フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Magic Game4 今度は逆に決められた

この週末はNFLのドラフトはあるわ、76ersのプレイオフはあるわで忙しくなってしまうのですが、とりあえずプレイオフの話題から。

ホーム2試合目の今日は81-84で負けてしまい、これで2勝2敗のタイとなり、ホームコートアドバンテージは最後奪われる結果となりました。ただこれまでの戦いぶりを見るとホームとかアウェイとかあまり関係ないように思います。

最後は残り1.1秒の所でTurkogluのスリーポイントが決まっての敗戦でした。このポゼッションでは同点、で残り時間は14秒という状況でした。タイムアウトをMagicが取っての攻撃でしたが、Dwight Howardへインサイドで攻めてくるかと思いきや、コールされたのはTurkogluのプレーでした。試合後のコメントではThaddeus Youngがディフェンスについたどちらかの選手ということで、TurkogluかRashard Lewisへのプレーだったようです。

Turkogluがボールを持って時間をぎりぎりまで使った訳ですが、欲を言えば時間がなくなって来た所でもう1歩前に出て厳しいディフェンスをして欲しかったです。最初はゴール下へのペネトレーションを警戒して後ろに下がっているというのは理解出来るのですが、残り4秒、3秒、となってきたらペネトレーションしている時間はない訳ですから。

まあでもこれまでずっと決められなかったTurkogluがここで決めたのは相手を褒めなければならないでしょう。Youngは最後の場面で狙われたということをしっかりと胸に刻んでこのオフを過ごしてもらわなければなりません。まあIguodalaとYoungがディフェンスについたどちらの選手に打たせるかということでは断然Youngでしょうけど。

それにしてもこのシリーズは良い試合が続きます。これまでの4試合で最後の最後のシュートで試合が決まったのが3試合です。これまでのプレイオフのカードで最も緊迫した良いカードになっていると思いますし、そんな試合を見られる事を素直に喜びたいと思います。

今日は珍しくスリーポイントが良く決まりました。結局8/19で42.1%だったのですが、特に前半Willie Greenが良く決めていました。なんだかこんな珍しい形の得点で良いのか、と不安はあったのですが、そんなアウトサイドが入った事も影響してか前半は全くペネトレーションは見られませんでした。

その結果、スリーポイントは42.1%なのに引き替え、全体のFG%は31/80で38.8%とスリーの方が高いパーセンテージになっていました。後半になってようやくインサイドに切れ込む姿を見るようになりましたが、前半は全くそんな姿が見られませんでした。結局フリースローのアテンプトは15本とこれまでの戦いの中でも少ない数字になってしまいました。Iguodalaも言っていましたが、どっかりとdefensive player of the yearのHowardが中央で待っていて、中に行きたくても行けなかったというのが実情だとは思いますが、それでももう少し行って欲しかったなあ。2ポイントのFGも特に後半はファーストブレイクからの得点が多く、ハーフコートでのFG%だけをカウントしたらかなり低くなってしまいそうです。

それにしてもこのシリーズにはもうSpeightsは出ないのでしょうかねえ。今日も出番はなかったのですが、Reggie Evansが出てもHowardに対しては全く通用しませんし、オフェンスではもう目を覆いたくなります。Reggieはインサイドというよりあの大きさでアウトサイドで守ることでリズムを崩したりするのですが、Magicが相手だとHowardを離れて外に出てくる訳にもいかず、あまり彼の特色が活かされていないように思います。

今日もそのDwight Howardは18得点、18リバウンドと爆発的な数字を残してその存在感を見せつけています。ただ今日はHowardのファウルをほとんど取ってくれませんでした。その代わりにこちらのHowardに対するファウルは相変わらず厳しく取られ、特に前半はイライラの募る展開でした。

でも今日はなかなかリードを保たれたまま終盤まで来て4Qも残り4分程度の所で10点差でしたから、良く追いついたというべきなんでしょうね。同点になったDalembertのダンクの場面、時間をもう少し使えていれば、とも思いますが、時間を使っていたらきっとあのプレーはなく、ダブルチームされたIguodalaが厳しいシュートを打っていたと思うので仕方ありません。

Game5はまた明後日Orlandoに場所を移しての試合になります。
泣いても笑ってもあと3試合、Game7までもつれそうですが、なんとか良い戦いを期待します。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

こんにちわ。
少しずつターコルー&ルイスが復調してきているのが心配ですね。
ORLの3pも「ここで入ったらやばい」っていうところで、昨日はことごとく外してくれた感じがしました。
レディックも試合感覚ない様子でしたね。
インサイドの選手が対ハワードでファウルするのはOKとしても、昨日のようにターコルーのドライブなどでファウルしてしまうのはまずいなぁ、と。
yogiさんが書かれていた通り、PHIのドライブが少ないですね。
ガードがどんどん突っ込んで、ハワードのファウルを誘発できればいいんですけどね。
旧AIのビッグマンに向っていく技術、度胸が本当にすごかったんだなぁと改めて感じます。

たしかにLewis, Turkogluの2人は少しずつ得点が伸びていますし、復調している感があるのが嫌な感じです。明日どうなりますかね。結構この2人が活躍してしまいそうで怖いです。

アウトサイドで勝てるチームじゃないんだからこちらはインサイドへのドライブは必須です。それでも新AIもかなり頑張っているとは思いますけどね。彼も困ったらとりあえず中へ、という姿勢は見られます。

旧AIの度胸は本当にリーグ随一です。今季の彼のシーズンがあのような形で終わった事は残念です。

  • 2009/04/28(火) 13:02:12 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/647-31f200bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【NBA】一筋縄ではいかないブルズ

ボストンは去年もプレイオフでは何度も苦しんでいるので、2-2のタイになった位ではどうってことないのかもしれませんが、今季のブルズはなんかワクワクしてしまいます。オーバータイムにもつれ込むとブルズが勝ちますね。若さの勢いだけでなく、粘り強さも兼ね備えている?...

  • 2009/04/28(火) 10:04:54 |
  • 31Iscream ~fan of Indiana Pacers since 98\'~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。