フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Magic戦 Game5  誰かリバウンド取ってくれ

2勝2敗のタイで迎えたGame5は78-91で敗れ、次のGame6に敗れればプレイオフ敗退という崖っぷちに立たされることになりました。

その試合は明後日に行われることになりますが、その試合にはDwight Howardはいないかもしれません。今日の1Q序盤、インサイドでポジションをDalembertと争い、サイトの記事ではSamとHowardが「tangled up(からまって)」とありますが、明らかにシュートが落ちてプレーが終わった後にSamの顔あたりを肘打ちしています。

この時はテクニカルファウルを取られたのですが、この後リーグから1試合出場停止という処分が下されるかも知れません。この試合はコミッショナーのDavid Sternがスタンドに見に来ていましたが、あのプレーをどう見たのでしょうか。

出場停止になるべきだとは思いますが、Howardは結構好きな選手ですし、相手のエースが欠場した所を勝ってもうれしさ半減です。エース抜きで負けてたら話になりませんが。。。



どうでしょうか。明らかに故意だと思うのですが。

まあそれはともかく、今日の試合はこれまでの中でも最低の部類に入る試合でした。試合開始直後からWillie Greenのシュートが良く決まりました。序盤に彼のシュートが入ると負けるというなんとなくジンクスがあるような気がするのでちょっと嫌な感じだったんですけどね。

Willeは結局36分間プレーしてFG7/15で16得点という結果でした。彼のプレーはこの試合は結構良かったのではないかと思います。が、その一方で彼の代わりに入るLou Williamsは全く目立ちませんでした。16分プレーして0得点、5アシストです。彼は控えのPGではありますが、Louに司令塔としての働きは期待しておらず、とにかく彼には得点を取って欲しいのですが、積極的にゴール下に行くこともなく、おとなしい試合になってしまいました。どうもここまでのシリーズの中で彼が目立ってきません。1試合だけ20点近く得点した試合がありましたが、やはりベンチから確実に得点が期待できるのは彼くらいなのですから頑張ってもらわなければなりません。

シリーズで今ひとつという事で言えばThaddeus Youngもシーズン中のような活躍が出来ていません。前回の試合ではYoungがディフェンスに付いたどちらかの選手がシュートを打つことになっていた、とTurkogluに言われたYoungですが、(真相はそういう意味でもないみたいですが)今日もディフェンスではRashard Lewisにいいようにやられていた感じでした。そのLewisは9/16で24得点、スリーポイントは3/5と完全にやられています。

これまではDwight Howardにはやられてもアウトサイドは守る、ということでビックスリーのうちの二人を守って来たのですが、今日は結構Howardにダブルチームに行く場面も多く、少し戦術を変えているようにも思いました。徐々に徐々にLewisやTurkogluが目立って来たのはなんとも不気味です。

同じようにYoungもLewisのディフェンスを狙って欲しいと思うのですが、4/9で9得点と寂しい数字になっています。まあそもそもあまりボールが回って来ていないので彼だけのせいでは勿論ないのですが、Iguodalaが今年に入ってオフェンスでの積極性が段違いに出たように、Youngももう少しボールを呼ぶ、もしくはボールをもらったらガンガン攻めて行く姿勢を見せて欲しいと思います。先日のgame3の最後のシュートでもわかるように、彼のあのサイズにしてあのスピードはなかなか止められるものではないと思うので。

いやーそれにしてもDwight Howardすごいですね。24得点、24リバウンドって驚異的ですが、オフェンスリバウンド10個も取られていてはそりゃあ勝てないでしょう。誰かどうにかしてくれって感じですが、フロントのローテーションはもうSam, Theo, たまにReggieの3人に決まった感じですね。Speightsの出番はなさそうです。

DiLeoはHowardが抜けた時などはSpeightsを入れたい、と言っていたのですが今日そのような状況が出来てもSpeightsを入れることはありませんでした。今日のように、というか今日だけではないのですが、オフェンスが苦しんでいる時は彼の力も効果的だと思うんですけど。

別にSpeightsをHowardとマッチアップさせる必要はなく、PFに入れてSamかTheoと組ませれば、Speightsとマッチアップする相手はミスマッチになるし、SGにIguodala, SFにYoungを入れて大きいラインアップにすることで多少はリバウンドも改善出来るかとも思うのですが。

今日は試合後DiLeoが審判に対して文句を言っています。Howardがオフェンスでもディフェンスでもゴール下にずっといて、なんであれがスリーセカンズじゃないんだ、という事なのですが、まあそれを取るかはともかく、存在感としては本当にいつもいるくらいに感じられます。実際シクサーズの選手がゴール下にドリブルに行ってやめるというパターンは何度もありました。それでもとにかく中へ中へ行って欲しいんですけどね。

中が厳しいからと言ってスリーを打っても決まるチームではないですし、今日などHowardがベンチに下がったのにスリーを2本続けて打っているシーンなどもありました。MagicがTheoに代わってReggieが入ったらすかさずペネトレーションしてきたのとは大きな違いです。このへんも若さと言ってしまえばそれまででしょうか。

泣いても笑っても明後日が最後の試合になってしまうかも知れません。
とにかく良い結果を祈るのみです。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/648-7a31917c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。