フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)大きな動きの序章になるのか

今のチームでは最も古株になっていたDalembertがSacramento Kingsにトレードされました。交換はAndres NocioniとSpencer Hawesという二人との交換となりました。Dalembertはここずっとトレードを要求していましたが、やはりトレードされるとサラリーが15%アップするという「トレードキッカー」が足かせになっていたようでなかなか話がまとまらなかったのですがようやくここへきてトレード実現となりました。

二人の数字は昨年はこんな感じです。
MINFG%3PT%OFFDEFRPGPPG
Spencer Hawes26.446.8%29.9%2.04.06.110.0
Andres Nocioni19.739.9%38.6%0.42.53.08.5


Hawesは7-1とサイズは十分なセンターで3年目の今年は才能が開花して飛躍の年になるか?と期待されていましたが、結局そのようなことはなく、コーチからも見放されたような格好になりました。出場した8割近くの試合でスターターで出ていますが、出場が平均26分で10得点、6.1リバウンドというのはいささか物足りないです。

Hawesはもともとインサイドに強い選手ではなく、ディフェンスよりも柔らかいオフェンス力を持っている選手です。なんかいつのまにかそんなビックマンばかりになってしまったのは気のせいでしょうか。

NocioniはSF,SG,PFあたりでプレーできる選手で、ベンチから貴重な得点源として活躍していました。ただ本人としてはプレータイムをもっとくれ、ということで不満タラタラだったようで、トレードも良かったと思っているでしょう。結局チームに不満を持つ3人をそれぞれ交換したようなトレードになりました。

■ディフェンスどうする?

やはりDalembertがいなくなり、残るはHawes, Brand, Speights, SmithというPF, Cの布陣でどうディフェンスするのか、どうリバウンドを取るのかというのが非常に気になります。どうするかというより、どうしようもない気がします。Brandがもう少し若くて身体能力があればまだ良かったんですけどね。

Doug Collinsはこれについて「もちろんSamがいなくなることでディフェンス、リバウンド能力は落ちるかもしれない。でも皆でリバウンドは取る」ということだそうです。それよりもオフェンス力のあるCが揃っている事について「That is a great thing」ということで喜んでいるようです。

■Nocioniはプレイタイム欲しいんだよね
プレイタイムをもっとくれ、と要求していたNocioniですが昨年は約20分の出場時間をもらっています。これよりもくれ、ということはほぼスターターにしてくれ、というようなものです。

今度のドラフトで誰を指名するかわかりませんが、もし下馬評通りにEvan Turnerを指名したとしましょう。そうなるとスターターはJrue, Turner, Iguodala, Brand, Hawesというような感じの5人になるでしょう。控えにThaddeus Young, Nocioni, Lou Williams, Speightsあたりが入って来る感じでしょうか。

普通に考えてNocioniが30分程度出場出来るような環境にはないように思うのですが、また不満爆発してしまうんでしょうか。

■ドラフトプランはどうする?
ディフェンスがほとんど出来ないフロントコートが揃った事で俄然今度のドラフトでEvan Turnerではなく、Derrick Favorsが指名される可能性が増えたのか?と考える事も出来るでしょう。Favorsはまだ若く、非常に「Raw」な選手という評価ですが、その将来性、ディフェンス力はピカ一です。バランスを考えればFavorsのようなビックが一人は絶対に必要です。ただそんなディフェンシブなbigをドラフトで指名しなくてもFAでそんなベテラン選手を獲得することももちろん可能です。

ちなみにStefanskiは「このトレードでドラフトの計画に変更が出る事はない」と語っていますが、そりゃドラフト後に「もともとFavorsを狙っていた」となれば変更ないということになりますからね。

ちなみに同じフロントコートの選手ということでは同じくセンターのDeMarcus Cousinsというのも可能性としてありますが、私としてはないと思いますし、指名して欲しくありません。才能だけ考えれば非常に魅力的なのですが、大金を得てドラフトされたら年々衰えていってしまうような選手に見えて仕方がありません。


いろいろな意味で大きなトレードだった訳ですが、Stefanskiも語っているようにこれで終わりとは到底思えません。新たに来た二人がまたトレードされることはないでしょうが、それ以外の選手がまたトレードされたり、指名権がトレードされたり、ということはあるかも知れません。指名権のトレードというのもトレードダウンはしてほしくないですし、それはどうやら無いような感じですけどね。

Dalembertを動かす事が出来たのは一つの成果と考えられなくもないですが、彼も来季が契約最終年だった訳ですし、急いでなにがなんでもトレードに出さなきゃいけないような状況でもなかったと思います。早まった動きと後から言われないようこのディフェンス力の低下をカバーするような今後の動きを期待します。



スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

draft

はじめてコメントします
お邪魔します、よろしくお願いします

ノシオニ、ホウズのトレードまではターナーで決まりなのかな
と思ってましたが、これでターナーをとってしまうと
ナチュラルポジションがSFだと思われるG/Fが飽和状態に
なってしまう感じがするので、フェイバーズがいいのかなと
思っています

しかし、HPの予定稿(と思われる)がUPされ、それでいけば
ターナーになっていました...

あのトレード前は、ターナーでもエイバーズでもいいと思って
いましたが、どうなるのか楽しみです

しかしペイロールは一向に改善されない感じが...

  • 2010/06/21(月) 22:11:20 |
  • URL |
  • omen #6qMOl01Y
  • [ 編集 ]

omenさんはじめまして。コメントありがとうございます。

ペイロールという面では来季終了時にDalembertの契約も終わるので10ミリオン以上のサラリーが浮く訳だったんですけど、それがなくなったのは大きな痛手ですね。短期的には今季のサラリーは少し少なくてすみますけど。

ドラフトはTurnerになるんですかね。バックコートのディフェンスは素晴らしくなりそうですけどその分インサイドがザルになりそうで非常に心配です。

  • 2010/06/22(火) 09:34:57 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/784-08cac5c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。