フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)今の所全勝

プレシーズンも3試合を終わりました。なんとここまで3勝0敗。
勝敗は関係ないとわかりつつも負けるよりは勝った方が気持ち良いものです。

今日はNetsとの対戦でしたが、93-92というスコアで最後4Qに38点を上げて追い上げて勝利をものにしました。最後はシーソーゲームでしたが結局Elton Brandが残り7秒の所でフェーダウェイシュートを決めたのが決勝点となりました。

その前にはIguodalaが逆転となるスリーポイントプレーで逆転するなどエース、というか主力の二人が目立った試合でした。とはいえIguodalaはそれまでは1/13という惨たんたるFGでなんとかFTで得点を入れているという状況でしたから決して良かった訳ではありません。まあ最後に決めるあたりはスターへの仲間入りをしてきた感じが出ているのかも知れません。

それにしてもIguodalaのターンオーバーがなかなか減りませんね。今日の試合でも5回していますし、これまでのRaptors戦でもチーム一のTO数ではないでしょうか。今年はたぶんSGでの出場になるでしょうし、新しいオフェンスということもあって少し彼には大変かも知れません。

プリンストンオフェンスではいわゆるパスに徹するようなPGというのは必要ない、と言われ、ガードが二人いれば良いと言われます。勿論そうなればSGがボールハンドリングする時間は増えるでしょうし、役割としてもパスの比重が高くなって来るでしょう。そのためにTOが多くなってしまうというのは多少仕方のない所もあるでしょうが、なんとかプレシーズン、シーズン序盤で慣れてくれると良いのですが。

なにげにベンチプレイヤーが良い働きをしています。私としては今季最も期待をしていなかった、というより出来ればなんとか出場しませんように、くらいに思っていたWillie Greenですが、ここまではしっかりとベンチから良い働きをしています。今日も6得点5アシストで+/-では+9とチームで2番目に大きな数字です。

+/-で最も大きい+になったのがJason Kaponoで+17でした。FG5/8で11得点、スリーも1本打ってその1本をしっかり決めています。このスリーも追い上げる中で同点となるスリーで大事な場面で決めてくれました。今の所スリーもしっかり決めていますし、問題はディフェンスがどの程度足かせになるかですが、少なくともチームの弱点であるスリーポインターがいないという点は彼の存在で大きく変わるかも知れません。

KaponoとGreenの二人が結構追い上げの主役として活躍したようですが、その他にもMarreese Speightsも16得点、7リバウンドと数字を残しました。数字も残したのですが、試合終盤の重要な場面でスターター4人に加え、センターで使われていたのはSpeightsでした。

ここ最近はDalembertを高く評価するような報道がとても多く、彼も気持ちよくプレー出来ているような事を言っていました。1試合こういう事があっただけではありますが、徐々にセンターの位置にSpeights、もしくはJason Smithを入れるラインアップをテストして行くかんでしょうか。Dalembertから文句が出ないよう上手くやってもらわなくてはいけないかも知れません。





スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/702-b4a9b3ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。