フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)ミニキャンプ開始

今年はじめてのミニキャンプ初日が終わりました。今年はドラフトで13人も指名していますし、ルーキーFAでも10人を超える選手を穫っており、新しい選手が多く参加しています。

このミニキャンプに怪我で参加していないのは昨年の手術から戻っていないJamaal Jackson, Omar Gaither, さらには2月に膝の手術をしたVictor Abiamiri,そしてMax Jean-Gillesだったようです。

Abiamiriはオフに健康で過ごしたシーズンがあったかな?と思う程怪我が多いですね。ドラフト2巡で指名された期待の選手で昨年あたりはスターターを目論んでいたのがやはり怪我が元でダメになってしまいました。怪我が多いということではかつての1巡Jerome McDougleを彷彿とさせるのですが、Abiamiriも同じような道を辿るのかもしれません。特に今年はトレードでDarryl Tapp、そしてドラフトでは1巡のGrahamをはじめ数々のパスラッシャーを指名しました。結構本格的に尻に火がついている状況です。とりあえずは余計な事は考えずに膝を良くしてもらいたいですが、この怪我自体もそれなりに思いようで復帰は8月頃とされており、開幕に間に合うかも疑問視されています。

そしてMax Jean-Gillesは怪我でもなければ、ある意味病気とも違うのかもしれませんが、「痩せる手術」みたいなものをしたようで、その影響もあって練習を休んでいます。なんでも胃の入口をヒモ状のもので縛ることで胃のキャパシティを減らし、満腹感を与えるんだそうです。入団当初から言われていたオーバーウェイトをなんとかしなければ、ということで取った苦肉の策です。

そんな事しなければウェイトコントロール出来ないというのは情けない限りなのですが、何年も同じ事を繰り返しているのですからこのような措置も仕方ないんでしょう。ウェイトが落ちたとしてどこまで動けるのか。ちなみにReidのこれまでのコーチ経験の中で同じ手術をした選手はいないそうで、そりゃそうでしょうね。

その体重ですが、現在は375ポンドのようですが、シーズンでは330ポンドまで落としたい、と本人は語っています。45ポンドの減量というのは実に20キロ超になりますが、あとシーズンまで4ヶ月ほどでそこまで落としてコンディションも整えてなんで可能なんでしょうか?

まあ20キロといっても60キロの普通の人の20キロではなく、170キロくらいの選手の20キロですからおよそ12%。60キロの人でいえば7キロです。まあ不可能ではない数字だとは思いますが、ボクサーのように1試合の為に減量すれば良い訳ではなくて、長いシーズンを戦わなくてはならないのでコンディションが維持出来るのかはちょっと心配です。っていうかほぼ無理じゃねえ?と思ってしまいます。そこでコンディション整えられるくらいしっかり出来るのならそもそもオーバーウェイトで悩む事なんてないんじゃないでしょうか。

新人達の様子も気になったのですが、残念な事にNate Allenは練習にフル参加は出来ませんでした。ドラフト前のワークアウトで太腿を痛めていたようで、ワークアウトでは痛みを我慢しながらやっていたそうですが、チームとしては今無理させる必要は全くありませんし大事を取ったということのようです。

順調に行けば、FSのスターターはNate Allenになるというのが周囲の期待だと思いますが、Allenは怪我、さらにはオフに獲得したMarlin Jacksonも怪我あがりでフル参加にはなっていないため、Macho HarrisがFSに入っています。ただReidとしてはCBとしての彼の才能を評価している節もあり、GMのHowie Rosemanと共に改めてMachoが大学時代にCBでプレーしている映像などを見返したようです。今年のドラフトではCBは4巡でやっと指名したのですが、彼もCBとして頭数に入っていたのかも知れません。

怪我から復帰した選手ということではStewart Bradlyが元気にMLBの位置に戻って来ています。本人のインタビューでも戻って来た事がうれしくで仕方ない、という感じが伝わって来ます。昨年はLBはコロコロとメンバーを変える事になりましたが、彼の怪我が戻れば少なくとも1つのポジションは安泰です。

WLBには今の所Ernie Simms、SLBにはMoises Fokouが入っているようです。SLBでは今年のドラフト組のRicky Sapp, Keenan Claytonなどもこの位置に入っています。Sappの場合はDEもありますし、まだポジションは流動的になるかも知れません。Fokouは昨年終盤からスターターに入りましたが、印象といえば無駄な反則という事ばかりで良いプレーのイメージがありません。ドラフトでは3巡でTeoも指名しましたし、Jamar Cheneyもいますし、トレードで獲得したAlex Hallもいます。レベルの高さはともかく、少なくとも数の意味では非常に厳しい競争になっています。

LBの競争が激しいのは良い事ですが、全体的にスピード偏重の陣容になっています。それはEaglesの特徴と言ってしまえばそれまでですが、重量級のパワーランでゴリゴリ攻めて来るチームに4Qまで持ちこたえる事が出来るのかは若干不安が残ります。

また、Ricky SappなどはDEで使うのか、LBにするのか悩んでいる所だと思いますが、他にもAlex HallもDEとして使うかもという話もあるようですし、このあたりはいろいろと決まっていないポジションが多いです。それだけディフェンスは問題があったということですね。

ちなみに大きなニュースでもないですが、Andy Reidのインタビューの中でRBのLeSean McCoyのコンディショニングについて非常に満足している、というような話がありました。オフにはずっとチームの施設で練習をこなし、特に上半身、体幹の筋力アップがされたようで、力強さが加わったと答えています。まだ練習も初日ですし、これからではありますが、Westbrookが抜けたこと、というよりもMcNabbが抜けた事の方が大きいでしょうが、今年はランニングゲームも以前にも増して重要です。

そうなるとOLももっと重要で胃を縛ってる場合じゃないだろと思いますが、少なくともMcCoyがそのような状態にあるというのは嬉しいニュースです。そういえばStacy Andrewsはどうしているんでしょうね?初日は彼についてのニュースは見ませんでした。でも「雪辱の2年目」というようなことでこれからニュースになって来るでしょう。大きなチームニーズと言われたOLをドラフトでは指名しませんでしたし、彼への評価はそれなりにあるということなんでしょう。年棒見直しで給料が安くなったとはいえ、しっかりと働いてもらわないと困ります。

まあでも来年はドラフトでOLを大量に指名するような事になりそうですけどね。


スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/770-5d0e6a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。