フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Bobcats戦 そう簡単には連敗は止まらない

昨日これまで18連敗をしていたNetsがBobcats相手にとうとう連敗を止めました。今日はそのBobcatsが相手ということで向こうは連戦の2戦目とは言え、気合いも入っているだろうと思われた試合でした。結果は105-106で最後は何度もリードが入れ替わる展開でしたが、結局連敗は止まらず9連敗となりました。

今日がIversonが来る前最後の試合なのですが、残念なことにJrue Holidayが練習中に怪我をしてしまい欠場しました。Willie Greenのダンクを阻止しようとして肩を怪我したのだとか。それほど重傷ではないのですが、今後は出場機会が減りそうなだけに最後のスターターが狙えた試合を欠場となってしまったのは非常に残念です。

PGの位置にはそのGreenが入りましたが、終わってみれば彼が26得点、FG10/15と活躍していました。特に3Qは爆発し、何度も連続で彼が決めていました。今日はいわゆる「ゾーンに入った」状態だったのでしょうか。まあでも正直シュートセレクションには疑問を持たざるを得ません。

自信を持って打つのは良いのですが、試合後半、時間をかけてオフェンスを展開し、あとはしっかりと守らなければ、という展開なのにさっさと早くシュートを打ってしまったり、かなりガードされているのに打って行ったりと、内容は手放しで褒められたものではありません。

たまにああいう爆発があるのがGreenの難しい所です。タチが悪いとも言うかも知れません。でもそういうディフェンスの事は考えずに打って行くあたりがEddie Jordanと考え方が合うのでしょうね。困ったものです。

ただそのGreenも試合後手を痛めたとかでレントゲンをとっています。特に問題はなく、day to dayとの事なのですが、ちょっとチームで怪我が多すぎますね。さらにIguodalaも足首を痛め、試合は出続けましたが、あきらかに足を引きずっていましたし、今後がちょっと心配です。

それにしても今日は試合残り4分半くらいの所で10点リードの展開でした。今日はいい加減勝てるか、とほっとしていたのもつかの間、あれよあれよと追い上げられ、最後はレイアップをReymond Feltonに決められて逆転となりました。FeltonについていたのはGreen、スクリーンをかけられついて行けず、更にスクリーナーの方へフラフラと出て行ったDalembertは完全に後ろから追いかける形になり、フリーでレイアップを決められました。

その前のポゼッションでもBoris Diawがレイアップを決めています。この時はGerald WallaceがDalembertをブロックするような形でDiawにスペースを与え、こちらもフリーで決められました。タイムアウト明け、Bobcatsとしてはよくプレーをexecute出来たと言えるのではないでしょうか。

ちなみにDalembertはこの試合4Qはほとんど出場機会がなく、最後のポゼッションと思われた所で出て来ただけでした。その際にはElton Brandの代わりとして入り、ビックマンは彼一人という状況もドリブルで中に入られやすい原因だったでしょう。

Jordanのスモールラインアップ好きはずっと続いている訳ですが、残り4分で10点リードしててまだまだ攻めるということだったんでしょうか。最後はディフェンスの為にDalembertを入れた訳で、それまで入っていなかったということはとにかくオフェンス、と思っていたという事ですよね。いつもの事ですがやっぱり彼の判断には疑問が残るばかりです。

Netsは18連敗でヘッドコーチ解任となりましたが、うちはいつまでJordanで行くのでしょうか?正直彼以外のアシスタンでも誰でも今コーチになれば今以上の成績は残せるようになると思います。昨年までは「ディフェンスしてボールを奪って走る」という明快な方針がありました。

今年もそのような形になった時は実に良い展開になるのですが、最近はすっかりスモールラインアップばかりなので、そもそもディフェンスでボールを奪う事が出来ません。LouでもGreenでもすぐに抜かれてしまってインサイドに負担がかかるし、そもそも小さいのでリバウンドを全く取る事が出来ません。

今日は久しぶりにLarry Brownの姿を見た気がしますが、彼だったら今のチームをどう思うでしょうね。最後残り4秒でタイムアウト明けのうちのプレーはYoungからIguodalaになんとか渡って、プレーコールも何もあったものではなく、後は個人技でなんとかしろ、というだけのプレーでした。こういう展開になるとそれぞれのチームのタイムアウト明けのプレーというのが注目なのですが、最後は思いっきりLarry BrownとEddie Jordanの格の違いを見せられた感じもしました。まあ比べるのも失礼ですね。

なにはともあれ、次はIversonの復帰戦ですね。ほぼ敗戦は確定とも思われるので連敗が二桁になるのは覚悟しています。それでも彼の勇姿を楽しみに見たいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/724-1320dad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。