フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Grizzlies戦 久しぶりの試合

しばらく試合から遠ざかっていた76ersですが、Grizzliesとの試合は110-105というスコアで勝利しました。ここまでオールスター明けは2勝6敗と散々な結果だったのですが、なんとか勝利することが出来ました。

先日のHornetsとの試合から中4日空いており、この4日間で様々なチーム練習をして立て直す、というの目標でした。

ただ、今日の試合は勝つことが出来たのは良いのですが、内容的にはやはり4日空いてちょっと練習したからといって劇的に変わるものではない、という現実を思い知らされたような気がします。

練習で取り組んだ事の一つはアウトサイドのディフェンスでした。これまでスリーポイントを好きなように打たれ、好きなように決められていました。特にスクリーンをかけられた時の対応が全くなっておらず、ほとんどスイッチすることがないためにかなりの確率でフリーで打たれていました。選手達はこれを「コミュニケーションの問題」としていましたが、この点はどうなのか?

今日は相手のスリーポイントは3/10と抑えたのですが、これはそもそもGrizzliesがスリーではNBAで最下位グループということで、76ersとスリーポイントの記録を悪い方で争っているチームであることが最大の要因です。ディフェンスが良くなったという印象は正直あまりありません。

外から打つチームではないのですが、代わりにインサイドにどんどん入って来られました。外からかなり自由にペネトレイトされた感じで終わってみればFG%は56.4%とこれで良く勝てたなと不思議になるような数字です。DalembertもMarc Gasol相手にかなり苦しみ、あまり相手になってませんでした。Gasolは30pts、13Rと大活躍でした。Theo Ratliffが23分出場していましたが、まだ彼の方が良いバトルをしていたように思います。

また、ここ最近こちらが打つスリーポイントの確率がめっきり落ちており、これについてもシュート練習だけでなくシュートに持ち込むための練習を重ねたようですが、結果は3/13で23.1%という惨憺たる結果でした。試合終盤になんとか2本決まりましたがそれまではさっぱりでした。

今日は相手が56%というFGでリバウンドもあまりなかった為にリバウンドからの速攻、というのもあまり見ることが出来ず、そこも試合展開として苦しんだ要因でした。

なんだか愚痴ばかりになってしまっていますが、明るい材料と言えばLou Williamsが7/12と良い確率でシュートを決めてくれた事でしょうか。シュートが入るか入らないかは正直どちらでも良いのですが、少なくとも打つべき所で打って欲しかったのですが、最近はシュートが入らず焦りなどもあるのか全くリズムなく悪いシュートを連発するケースが目立っていました。しかし今日はリズムに乗った良いシュートが多かったと思いますし、これはチームにとって好材料だと思います。

しかしドラフトロタリーまっしぐらのGrizzlies相手に良い試合をしている場合ではありません。明日のThunder戦はすっきりと勝ってもらいましょう。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/622-6cb8d8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。