フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)Eddie Jordan就任会見

Eddie Jordanがヘッドコーチに決定したのは先週発表されていましたが、そのJordanの就任会見が開かれました。

ヘッドコーチの決め手になったのはやはり2度目のインタビューの後だそうで、この時は4時間に渡る長いインタビューになったようです。Jordanが基本的な戦術を語ったのは勿論、チーム側が様々な状況をお題として出し、Jordanがそのような状況の時の戦術を披露する、というような感じだったようです。

シューターがいないロスターについても会見ではそれほど問題ない、と語り、以前コーチしたMitch Richmond, Richard Jeffersonなどがいかに彼のコーチングによって良いシューターになったか、というような事を言っています。

Jordanが導入するプリンストンオフェンスのお陰で最低でも1人、もしくは2人、ひょっとして3人のオールスターが誕生する可能性がある、と語っています。ただそのオフェンスを導入しなくともElton Brand, Andre Iguodalaの2人はオールスターに選ばれても当然ではあるのですけどね。

ちなみにIguodalaは今日の会見に同席していましたが、その他にはJason Smith, Willie Greenが同席していました。アウトサイドが得意なJason Smithはこのオフェンスシステムによって大きな恩恵を受ける事になるでしょう。同じくMareese Speightsも存在感を増したプレーを見せてくれると思います。

その一方で疑問視というか、今までのようには活躍できないのではと見られているのがSamuel Dalembertです。会見でもJordanはディフェンス能力の素晴らしさについては言及したものの、オフェンスシステムに着いてこられない場合は他の選択肢も考えなければならない、として起用法変更の可能性も示唆しています。

プリンストンオフェンスは習うよりも教える方が大変、と語り、バスケットボールIQがあれば簡単に習得できると語っています。ただDalembertはそのバスケットボールIQというのが一番の問題ですからねえ。。。

会見ではやはりプリンストンオフェンスが頻繁に出てきましたが、昔Eddie Jordanがプリンストンオフェンスについて解説している動画がありますので貼り付けておきます。





スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/658-e4950aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。