フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)Jrue Holidayは成長しました

76ersの2009-2010年シーズンもほぼ終わりを告げようとしています。
tortureという感じのシーズンになってしまい、何も良い所がないまま終わってしまいそうな1年です。

ここへ来て2連勝しているのいうのも長い目で見れば悪い事で、ドラフト指名権争いで大きく後退することになってしまいました。あろうことにPistonsがNetsに負けるなどしてしまった事で元々4番目に悪い成績まで行けるかどうか、という期待もありましたが、どうやら下から数えて6番目か7番目くらいの所で落ち着きそうです。

そんなシーズンでも悪いことばかりでなく、明るい材料もあります。ルーキーのJrue Holidayです。そもそもこの選手が昨年のドラフト17位で指名出来てしまった事が予想外ですし、ラッキーでした。

Andre Millerというベテランがいなくなり、コーチがEddie Jordanに代わり、シーズン途中ではAllen Iversonが加入するなど彼を取り巻く周辺環境もいろいろありました。

もともとルーキーに出場機会を与えないと言われたJordanはやはりシーズン当初は彼を出場させませんでした。プレシーズンでも使わなかった事もあり、その時には「相手チームでマッチアップさせる選手が良かったので自信をなくさないよう配慮した」というイカれたコメントを発していました。この頃からもしかしてヤバイ人なのか?という思いもありましたね。

しかし、徐々に出場機会を得て、現在ではLouの怪我などもありますが、しっかりとスターターのPGの地位を我が物にしています。特に3月のプレーぶりは素晴らしいものがあり、下の表にもある通り13.6得点、5.6アシストを記録しています。

図7

平均プレイタイムも徐々に伸びているのですが3月は35分と完全にスターターのプレイタイムを貰っています。貰っているというか勝ち取ったんですね。その結果としていろいろな数字も伸びていてだいたい1.5倍~2倍くらいの数字になっています。

やはりルーキーなのでまだまだショットセレクションなどに疑問を感じる時も多少ありますが、それを補って余りあるディフェンスなどは目を見張るものがあります。スティールは平均2でこれはIversonの全盛期にもう少しという感じの数字ですし、今季の数字ではCelticsのRondoがトップで2.38となっています。

Iversonのスティールはご存じの通りパスレーンにギャンブル的に出ていってパスをカットするというのが多くのパターンでした。Holidayの場合はそのようなギャンブルに出る事なく、長い腕を活かして普通に相手PGのドリブルをカットしたりするケースも見られますし、非常に安定感があります。

また、ショットセレクションが時々疑問、と書いたのですが最近ではだいぶ減ったように思いますし、数字としてはFG%が徐々に上がって3月では49.7%となっています。ガードの選手でこのFG%というのもすごいと思うのですがリーグのスタッツを見ると当然上位はDwight HowardをはじめとしてC,PFの選手がずらりと並んでいます。

PGで3月のHolidayよりも高いFG%というのはRajon Rondo50.8%, Steve Nash50.6%, Chris Paul49.8%という3人でした。まあこの数字をシーズン通して記録しているこれら3人も凄いと思いますがこのような選手達に少しでも近づいた、もしくは来季はコンスタントにこのような成績を出せるかも知れない、と思えるだけでも良かったと思います。

スリーポイントなどは48%とちょっとこれはできすぎだとは思いますが、それでもシーズンを通して40.3%と40%を超えています。Andre Iguodalaなどはスリーは28%ですので何故打ち続けるのか、また打つことを許すのかかなり意味不明なのですが、平均3.3本しか打っていない中48%ですからしっかりと状況判断も出来ていると思います。

ちなみに40.3%というHolidayのスリーの記録は今のチームで最高の数字です。当然のようにJason Kaponoだろうと思ったのですが彼は37%なんですね。2010年に入ってなかなか出場していなかったのもありますが、ずっと無得点が続いてましたからね。今年になって得点を入れたのは今月に入ってからだと思います。

散々な今年のチームにあってJrue Holidayの存在だけが明るい材料でした。リーグで一番若い選手ですし、来年は当然もっと成長してくれるでしょう。非常に楽しみです。今年の6月のドラフトで万が一にも1位指名権が獲得出来てJohn Wallが来る事になったらどうしたら良いのだろう?なんてアホな事をちょっと思ったりもします。

まあJohn WallをSGに回してPGをHolidayにするんでしょうね。UCLAでHolidayはSGに回って結構苦しんでいましたし、ここ最近の彼のオフェンスを組み立てている姿を見るとやはり彼が司令塔として頑張ってもらうのが良いでしょう。まあ1位を引く確率は限りなくゼロに近いでしょうからあまりそんな夢物語を考えても仕方ないですけどね。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/758-91af7f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。