フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)祝!Eddie Jordan解雇

昨日シーズン最終戦が行われ、Orlando Magicにやりたい放題やられて負けました。まさに今シーズンを象徴するような内容で言葉もありませんでしたが、最悪なこのシーズンが終了したことが唯一の喜びと言えるような試合でした。

そして一夜明けてすぐにEddie Jordanの解雇が発表されました。夜に試合をして翌日の昼の記者会見で解雇を発表しているので解雇のタイミングを待っていたような状態です。そんなに待つならもっと前にやっちまえ、と思うのはファンの共通する想いでしょう。

以前Mo Cheeksをクビにして、Tony DiLeoが指揮を執ることになったシーズンはシーズンがはじまって9勝14敗という時点で早々にクビになってしまいました。GMのStefanskiとしては自分で選んだコーチではないし、クビにしづらかったのもあるんでしょう。今回はその時よりもよっぽど成績は悪いのですが自分が選んだEddie Jordanをシーズン終了時までクビに出来ませんでした。

さっそく次のコーチは誰になるのか?といういろいろな憶測が流れています。その中でも現在BobcatsのコーチになっているLarry Brownが来るのでは?という憶測がささやかれています。Brownが来る場合には単純にヘッドコーチというだけでなく、ドラフトやFAなどの選手選考まで多くの権力を持つことになると言われ、その場合にはStefanskiもクビになるとも言われています。

Brownはシクサーズのコーチの時代も長かったですから、奥さんや子供はフィラデルフィアに住んでいて、奥さんなどはLarryに戻ってきて欲しいと思っているなどと書いている所もあります。真相はわかりませんが、状況から考えると確かにフィラデルフィアという選択肢があがってくるのも無理はないでしょう。

Brown本人はそんな噂を否定していますが、Bobcatsは76ersのコーチになることを許したなんていう報道もありますし、噂は盛り上がってしまっている状況です。これからプレイオフというチーム状態を考えればBrownも本意ではないでしょうけどね。

Larry Brownは今季Bobcatsをチーム創設はじめてプレイオフに導いた殿堂入りのコーチでその手腕は誰も疑う所はありません。ディフェンスを重視してplay the right wayということで納得の行くプレーをしてくれるとは思いますが、やはり懸念点も結構多いと思います。

一つは彼の年齢。70歳という年齢でシーズン通して今までの情熱で出来るのかという疑問があります。Pistons時代は健康を悪くして休んでいた時期もありますし、この先何年出来るんだろうという継続性という意味で不安が残ります。

継続性ということで言えば、彼の健康よりももっと大きな点がすぐにプレイオフチームになる、という短期的ゴールを目指すがために、長期的な視野でチームが見れていないことです。勿論長期的に見ているつもりでしょうが76ersの状況を見ればあまりそうは見えませんでした。76ersの若い選手の多くはトレードに出され、ベテランの渋い選手が代わりに連れてこられることになるでしょう。それはそれで良いのですが、その選手達が衰えてしまうとそれで終わりになってしまいます。また、ドラフトも76ers時代の指名された選手を考えればTony DiLeoの方がよっぽど良い成績を残しているというのも大いに懸念されるところです。

という懸念はいろいろとあるものの、成績をすぐにあげてくれるという意味では確実です。Dalembert, Iguodala, Holidayというスターター3人がLarry Brownのコーチのもとに働ければ素晴らしいディフェンスを展開することが出来るでしょう。これらの選手がいるということはBrownにとっても魅力はあるでしょうし、たしかに彼が復帰してくるという可能性もあるかも知れません。

もし復帰するなら最低でも3年はやってもらいたいですね。そしてEric Snowあたりをアシスタントに引っ張ってきて3年後は彼がリーグで一番若いヘッドコーチとして就任する、とか。そんなBrownの次も視野に入れた上で彼を連れてくるのならありだと思います。将来を担保に入れて目先の勝利を買う、みたいな戦略になるのであれば断固なしでしょう。Snowあたりは結構ヘッドコーチとして良さそうな気がするんですけどね。

ちなみに今年はAaron McKieがアシスタントコーチで入っていてどの程度コーチとして有能なのかわかりませんが、性格とかを考えるとヘッドコーチよりはアシスタントコーチ向きでしょうかね。とても好きなので応援はしたいですが。

1年前もコーチには誰がなるのか?という噂はいろいろあって、Dwayne CaseyとかJay Wrightとか、Avery Johnson, Jeff Van Gundyなどの名前があがりました。今年も同じ名前が取り沙汰されていますが、昨年断られた人には今年も断られてしまうんでしょうね。Avery Johnson, Jeff Van Gundyだったら来季が楽しみにはなるのですが。

それにしてもこれからプレイオフだというのにこんな話をしているしかない状況が寂しいです。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

やっとですね!

