フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles) 復帰しても今後も不安

ここまでずっとキャンプを休んでいたShawn Andrewsがインタビューに答え、キャンプを休んでいた理由を語りました。なんとうつ病と闘っているようで、1年以上前から良くないようです。

ただ、医者から治療も受け始め、もしかしたら今週末にはキャンプに参加できるかも知れない、と語りました。ちょっと安心ではありますが、精神的な事はまた急に変わったりもするでしょうから不安定であることには変わりありません。

2007年シーズンの前には非常に仲の良かった友達を心臓麻痺で亡くしています。そんな事も影響したんでしょうが、何度か拳銃を自分に向けて自殺を図ったこともあるそうです。一番最近は2007年の1月、プレイオフの最中だったというのですから驚きです。

今までは医者に診て貰う事や薬を服用することにも抵抗して来たようですが、周囲の勧めなどもあってようやくその気になって薬なども飲んでいるようです。今週木曜日にフィラデルフィアの医者に診て貰うようで、そんな事もあって週末には復帰出来るかも?と目論んでいるようです。

なかなか診察を受けなかった事に対しては「自分のプライド」と語っていますが、精神的な病気では本人が病院に行きたがらないとはよく耳にしますが、彼の場合も同じなんですね。

Andy Reidとは話をしていたと語り、「コーチは理解してくれている」と本人は言っています。しかし、Reidのインタビューを聞く限りではAndrewsをかばうようなニュアンスはありませんし、実際一日15,000ドルの罰金を科しています。合計180,000ドルにも上っており、およそ2,000万円という日本では考えられない金額になっています。今回の事は金額は問題ではない、と本人は語っていますが、それにしても罰金でこの金額はスケールが違いますね。

「コーチは理解してくれている」というのは本人のコメントですが実際の所どこまで本当に理解しているのかは疑問です。いつから医者の診察を受けているかはわかりませんが、診察を受けていない状態であればただ本人がわがままを言っているようにしか聞こえないでしょうし、罰金を取られているという事実もチーム側としては「わがまま」と捉えていたのではないでしょうか。

本人はコンディションについては“top shape”と語っていますが、実際どうでしょうか。昨年はDawkinsが子供の事でキャンプに参加できませんでした。その時も体は動かしていたから大丈夫と言っていましたが、結果的にはやはりコンディション不足で怪我をしてしまいました。あのDawkinsでさえそうなるのですから、Andrewsの言う”top shape”というのをどこまで信じることが出来るのか。

それにしてもAndrewsがキャンプに来ない理由がここまで深刻な理由だとは厄介な事になりました。よっぽど怪我をしていてちょっと休んでいたら完治する、という方が単純で良かったですね。OLはRunyan, Traの二人が来年にはいないと予想され、OLのオーバーホールが必要になりますが、また一つOLに大きな不安要素が出てきてしまいました。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/549-533fe163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。