フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)補強も終了?

いろいろ噂のあったAndre Iguodalaは結局最初の報道通り、6年80ミリオンで無事、という言葉が適切かどうかわかりませんが、契約延長となりました。

Iguodalaに80ミリオンというのは誰がどう考えても高いでしょう。しかし、もし彼がいなくなる、と考えればまたチームは作り直し、ということになりますし、そのあたりのリスクを避けるために多少払いすぎても仕方ないというStefanskiの考えなのかも知れません。

「大きな契約を獲得するとハングリーさがなくなる選手がいるが、自分はそんな事はない」と語っているIguodalaですが、その言葉を信じるしかありません。今年はElton Brandの加入でSGでの出場が見込まれます。このオフは1日に多い日は「1000本程度」シュート練習をしているということで、シュート力も向上した、とコメントしています。Great shooterではないけど、good shooterにはなっている、とのことです。

Iguodala, Youngの二人のウイングプレイヤーのアウトサイドシュートがどれくらい決まるのか、というのも今期の成績を大きく決める要因になるでしょう。

そして、Iguodalaの契約延長の数日後にはこちらも噂のあったTheo Ratliffとの1年契約に合意しました。Theoは以前シクサーズに在籍しており、2001年でしたっけ、Larry Brownがコーチでファイナル進出したシーズンがありましたが、そのシーズン途中に怪我をしてトレードで放出した、という経緯があります。

他チームからもっと良い条件でのオファーもあったようですが、フィラデルフィアを良く知っていること、Cheeksも以前シクサーズにいた時のアシスタントコーチで良く知っていること、などからベテランミニマムの約1.4ミリオンの1年契約ということで合意となりました。ただ、彼がシクサーズを選んだ理由で最も大きいのはやはりBrandの加入、昨年のチームの躍進などで今期楽しみなチームだから、ということに尽きるでしょう。選手から76ersに入りたい、と言ってもらえるようなチーム状況になったことに驚きと共に感謝ですね。

彼もチャンピオンになる手助けをしたい、と語っていますが、その言葉も完全な夢物語ではない所まで来ているのかな、と期待してしまいます。彼がトレードで放出されたシーズンは代わりにDikembe Mutomboを獲得し、ファイナルへ進出しました。Mutombo獲得以前もチームは好調でプレイオフは確実だったのですが、更に上を目指してのトレードとなりました。

その年のプレイオフ、「本当だったら俺もここにいたのになあ」という感じでスタンドで観戦するRatliffの姿があったのを鮮明に覚えています。シクサーズではもともと人気のあった選手ですし、彼の加入はファンにも暖かく迎えられるでしょう。試合途中に彼が入る時の大きな声援が思い浮かぶようです。今度はRatliffも一緒にファイナル進出となることを期待です。

(本当は控えのセンターはもう少しオフェンス力があるタイプの方が良いと思ってたんですけど。。。)



スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/553-ac935f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。