Jordanコーチの首がスッパッと切られたことを、まずは素直に喜びたいと思います。

ワシントン時代の仕事振りを見ると、個人的には、もう少しやってくれるコーチだと思っていたのですが、残念です。1年間をまるまる無駄にした感は否めません。

なんと言っても、選手の起用法に一貫性がありませんでしたね。ワシントンの頃はAntonio Danielsの起用の仕方とか、結構理にかなったローテーションを組んでいたと思うのですが、表面上、そう見えていただけなのかもしれません。見る目のない自分に反省です。

そして、試合後の迷言の数々。負けたときは常に言い訳を探すようなコメントぶり。試合毎ごとに二転三転する発言は、こちらも一貫性に欠けていた気がします。さすがに毎日のように聞かされると、イラッとさせられましたよ。

あと昨日見た記事なんですが、選手の管理についても問題があったようで、毎日のように遅刻してくるDalembertに、まったくペナルティーを科さなかった事には、選手の間でも疑問の声が上がってたみたいです。


さて、後任なのですが、自分もBrown氏の名前が真っ先に上がったことは、寝耳に水というか、かなり驚きました。Jordanもシクサーズ行きを許したという報道も目にしましたし、あながちありえない話ではないのかもしれませんね。

残っているコーチ陣の中で最良の選択というつもりでJVGを押していた自分としても、もしコーチBrownが来てくれるなら、まったくをもって問題ないです。ウェルカムですよ。

しかし、その場合、多くの選手が入れ替わることになりそうですね。Lou, Speights, Green, Youngあたりの居場所はなくなりそうです。彼らは、おそらく他のチームのディフェンシブな選手と、傍から見ればシクサーズが大損しているかのようなトレードで、チームを去っていくんでしょうね。

個人的にはOKCにいるJeff GreenあたりがPacers時代のDerrick McKeyを髣髴させて、いかにもBrown氏好み選手ではないかと思うんですが、どうでしょう!?ナチュラルポジションもエースのDurantと被りますし、あちらの今年のプレイオフの結果とこちらの出方次第では、取れない選手ではない気がします。

ルーキーをあまり重用するコーチではありませんし、John Wallが彼好みの選手であるかは、いささか疑問ではありますが、ドラフトでトップ3の指名権が手に入れば、Brown氏の心もグッと引き寄せられるかもしれませんね。


と思わず、まだ起こってもいないことに色々と妄想を膨らませ過ぎていますが、やはりコーチBrownとは、それほど魅力的な選択肢なんだと思います。

P.S. NBATVの解説内容や立居振舞いを見聞きする限りSnowのコーチングも悪くないのではないかと思います。Mark Jacksonよりは良い仕事をしてくれそうと感じるのは、あまりにも身贔屓な意見でしょうか!?

  • 2010/04/19(月) 22:23:27 |
  • URL |
  • sheedstack #-
  • [ 編集 ]

2010年に入って今か今かと待っていましたがようやくEddie Jordanとお別れすることが出来ました。

この人のコメントは本当に不思議で明らかに意味不明というか矛盾しているような事を言っているのに堂々としてましたからね。もしかしてリアルに何かの病気なのでは?と思ってしまいました。

新しいコーチでJVGが来てくれるのであればそれが一番良さそうに思います。でも有能なセンターがいるチームが彼にとっては魅力的なのかな、と思うとウチには魅力がなさそうです。それこそNetsなんて面白いと思うかも知れません。

Brownがコーチになればいろいろな選手は他球団に移ることになるでしょう。ただ今のロスターはディフェンス力がない選手が多すぎだと思うのでちょっと動かしてもちょうど良いくらいだと思います。

Jeff GreenがDerrick McKeyとは渋いですね。まだ若いですし、Lou, Speights, Youngの誰かあたりともし交換出来たら最高ですが、Thunderもそう簡単には手放さないでしょう。

  • 2010/04/20(火) 01:13:14 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/765-d43b87b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。