フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)対Redskins戦 やっぱり1ヤード

Cowboysが負け、Buccaneersまでもが負けた為にプレイオフ進出に向けて明るい見通しになったEaglesでしたが、肝心の自分たちの試合で負けてしまいました。

3-10とロースコアの試合だったんですが、いやーそれはそれはイライラの募る試合でした。ディフェンスは頑張ってなんとかClinton Portisのランを止め、FGレンジに入られそうになる所をなんとか踏ん張って抑えていました。

パス偏重を酷評され、その後Cardinals戦からランを数多くコールするようになってから3連勝だった訳ですがこの試合はラン16回、パス46回と1:2どころか1:3という比率になりました。

それでも前半はラン・パスほぼ同等の比率でした。どちらも効果的にゲインは出来ていなかったのですが、4Qになると全くランプレーをすることはなく、パスパスパスの連続でスリー&アウトを繰り返しました。4Qでデザインされたランプレーは最後のシリーズの最初のプレーのみで、あとはMcNabbの仕方なく走ったスクランブル1回だけでした。

試合を通して自陣ゴール前深い所からオフェンスをしなければならない状況が続きました。平均で12ヤード地点だそうですからこれでは厳しいです。4Qなどはそのようにゴール前10ヤードあたりからオフェンスをはじめて、1回5ヤードくらいの短いパスが成功するも、あと2回はパス失敗という形になり、また厳しい位置からパントを蹴り、ディフェンスはフィールド中央くらいから守らなければならない、という状況が続きました。続いたというより全部このような形でしたね。

Kevin Curtis, Hank Baskettという2人のWRを欠いた布陣の中、パスオフェンスもなかなか、というより全く進みませんでした。DeSean Jacksonのドロップなどもありましたが、McNabbのパスもなんだかレシーバーまで届かない、低いパスも連発していました。連勝中はレイティングもたしか107かなんかだったと思いますが素晴らしい活躍で、やっぱり来年もチームに必要では?という意見も大きくなっていたのですが、今日は全くその姿はありませんでした。

今年を振り返ってみれば残り1ヤードを取れていれば勝てた試合が何試合あったかわかりませんが今日も最後のプレーは状況は違えど1ヤードに泣いたという意味では共通しており、これも何かの因縁なのでしょうか。これまではファーストダウンで1ヤードなどチャンスが3回、4回あって取れなかったのですが、今日の場合は同じ1ヤードでも次のプレーのチャンスを与えてもらえませんでした。「何度もチャンスがあったのにことごとく潰しやがって。もう時間切れじゃ!」というような天の声なのでしょうか。

プレイオフ進出に向けて盛り上がって来た所だっただけにこの敗戦はショックが大きいです。今のRedskinsには勝てるだろうというのも大方の予想でしたし。ただ、これで8勝6敗1分けという成績になり、まだ完全にプレイオフへの道が閉ざされた事にはなっていません。

来週のCowboys戦は向こうもプレイオフを賭けた大事な一戦になります。Eaglesの方も同じくプレイオフがかかっているのは同じですが、勝った上に更にBucsがRaidersに負ける事を祈り、さらには他力本願の中にBearsも入って来てしまったので彼らが負ける事も祈らなければならないというかなり難しい状況になってしまいました。

プレイオフの行方は気になる所ですが、今季最後の試合になる可能性も高いですし、気持ちのすっきりする試合をしてもらいたいものです。でも負けたら内容が良くてもなかなかすっきりしないでしょうけど。。。
McNabbが緑のジャージを着ているのを見るのも最後かも知れません。他にも72番、69番、20番?、更にはサイドラインのコーチ達も最後となる人がいるかも知れません。いろいろな意味で印象に残る試合になるかも知れません。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/593-8377bfaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。