フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Lakers戦 良いもの見せてもらいました

Western Conferenceで首位を走るLakersとの対戦。どこをどう考えても勝てる要素はないのですが、やはり相手がLakersだと観客も入るんですね、昨日の観客は20,809人という発表でした。

試合結果は当然のことながら91-99で負け。でも8点差とは頑張ったものです。

とにかくこの試合はIversonの久しぶりの爆発を見た試合でした。前半はFG1/5で2得点だったのですが、3Qの終盤にスリーポイントを2本連続して決めると、その後もカウントワンスローをはじめ得点を重ね、最終的にはシーズンハイの23得点(FG10/18)という結果でした。特に爆発した3QはFG6/7となり、満員の観客も総立ちでした。

当初はディフェンスについていたのがDerek FisherでそもそもFisherがIversonについている時点で昔を思い起こさせるのですが、その後はKobe Bryantがディフェンスにつき、Iverson VS Kobeということで2001年のファイナルのようだと当人達も語っています。

ただ残念だったのはKobeがディフェンスについてからはほとんど得点を入れていないのですよね。彼がマンマークできっちりついている時はドリブルで中へ行く事も出来なかったですし、シュートに持っていくことも出来ませんでした。4Qでも得点を入れていますが、その時はディフェンダーがスクリーンでスイッチした時とか、またFisherがついていた時でした。

これがKobeをクロスオーバーで転ばしてでもしてレイアップなど決めたら最高だったんですけどね。そうなっていれば試合結果なんてどうでもよく観客は大満足して帰る事が出来たでしょう。

Iversonが爆発すると必ず対抗心を燃やしてそれ以上の爆発をしてくるのがKobeですが、彼もIversonの活躍に少し遅れて同調して来ました。同じように得点のほとんどを後半に稼いでいるのですが、彼が手をつけられない状態になると本当に何をやっても無駄になるのですが、昨日もIguodalaがそれなりに良く守ったと思っても難なく入れられ、可哀想でした。たまにWillie Greenがついたときもあり、その時は軽くかわされてシュートを打った時にはかなり離れた所から見ている絵がこれまた哀れでした。

2001年の時もKobeの方が周りの選手層が厚く、タレント揃いということで勝利した訳ですが、昨日も図式として同じでしょう。Elton Brandが良くディフェンスしていましたし、要所で良いミッドレンジのシュートも決めました。Dalembertも12リバウンド、4ブロックと良かったんですが、まあ相手はLakersですからね。

負けは覚悟していた分ショックもなく、逆に良い試合、Iversonの久しぶりの働きを見せてもらってなんだか得した気分です。まあ負けて満足していてはいけないのですが、ちょっと負けにも慣れてしまったでしょうか。でも明日のNetsとの試合は普通に勝ちを貰える事を願いましょう。

久しぶりに昔の76ersのビデオを引っぱり出したくなりました。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/742-59d7d01f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。