フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)対Bengals戦 ………

ここまでわずか一勝しかしていないBengalsが相手ということでこの試合は勝つだろう、いや、勝ってくれなきゃ困る、という試合でしたが、まさかまさかの同点で引き分けという結果に終わりました。

正直振り返るのもむなしいのですが、両チームともミスにミスを重ねての凡戦となりました。これで5勝4敗1分けという勝敗になり、本当に崖っぷちに立たされています。崖っぷちというより、既に崖から落ちている、と見る方が素直かも知れません。奇跡的に途中の枝に引っかかって上に登れれば良いのですが。

McNabbはパス58回とは随分投げましたね。オーバータイムも戦っているのでプレイ数が多いのですが、それに比べランは14回ですから、パス、パス、パス、さらにパス、という感じの何度も何度も話に出るパス偏重のプレイコールでした。

ディフェンスは8サックとプレッシャーをかけ、McNabbのファンブルでゴール前1ヤードからの攻撃もFGに抑えたりと頑張ったと思うんですけどね。

それにしてもこの引き分けで世論も一気にReid不要論、McNabb不要論が爆発しています。先日久しぶりにイーグルス公式HPのコラムニストであるDave Spadaro氏のコラムを読んだのですが、いつもはチーム付きのコラムニストということもあり基本的に良い事ばかりしか書かない彼が結構辛辣な事を書いていました。

地元の新聞でもsomeone has to goということで誰かが責任を取らなくてはならない、としてこのオフにMcNabb, Reidなどがチームを去る可能性などについて書かれています。McNabbの試合後の「試合が引き分けで終わるとは知らなかった」というコメントも不要論者の議論を加速させました。更に「SBやプレイオフの試合が引き分けに終わったらどうするんだ」というコメントも火に油を注いでしまいました。Bush大統領の無知ぶりを暴いた映像を見ているような気分でした。

シーズンが始まる前は今年のチームには期待が大きかったですし、プレイオフはおろか、SB出場もあり得るチームと見られていました。RG のShawn Andrewsは怪我でずっと休んだままで、彼の欠場がランが出ない、またはショートヤーデージが出ない原因と言われています。確かにその通りでしょうが、ここまでのイーグルスはNFLの標準から言えばかなり選手の怪我については恵まれている方だと思います。メンバー的に揃っていてこの結果なのですから言い訳のしようもありません。

この試合でも3rd&1が3回ありましたか、見事全部止められていましたね。そんなに相手に止められたという印象でもないんですけどね。

あまりにもむなしいなのでもうこの試合の事は終わりにしたいと思います。ただ、厳しい状況ではありますが、まだプレイオフの望みが断たれた訳ではありません。要は全部勝てば問題ないんです。と、それはあまりにも無理な望みというものでしょうか。この状況であれば残り全勝の確率と残り全敗の可能性を比べたら全敗の方が高いかも知れませんね。はあ……。とりあえず次のRavensとの試合を30-10くらいで圧倒して勝てれば少しは気分も落ち着くかも知れません。まあこんなに差がつくような相手でもないですが、スコアが逆にならない事を祈るばかりです。



スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/581-4d5a6455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。