フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)スターターには最後のプレシーズン

前回のKCとのプレシーズンがスターター陣には実質最後の調整試合となった訳ですがなんとも不安にさせる内容で開幕を迎える事になりました。

一番の不安はやっぱりオフェンスですね。McNabbの代わりにKevin KolbがQBになってもっとタイミングの良いパスだとか、リズムのあるオフェンスが繰り広げられると期待したのですが、今のところあまりそのような感じはありません。

KCとの試合ではOLも全くダメでブリッツされるとそのまんま入ってこられるという状況もあったのですがボールが進むのはたまたまロングパスが通った時、という感じで確実性はほとんど見る事が出来ませんでした。これでは昨年までのオフェンスとあんまり変化がないように見えます。

プレッシャーをさんざんかけられてKolbはあまり良い所がありませんでした。それよりも入って来たパスラッシャーが見えていない事が多く、怪我しないで良かったというのが印象です。プレッシャーを受けてもそれなりに走れる事もわかりましたが、タックルのされ方が危なっかしく、これではシーズン中に壊れてしまうかもしれません。

試合の最初のプレーでDeSean Jacksonが首の怪我で退場してしまったこともオフェンスを大きく後退させる原因でした。Maclinへのパスが多く投げられましたが、単純なドロップもありましたし、そもそもDeSeanほどにフリーになることはできませんでした。11回投げられて3回39ヤードというのはちょっと寂しい数字です。左サイドでのロングパスは取って欲しかった。

ブリッツで何度かプレッシャーをかけられたのはOLだけの問題ではないですが、Cが経験の浅いMcGlynnでなければどうだったのかとは思います。膝の怪我でこれまで欠場が続いていたJamaal Jacksonですが、なんと練習に参加しはじめました。開幕にも間に合うかも、と言われており、彼の復帰は大きな戦力アップになるとともに、本当に大丈夫だろうか、また怪我しないだろうかと不安も残ります。

KCの試合で復帰したTodd Herremansは最初のMcCoyのTDランの時も良いブロックを見せていました。左サイドのランも結構出ていたと思いますし、圧倒的に押していた、という訳ではありませんが、しっかり役割を果たしてくれていたと思います。しかしJason Petersのフォルススタート連発には参りました。。。

ディフェンスではTrent Coleが足首を負傷しましたが、その後の検査で大きなダメージはないようでday to dayということでした。この試合ではそれほど目立った所はありませんでしたが、これまでの安定的にプレー出来ています。

また、この試合でスターターに入ったBrandon Grahamは相変わらずの良いプレーでした。これまでもそうですが、この試合でもランプレーへの対応が素晴らしく、彼のサイドへのランプレーでロスタックルを決めるような場面があったり、逆サイドのランプレーで追いかけて行ってタックルなどもありました。やっとドラフト上位のDEで良い選手を指名出来たようです。

Asante Samuelの激しいタックルが印象的でしたが、あれだけ小さな選手をタックルしてあんなに喜ぶ事もないだろうと思うのですが、シーズン中も少しは激しいタックルもしてくれるでしょうか。右サイドへのTDパスを決められたシーンなどはギャンブル好きな彼らしいといえば彼らしいのかもしれません。結果的には簡単に6点を献上することになりました。

この試合ではJoselio Hansonがスロットレシーバーについていたようで、あまり回数を見る事がなくて安心感がありました。その代わりにTrevard Lindleyを多く見ることになりました。キャンプから評価も高かったですし、そのうちHansonにとってかわることになるでしょう。

パントリターンではChad Hallがちょっと判断悪いパントが2度ほどありました。キャッチすべき所でキャッチしなかったり、フェアーキャッチすべき所をそのままキャッチしてすぐにタックルされたりと危なっかしい場面が多かったです。

先日Bobby AprilがパントリターナーにはDeSeanかMaclin、ひょっとしてHallというような言い方でした。ただ今の状況では53人枠にも怪しいですしリターン能力としても特筆すべきものはないように見えます。

KRではDempsが良いリターンを見せました。こちらもAprilはHobbsかDempsか、という言い方をしていましたが、今日トレードでJorrick Calvinという今年のルーキーの選手を獲得しました。CBの選手ですがCBというよりはむしろKRとしての獲得でしょう。ただMacho HarrisがまたSに転向というか戻るということも多少関係しているかもしれません。Machoも昨年はリターンしていましたが、今年はそれもなく、CB,Sでも頭角を見せる事がありませんね。

スキルポジションにはタレントが揃っている陣容ではあるものの、なんともリズムのない攻撃が続き試合がBengals戦とChiefs戦と続きました。Chiefs相手にこれでは、、、と思わせる内容ですがKolbもまだまだという事なんでしょう。次のプレシーズンはもう最後の53人枠のための戦いですからスターターは次が開幕戦ということになります。熟成には程遠いチーム状況ですがなんとか若さにものを言わせて勢いに乗りたい所です。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/795-37316aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。