フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Nuggets戦 痛い2連敗

オールスターブレイク明け2連敗は避けたいNuggetsとの試合は89-101で負けてしまい、恐れていた2連敗となってしまいました。

1Qの途中でChauncy Billupsが2ファウルで早々にベンチに下がり、彼のいない間に25-13と昨日のPacers戦とは逆に序盤にリードを奪いました。しかし、以前今季Nuggetsとの試合では1Qに17点のリードをしながら最終的に負けたという試合もあったので油断大敵と思っていたのですが、恐れていた事は現実となり、後半にはいつの間にか追いかける展開になってしまいました。

Pacersの試合は序盤に思いっきりリードを許してしまい、その反省からか76ersは序盤はディフェンスの動きも良く、しっかりと主導権を握っていたのですが、やはり地力の差でしょうか。

それにしてもとにかくこの試合はファウルの多い試合となってしまいました。1QのBillupsの2ファウルから嫌な予感はしたのですが、その後も度重なるファウルの連続でした。後半などは特に各ポゼッションでファウルの笛が吹かれるような展開で、流れもなにもあったものではありませんでした。Iguodalaが試合残り5分くらいの所でファウルアウトとなってしまいましたし、Dalembertも5ファウルでなんとか残っていた感じでした。

このような展開になってしまう試合というのは必ず1シーズンに何度かあり、他の試合だったらファウルを取られないようなプレーでも笛を吹かれるというのは、なんとも理不尽な気がしますが存在するのが現実です。1試合通じてファウルの基準を厳しくしているので1試合の中でばらつきはないのですが、見ている側としてもそのような試合に当たってしまったらアンラッキーと言うしかありません。試合のテンポを速くしたい76ersとしては嫌な展開になってしまいました。

今日はシュートが全く入らず、FG%は33%、4Qの追いかける中でも残り2分にThaddeus Youngがスリーを決めるまでたった1本しかFGが決まりませんでした。1本しかFGが決まらなくてもその時点で12点入れており、なんとかFTで食らいついていたのですが、そりゃそんなFG%では勝てる筈もないでしょう。

昨日ほとんど試合に出ていなかったSpeightsは今日は元気に出ていましたね。前半は出てきて割とすぐに2ファウルでベンチに下がってしまいましたが、その後出場し、11pts, 9Rと良い活躍でした。記録上スリーポイントを決めた事になっているのですが、これはどんな感じだったのでしょうね?たまたまショットクロックぎりぎりで何でも良いから打ったのか、しっかり狙って打ったのか。

しかし、76ersにとって痛い事にAndre Millerがふくらはぎの怪我で退場してしまい、終盤はMiller, Iguodalaの2人の大黒柱がいない中で追いかけるという展開になってしまいました。怪我の具体はどうなんでしょうか。まだ詳細はわかりませんが、年齢も結構行っている選手ですし、すぐ戻って来たとしても100%の状態ではないかも知れませんし、ちょっと心配です。




スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/615-0b7b23f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三日天下とはまさにこのことだ。

・PHI戦 ・CHI戦  ただの殴り書きで申し訳ありませんが、とりあえず投稿しておきます。

  • 2009/02/23(月) 00:27:24 |
  • Go! Denver Nuggets!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。