フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Magic戦 Thad Young決めた!

Magicのホームで1勝をあげ、ホームコートアドバンテージを奪った76ersはそのホームでの重要な試合を96-94で勝利しました。

途中までは点差も比較的あり、安心して見ていられる状況でしたが、最大17点あった点差も最後にはなくなってしまいました。初戦、第二戦といい76ersが最大18点の点差をつけられ、1試合目では勝利もしているだけに油断は禁物でしたが今日も立場は逆でしたが同じような展開になりました。

終盤にIguodalaがフリースローを2本外した時など本当に1試合目の逆になるのではと嫌な予感がしていました。

そんな心配も最後にはYoungがレイアップを決めてくれました。あのような残り6.9秒という場面で、デザインされたプレーでもない状況で良く決めてくれました。Dwight Howardにファウルされたようにも見えますがああいう場面ではなかなか笛は吹かれません。あわやTOでしたが、よく決めてくれました。

プレイオフで1勝1敗の3戦目を勝った方がそのシリーズに勝つ確率がこれまで76%というのを放送でも言っていました。格上のMagicが相手ですし、76ersがこのような高い確率で勝てるとは思いませんが、もしMagicが今日の試合を勝っていたなら、たしかに7、8割の確率でこのシリーズを勝ってしまいそうな、そんな大事な試合でした。

こちらの戦略としては今までと同様、Howardにダブルチームはせず、アウトサイドのシューターを抑える、という戦略でした。今日もHowardは爆発し、36得点、11リバウンドと得点はプレイオフのキャリアハイとなっています。

最後の76ersのポゼッションの前のMagicの攻撃ではHowardがFTを2本とも決めて同点になったのですが、それまでも基本は彼をファウルで止めてFTを打たせる、という形が続いていました。しかし、今日はRatliffは5ファウルとなってしまったものの、Dalembertは3ファウルで30分出場できたことがリバウンドでもあまり負けるがなかった要因ではないでしょうか。

Samは今日ブロックも3つ記録していますが、彼の存在が第二戦ほどインサイドに切れ込まれなかった原因でしょう。ただ一度彼がオフェンスのゴールテンディングを取られた時がありましたが、その際に右肩を痛そうなそぶりを見せていました。レギュラーシーズン終盤に痛めており、欠場などの心配はないでしょうが、不安要素の一つです。

不安要素といえば、今日はWillie Greenが試合終盤を含めプレイタイムを多くもらっていました。スモールラインアップとかそういう事ではなく、今までならLou Williamsが出ている場面に彼が出ていたという感じです。個人的にはかなり心配だったのですが、終盤でのDwight Howardにダンクを許さない激しいファウルはファインプレーでした。しかしなんでLouは出なかったんでしょうねえ。1回Rashard Lewisに対するディフェンスでpick&rollでミスしてしまい、フリーでスリーを決められた、というディフェンスでのミスはありましたが、決定的に何かミスマッチになるとかいう事もないと思うんですが。

しかし今日もMIller, Iguodalaという二人のAndreは大活躍でした。Millerは24pts, 9R, 7astとIguodalaのような数字を残せば、当のIguodalaは29pts, 7R, 4astという数字でした。特に今日の前半のIguodalaはまさに「ゾーンに入った」感じで打てば入るような状況でした。ショットクロックぎりぎりで二人に激しくマークされ、スリーを決めた所など、まあラッキーショットといえばそれまでですが、アナウンサーも「まるでKobe Bryantのような」と言っていましたが、それほど難しいショットを次々に決めていました。

昨年のPistonsとのプレイオフシリーズでTayshaun Princeに完全に抑え込まれた昨年とは大きな違いです。Tony DiLeoもそんな彼を本当に成長した、と讃えています。今日の最後のプレーもデザインされていたのはIguodala、もしくはボールをインバウンドするMillerのどちらかにボールが渡る形だったと思います。しかし、第三のオプションであるYoungがボールを貰って決めるあたり、1年前のチームからの成長が感じられます。

さて、これで2勝1敗とプレイオフの勝利がぼんやりとですが見えて来たように思います。ただMagicも今日はLewisがスリーを3/5で決めるなど少しずつ彼らの形も垣間みることが出来ますし、全く安心など出来る訳がありません。今日は観客も約16,500人とセルアウトではありませんでしたが、次は現地で日曜ですし、満員の中盛り上がる試合でシリーズ王手と行きたい所です。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/646-b26979c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【NBA】プレイオフ試合結果

本日行われたのはキャブス-ピストンズ、マジック-シクサーズ、ブレイザーズ-ロケッツの3試合。Cleveland(3) 79 - 68 Detroit(0)キャブス:L.James 25ポイント  L.James 11リバウンド  L.James 9アシストピストンズ :R.Hamilton 15ポイント  Rip / McDyess?...

  • 2009/04/26(日) 10:27:55 |
  • 31Iscream ~fan of Indiana Pacers since 98\'~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。