フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)FAの動きが見えませんが

FAとの交渉が始まり、世間ではいろいろな動きがありました。

Rasheed Wallace (Celtics)
Hedo Turkoglu (Raptors)
Ben Gordon (Pistons)
Jason Kidd(Mavs)
Ron Artest(Lakers)
Trevor Ariza(Lakers)
Charlie Villaneuva(Pistons)

などなどの名の通った選手達に動きが見られました。動きの第一波はこんな感じで収まるのかも知れませんが、肝心のシクサーズ、特にAndre Millerの動きは何も聞こえて来ません。

Millerの方は3年30ミリオンの契約を求めていると言われています。一方の76ersとしては金額よりも3年という長さの方に難色を示していると言われます。

また、Mike Bibbyに1年契約でのオファーを正式ではないようですが出したとも伝えられています。

これらの契約年数は勿論彼らがベテラン選手で年齢的にこの先いつまでやれるかわからないから、というのもありますが、その他にもチームの事情はありそうです。

今のロスターでの残りの契約年数を見ると、来季で契約満了となる選手は今の所いませんが、その更に翌年の10-11年シーズンとなるとDalembert, Willie Green, Jason Kaponoという3選手が契約を満了することになります。

3人の最終年のサラリーを合計するとおよそ23ミリオンという事になり、この金額というのはちょうど今年の最高年俸であるTracy McGrady, Kobe Bryantといったあたりのサラリーと同程度の金額になります。

この2010年シーズンを終え、2011-2012年シーズンというのはIguodalaが27歳とキャリアのプライムを迎えることになります。また、その他もThaddeus Young, Lou Williams, Jason Smithは23歳、さらにSpeightsは24歳という構成になります。また、先日ドラフトされたJrue Holidayはまだ21歳という若さになります。残っているメンバーで唯一年齢が行っているのはElton Brandの32歳という一人だけです。

2年後でもまだまだ若いチームと言えると思いますし、チーム全体のピークはもう少し先になるのかも知れません。3人契約が切れて23ミリオン程度が浮く、というのは大きな財産です。勿論Thaddeus Youngあたりは契約延長をするとすればそれなりの金額を払う事になるでしょうから、そっくりその23ミリオンが自由になるお金とは思いませんが、それでもこの時期に既存選手との「悪い契約」のために身動きが出来ない、という事態は避ける必要があります。

そう考えるとあと2年の中でどうするか、というのがちょっとしたキーワードになり、Andre Millerの3年契約の希望は受け入れられないのではないでしょうか。というか受け入れて欲しくはありません。多少金額的に払いすぎになっても2年もしくは1年契約で収めたい所です。

そして2年後のシーズンではJrue Holidayが正PGとして君臨している、というのがベストなシナリオなんですが。。。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

パチパチ

  • 2009/07/08(水) 00:01:25 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

パチパチ

  • 2009/07/08(水) 00:02:05 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/673-0cc5b8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。