に「でくのぼう」状態でした。プレシーズンを休むなどコンディションの問題もあるでしょうから、もう少し我慢しなければいけないのでしょうが、早い所レベルアップしてもらわないと困ります。

ちなみに昨日彼がマッチアップしているHorfordは20得点(9/11)、12リバウンド。そして今日のPacersのRoy Hibbertは14得点(5/13)、13リバウンドと二人ともにダブルダブルで大きくチームに貢献しています。一方のHawesはプレイタイムが多くないのですが、2試合のトータルで10得点、6リバウンドです。これ2試合の合計ですからね。スターターとしてはちょっと「ないわー」って感じではないでしょうか。

一気にスターターを二人代えるのははばかられたのか、それともそもそも代える人材がいないからなのか、たぶん後者の意味合いが強そうですが、それでもHawesがスターターになっているのはあまり長くないかも知れません。ただ、メンバーを考えれば彼がスターターなのが理想であるのは確かだと思うので、ベンチに下げたとしてもコンディションが戻ってくればまた戻すということでも十分良いのかなと思います。

もしHawesをベンチに下げて誰をスターターにさせるか、ということでは単純に1対1で代えるならTony Battieでしょうか。そりゃBattieじゃ代えるのもためらうか、とCollinsに同情します。Speightsというのもありますが、どうやらCollinsのSpeightsの評価は結構低いようですね。プレイタイムもここまで少ないですし、ディフェンスもせず、パスもしない選手なのであまり好まないのかも知れません。

スモールラインナップにしてBrandをCにしてPFにThaddeus Youngを入れるというのもあるのかなとは思います。ただ、インサイドのディフェンスという点から考えればさらに弱くなってしまいますし、PF, Cどちらもミスマッチになる可能性もあり、スターターでこの二人を使うのは難しいのかなと思います。

IguodalaをPFに入れて、SGにLou Williamsを入れるというのもあるかも知れませんが、これはこれで大きなギャンブルかも知れません。そもそもIguodalaがPFに入った経験はほとんどないでしょうし、あまりにもディフェンス、オフェンス両面での負担が大きすぎるでしょう。

ということでHawesがスターターに入っていますが、全く機能していないのは明らかです。Collinsも頭を悩ましているポジションでしょう。

昨日、今日のTurner君
開幕のHeat戦で今後の希望を見せてくれたEvan Turnerでしたが、2,3戦目の働きはまだまだ、という感じに終わりました。昨日のHawks戦は無得点、2リバウンド、今日は9得点、7リバウンドという成績でした。昨日は無得点だったということもありますが、全く積極的な所が見られませんでした。

でもCollinsも以前言っていましたが彼のリバウンド能力は素晴らしいですね。こと得点に関しては積極性は見られなくともリバウンドについてはコンスタントに取ろうとする強い意志が見られます。

今日のPacers戦では初のテクニカルファウルも取られました。ゴール下にペネトレイトしていってファウルで止められたのですが、その際にフロアに倒れていた所に相手選手に何か言われたのか、ちょっと相手に対して怒って軽く突き飛ばした所をテクニカルファウルを取られました。

まだルーキーでどことなく遠慮しながらやっているように見えたのでテクニカルを取られるくらい入り込んでプレーしてくれた方が良いかと思い、正直いいぞいいぞと思ってしまいました。

今日のPacers戦では後半相手にいいようにやられている時、コート上で選手5人で円陣を組んで何か話している時がありました。その輪の中にSpeightsが入っていなかったのですが、Turnerが彼のジャージを引っ張って「こっちこい」と言わんばかりに輪の中に引きずり込むというシーンがありました。映像で映っていたのは2秒もなかたので非常にわかりにくいのですが、こういうリーダーシップのような所を見せてくれるのはちょっと意外ですし、期待を持たせてくれます。

でもわずか出場3試合目のルーキーにしてみてもSpeightsは見ていてもどかしいということなんでしょうか。



次のWizards戦まではしばらく時間があります。開幕3試合のこの内容と結果を噛みしめつつ、しっかりと準備をしてほしいと思います。特にHawesがどうなるのか注目です。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

未だ勝ち星なし...

お久しぶりです
まだ3試合しか終わっていませんが、やはり厳しいですね

確かにHawesは期待に添えていない感じですね
なんでSamを早々と出してしまったのかな...といっても
結果論ですね
Holidayも予想していた感じの活躍ではないようですね
ただ、Brandはまずまずなのではないでしょうか

まさか、来年のドラフトが楽しみなんてことは...

