フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズンレビュー Andre Iguodala

NBAプレイオフもだんだんと佳境になって来ました。今日のCelticsとCavsの試合を朝少しだけ見ていました。ここまで進んでくると選手の集中力もやる気もレギュラーシーズンとは全く違うので、ダラッーとした試合を繰り返していた76ersとは比べるべくもありません。でもちょっと考えてしまいました。この2チームにどうしたら勝てるのか? で、かなりすぐに出た答えが「無理だ」ということでした。明らかにチーム力違うもんなあ。。。

でもって今日はそんなチームの柱となるAndre Iguodalaです。

iguodala_20100514145951.gif

シーズン終盤は足を怪我していましたがそれでも82試合全試合出場しました。これまでキャリア6シーズンの中で5シーズンで全試合出場、欠場したのはわずか6試合です。プレースタイルも決してボディコンタクトが少ない訳でもないのにこれだけ出場しているのは立派なものです。

全試合出場は良いのですが、コート上での活躍という意味では平均得点では多少下がりましたし、これといったインパクトのない1年だったように思います。

それよりも上の表にはありませんが、皆そうだと思いますが、やはり非常に気になるのがスリーポイントの多さ。今季は303本というキャリアハイのスリーポイントアテンプトの数となりました。1試合平均にすると3.7本、およそ4本近くを毎試合打っている事になります。

ちなみにこの303本という数字はチームでは圧倒的に多い数字で2位のLou Williamsの206本の1.5倍となっています。Louは顎を骨折してしばらく休んでいましたが、それでも64試合出場なので1試合平均は3.2本です。

1試合平均にすると出場時間の長さによっても左右されるので、36分平均として見るとどうかと言うと下記のようになります。

Iguodala---3.4
Lou Williams---3.9
Willie Green---3.2
Jrue Holiday---3.2
Thaddeus Young---2.3
Jason Kapono---6.3

というような感じになっています。こう見るとそんなに突出している訳ではないのですが、それでも実際成功率は31.0%と非常に低く、300本以上打って210本ほど外している訳ですから、その効果は小さくないでしょう。

スリーポイントは外せはロングリバウンドになり、速攻好きなチームにはうってつけのチャンスになります。

誰がどう見ても彼のゲームの中でスリーさえなくなれば、と見る人は多いと思うのですが、首脳陣は何も言わないんでしょうかね。ジャンプシュート大好きなEddie Jordanですからむしろどんどん行け、という方針だったのかも知れません。次のコーチは常識をわかる人であると信じたいので彼のスリーポイントが劇的に減る事を切に期待します。

スリーポイントを打つくらいなら、ポストアップの技術を磨いた方がよっぽど良いのではないかと思います。彼の一番の得点パターンはオープンコート、もしくはドリブルペネトレーションからのシュートもしくはファウルを貰うこと、だと思います。なかなか体力的にも厳しい得点方法だと思いますが、ポストアップからの得点というのはパターンの一つとして加える事が出来れば、体力的にも一つちょっと楽に点が取れる方法だと思いますし、それよりなにより、それ以外の本当にスリーを打つべき選手がフリーになる機会を作る事が出来ます。パス、アシストの能力は証明済みですし、なんとか新しい技術を身につけてくれたと思います。

ちょっと前にコーチの噂が出て消えたMarc JacksonはPGながらポストアップの技術はピカ一でしたね。よくIversonがディフェンスマッチアップして手も足も出なかった事が思い出されます。もし彼がコーチになっていたらIguodalaにその技術を伝授していたでしょうかね。でも彼のコーチ就任は私は反対だったので話が消えて良かったのんですけど。

ディフェンス面は相変わらず素晴らしいと思います。同じくディフェンスの素晴らしいJrue Holiday、そしてインサイドにはDalembertといるのですからやっぱりディフェンス重視のプレースタイルを志向するのが普通ですよね。

たぶんIguodalaがトレードに出されるという確率は低いでしょうから、もう少し彼を上手く使ってあげられるようなシステムで戦わせてあげたいですね。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/773-5dfde652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。