フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jason Peters獲得!

まだ正式ではありませんが、BillsのLT Jason Peterとのトレードに合意したそうです。Eagles側からは今年のドラフト指名権1巡(28位)、4巡、そして来年の6巡を交換することになるようです。

今年の1巡2つの指名権のうち1つは昨年Panthersにトレードして手に入れた指名権で、Panthersは昨年OTのJeff Otahを獲得しています。そう考えればOtahという昨年RTでスターターとしてそこそこだった選手とプロボウル級のPeterとトレード出来た、と無理矢理考えられなくもありません。勿論Otahが今後どれだけ伸びるかわかりませんが。

これで左からPeters, Todd Herremans, Jamaal Jackson, Shawn Andrews, Stacy Andrewsという布陣で決まりました。いやーこれは見ていて楽しませてくれるメンバーですね。ここ数年の両タックルも信頼感はそれなりにありましたが、怪我持ちだったのでハラハラしました。

素晴らしいOLの布陣だと思いますが、年齢的にも若く、それぞれ左から27、26、29、26、28、というのがシーズン開始時のそれぞれの年齢です。LGとかCあたりは今後も下位指名権やルーキーFAなどで補強はあるでしょうが、それ以外はしばらくは安泰となりそうです。いやー良かった良かった。

Petersは契約延長を求めていて年11、12ミリオン程度の要求をしている、と言われていましたが、ある程度それくらいのサラリーでほぼ合意しているのでしょう。

McNabbがこのオフに自分の契約延長に関して「オフにチームがどれだけ補強をするかを見極めてから」なんていうコメントをしたとかしてないとか言われていますが、この両タックルの契約、とくにPeters獲得については喜んでいることでしょう。

これでGiantsの鬼のようなパスラッシャー軍団にも対抗出来るでしょうか。また、今度のドラフトでは2つ持っていた1巡指名権でTとRを指名する、というのがモックドラフトでも定番でしたが、それも変わって来ることでしょう。

どこかでRBを指名するのは間違いないのですが必ずしも1巡ではないかも知れません。ニーズとしてはTEも同じように人材いないですしね。今年のトップのTEと言われるBrandon Pettigrewは21位だったら十分に指名出来そうです。

ちなみにこれでAnquan Boldinとのトレードはほぼないでしょう。でもBoldinとPetersだったらPetersじゃないでしょうか。同じCardinalsのFitzgeraldなら話は別ですが。

しかし喜んでみてもよく考えてみればまだ完全に合意には至っていないんですよね。一応正式に契約延長の合意とフィジカルが無事済んでくれることを祈るばかりです。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

フィジカルチェックは通ったと言う情報が有ります、あとは契約ですね。Samuelと同じ程度の契約になるのでは無いかと思います。Vincent,TaylorからLito,Sheldonへのスイッチもばっさり行きましたが、TRA,RunyanからPeters,Stacyへも一気に行きました。情け容赦ないチームですが、若手が上手く行けば功労者の事も簡単に忘れてしまうのですよね。

  • 2009/04/18(土) 08:44:00 |
  • URL |
  • horikomi #-
  • [ 編集 ]

その後契約も無事済んだみたいですね。
本当にベテランには容赦のないチームで、その姿勢には今年改めて思い知らされました。例外というのはないんだな、と。チームを運営していくにはそれが毎年そこそこ強い秘訣なんでしょうけど、そこそこ強いというのを打破するために今度のドラフトではインパクトのあるスキルポジションの選手を獲得してもらいたいものです。

  • 2009/04/18(土) 19:41:23 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/643-df43d6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。