しばらくチームとしてはあまり期待しないでおいて
比較的出場時間を与えられているTurnerに
(気長に)期待してみようかな~と思います

  • 2010/11/01(月) 05:06:58 |
  • URL |
  • omen #-
  • [ 編集 ]

たしかにこれでSamがいれば、と思う事は非常に多いのですが、契約のこともあったし過ぎた事は仕方ありません。Ratliffでいいから取って来てくれませんかね。

Brandはここまで良い感じですね。彼の年俸分の働きはしていないと思いますが、もうそこまでは諦めるとしても、なんとか及第点をあげられる働きだと思います。シーズン後半まで持ってくれれば良いですけどね。

まださすがに来年のドラフトの事は考えません。というか考えたくありません。。。でもいつまでそうなるか。

ただ今年は昨年のEddie Jordanのチームよりは目指しているものがぶれていないというか、チーム全体に意志を感じるのでまだ3試合ですが昨年よりはだいぶ良いのかなと思っています。

今年は育成の年と考えて見て行こうと思います。

  • 2010/11/01(月) 12:40:46 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

予想通りとはいえ・・・

負ければ、やっぱり悲しいです。

ベースボールが予定より早く終わり、イーグルスもバイ・ウィーク。開幕週で、フィリーの住民の注目を一身に浴びれるチャンスに、この体たらく・・・。わかっていたとはいえ、切ないですね。自分の周りも「あ、別にシクサーズはどうでも・・・」という人ばかりで、それに対して何も言えないのも、歯がゆいです。


Pacers戦、しっかりと腰を据えてみるチャンスがなかったので、Turnerの一連の行動は、まったく知りませんでしたが、そういう話を聞くと自分も素直に嬉しいです。ドラフト前の記者会見の頃から、あまりにも爽やかで優等生ぶりな態度が、少し心配に思っていたところでしたし。

もちろんCousinsやBeasleyのような、1年目からふてぶてしい態度も逆に困ってしまいますが・・・。とにかく競争という面においては何もかもがクレイジーなプロの世界なだけに、ただのナイスガイではやっていけないですからね。


ふてぶてしい態度といえば、ちょっと違うんですが、Speightsが使われないのは、そのプレイスタイルもさることながら、おそらく態度も影響しているのかな、と個人的には感じています。

別に特別誰かと喧嘩するとか、チームを批判するというような問題を起こしてきた訳ではありませんが、見ていてどこか冷めてる、というか、なんかいつも他人事なんですよね。タイムアウトの時も輪に入らずにボールボーイと談笑してたりとかよく見かけますし、多少点差のついた試合になると、フロア上にいても結構あっさり諦めます。(汗)

自分が、さすがにこれは・・・と思ったのは、2年前のプレイオフのオーランドとの試合で、負けが濃厚になったときに、フロアをだらだら歩いていた場面です。もっとも、あの時最後まで戦う姿勢を見せてたのはIguodalaとMillerだけでしたが・・・。

あそこで、若い選手になにも言えない監督(監督が本業の人ではありませんでしたが・・・)にもチームにも失望したわけですが、シリーズが終わった後のRatliffのチーム首脳陣批判には少し納得してしまいました。


Nocioni、思った以上に貢献してくれそうで嬉しいです。才能やサイズという面ではSpeightsやHawes,Youngよりも劣るかもしれませんが、Songailaと二人でフロントコートに立たせても良いかも・・・とプレシーズンのときチラッと思いました。

  • 2010/11/02(火) 00:22:45 |
  • URL |
  • sheedstack #-
  • [ 編集 ]

周りで「シクサーズは別にどうでも」という人が多いというのはホームオープナーでの観客の少なさで納得出来ます。寂しいですね。

Turnerは性格がきっとすごく優しい人なんでしょうね。良い人なんでしょうし、頭も良さそうですがもっとふてぶてしく偉そうにしてくれてちょうど良くなりそうです。これはでももう少し数字を残すようになったり、試合をこなしていけば少しは改善することになるでしょう。

Speightsのプレイタイムに態度が影響しているというのはその通りではないでしょうか。これといった決定的なシーンがある訳ではないので難しいのですが、Turnerに引きずられて円陣に入れられるくらいですからなんかこう、気が入っていないというか、ちゃらんぽらんというか。

しかも最大のポイントは本人がそのように見られていて徐々にまずいことになっている、というのを認識していなそうな事だと思います。まだ起用法に不満を漏らしたりしていないですが、一桁台のプレイタイムが続くと何か言い出すかも知れませんね。

  • 2010/11/02(火) 00:49:28 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/807-d6181a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。