フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)久しぶりに成功のトレードか

そろそろNBAにも開幕が迫っていますが、開幕を前にシクサーズもトレードがありました。今まで噂のあったCarmelo Anthony関連ではありませんが、Hornetsとの2対2のトレードでした。

76ers
Willie Green($3,976,000 契約最終年)
Jason Smith($2,187,913 契約最終年みたいなもの)

Hornets
Darius Songaila ($4,818,000 契約最終年)
Craig Brackins($1,306,920 今年のドラフト1巡21位)

というのが今回のトレードです。
Jason Smithの契約最終年みたいなもの、というのは今季が終わった後にはQualifying Offerが待っているのですが、そもそもオファーしないと考えれば最終年ということになります。

Darius Songaila
6-9、248lbsの32歳のPFです。昨年はHornetsで平均18.8分、7.2得点、3.2Rという記録を残しています。もうそんなにプレーしていないかと思いきや20分近くもプレーしているんですね。ただ76ersでどこまでプレータイムをもらえるかと考えればかなり少ないのではないでしょうか。リバウンド、ディフェンス力があれば活躍の場もあると思いますがそれを彼に求めるのはそもそも難しいでしょう。契約最終年ということが最大の魅力の選手だと思います。

Craig Brackins
今年のドラフト1巡21位で指名された6-10、230lbsの選手です。大学は3年間プレーし、昨年は16.5得点、8.5リバウンドという成績を残しているPFです。残念なのは76ersが求めているようなインサイドプレイヤーではなく、ミドルレンジからのシュートが得意な選手です。カレッジでもスリーポイントの成功率は昨年31%、アテンプトも平均2.7ということですからあくまで得意なのはミドルということのようです。

予想では1巡下位か2巡の上位での指名が予想されていました。その予想の通り、すぐに試合に出てバリバリ活躍が見込まれている選手ではありません。サマーリーグでもそれほどの頭角は見せていないようです。そもそも頭角を見せていたらHornetsがトレードに出したりしないでしょうけどね。

Doug Collinsのもと全体的なレベルアップ、特にディフェンス面をアップしてもらい、来年以降化けてくれるかというところに期待でしょうか。

Willie Green
Willieはきっとすごく良い人なんでしょうね。選手の間でも評判良いみたいですし、でもいかんせんファンの間での評判はすこぶる悪かったですね。なんとも特徴のないプレーでオフェンスではその昔はやたらとシュート打って効率悪いし、ディフェンスもたいした事ないし、というプレーヤーでした。そのプレーぶりからは信じられないほど長くチームに在籍していましたが、とうとう別れの時がやってきましたね。

これでJodie Meeksのプレータイムが増えることになるのでしょう。ちょっと彼もWillieの香りがかすかにするのが恐ろしいところではありますが、少なくともまだ若いのと、シュート力では断然上だと思うのでチームにとってはプラスになるでしょう。

Jason Smith
ドラフトではMarreese Speightsと同期入団になり期待もされたのですが、だんだんと年を重ねるごとに輝きを失っていきました。ルーキー時の時は一番良かったのではないでしょうか。怪我で2年目を休んでいますがその怪我の影響もあるんですかね。あそこまでリバウンド取れないPF/Cはなかなか使いものにならないでしょう。アウトサイドがよほど良いなら話は別ですが。


基本的にこのトレードでチーム戦力ががらりと変わるわけではありません。地味といえば地味なトレードですが、基本的には2人の契約最終年プレイヤー、しかも今季の戦力としてはあまり考えていない2人の選手とドラフト1巡の選手、と考えれば大成功のトレードだと思います。

Brackinsが今後化けてくれれば本当に超がつく大成功だと思いますし、化けなくても1.3ミリオン、来年1.4ミリオン程度の安いルーキー契約ですからリスクはほとんど無いに等しいです。

チームにRod Thornが入って初めてのトレードですが、素晴らしい最初の一歩と言えるでしょう。Stefanskiはこれまで失敗続きでしたが、これから少しずつそれも改善されるでしょうか。

ところでMeloはもう蚊帳の外なんですかね?
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんは。
StefanskiはThornがいる時といない時の差が顕著ですね。。。まだなんとも言えませんが。
Greenはシーズン絶望の怪我をするまでがピークだったかもしれませんね。それまではIversonの控えとして結構期待されてように思います。
Smithも入団当初から期待されてましたが、やはり怪我で残念な感じになってしまいました。
二人にはNORでがんばってもらいましょう。
JrueやTurner、LouのPTもさらに確保できましたし、サラリー総額も削減し、Smithよりも期待できそうな若手を獲得できました。文句なしのGood Moveですね。

Meloはどうなりますかね。来ることはないでしょうけど、もし多角トレードなどがあった場合、ウチは結構なキーになるかもしれないですね。

  • 2010/09/24(金) 20:19:36 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

Rod Thornが来て少しはましになるかと思いましたが、早速やってくれました。本当はドラフトの時にやってくれたらもっと良かったのですが、当のStefanskiはまだ指名が続いている時に呑気にメディアのインタビューに長々と答えていましたからね。

76ersにとっては何も失うものがない良いトレードでした。Hornetsファンは複雑なのではないでしょうか。

Meloはウチには正直来て欲しくないのですが、(当人は頼まれても行くか!って感じかも知れませんが)3チームのトレードなどで絡んで良いバリューを取れないものだろうかと夢を見てしまいます。Iguodala, Turner, Jrueさえ動かさなければあとはどうにでもどうぞ、と個人的には思っています。 たぶん大多数の人がそうだと思いますが。

  • 2010/09/25(土) 01:16:58 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/800-0992aac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。