フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Suns戦 勝ったけど寂しい一面も

昨日のSunsとの試合は走る事が売りの2チームの対戦でしたが、108-91とSunsは連戦の2試合目ということもあって最終的には大差での勝利となりました。

なんといってもルーキーのMarreese Speightsがキャリアハイとなる24得点、7リバウンドと大活躍でした。いつものようにベンチスタートですが24分のプレイタイムを貰い大暴れでした。得点のほとんどがロブからの得点だったのですが、飛ぶわ跳ぶわ、Millerが「高すぎて失敗だと思った」というロブもキャッチして叩き込んでいます。決めてニヤつきながらディフェンスに戻る姿は「気持ちいー!」という心の声が聞こえて来るようです。

FG11/16と良く見たらシュートの数も一番多く打っているんですね。ファウルになったものもありますから実際にはやっぱりIguodalaが一番なんでしょうけど。しかしSpeightsはことオフェンスに関しては最初から積極的ですよね。ある意味ルーキーには見えませんでした。あのアグレッシブさがディフェンスにも出て来ると最高なんですけどね。シュートを打てば入る様子から解説者などは「スリーポイントすら決めちゃうかもね」と言っていました。たしかにそれくらいの勢いはありました。ちなみにスリーの練習は最近とても熱心に行っているようで、数年後スリーポイントチャレンジに出る6-10の男が見られるでしょうか。

4Qは大差になったこともあってKareem Rush, Donyel Marshallの二人も久しぶりに試合に登場しています。Marshallはもともと試合に出場してバリバリ貢献してもらう、という事はあまり考えていなかったので今の働きである意味十分なのですが、Rushは結構つらいでしょうね。腐らないで頑張って欲しいものです。ちなみにMarshallはSpeightsの兄貴分のような存在でとても慕われているようですね。Speightsもあの顔で本当なら大学3年生ですからね。普通に渋谷の居酒屋あたりで大学生の群れの中にいてもおかしくない訳ですが、さすがに全く想像できません。

試合はSpeithsの活躍やYoung, Iguodalaのもはや驚かない20得点以上の活躍もあって大勝だったのですが、最近Lou WilliamsのFG%がやたら低いんですよね。昨日も3/13ですし、ここしばらくはこんなFGの試合が続いています。シュートは打ち続けていますし、どこか怪我している訳でもなさそうなんですけどね。単にスランプというだけなんでしょうか。まあFTはそれなりに貰うスタイルなので得点はあげているし、あまり深刻に考えなくても良いのかも知れません。

シクサーズとしては非常に気持ちの良い試合ではあったのですが、久しぶりにじっくりShaqやGrant Hillの試合を見る事が出来ました。Shaqは今季ここまで17.5pts, 9Rという数字を残してオールスターにも出場することになっています。しかし、キャリア平均の24.9pts, 11.4Rという数字やブロックの平均が2.3から1.5に減っていることなどを見るとやっぱり物足りない感じがしてしまいます。

そもそもプレイタイムがキャリア平均より5分程度少ないので数字が減るのも仕方ないのですが、でもSamのディフェンスに手こずる姿や今までならバックボードが壊れそうなダンクで決めるかなと思う所をレイアップにしたりとちょっと寂しくなったりもしてしまいました。

Hillはまあ昔からパワフルなプレーをする訳ではないのでそれほどではないんですけどね。ちなみに我が家にはDukeで1年生のGrant Hillの時の試合のビデオっていうのがあるんですよね。久しぶりに見直してみようかな。そのビデオは今シクサーズのアシスタントコーチnoAaron McKieとEddie Jonesが大学生だった時の試合がメインなんですけどね。うーん、自分の年齢を感じます。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/611-0a05884a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。