フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)ドラフト候補 DeAndre Jordan

6-11、250ポンド、7-0、260ポンドなど彼もいろいろなサイズで言われますが、いずれにしてもとにかく体だけは素晴らしいものを持っています。

似ているタイプとしてはDwight Howardとされ、この名前だけ聞くと夢は大きく膨らみます。Howardのような選手がいたらと何度思ったことか。。。



そんなHoward比較をされるJordanですが、似ているのは体格やポテンシャルは似ているものの、細かい技術という意味では遠くHowardに及ばないレベル、と言われています。

NBAで通用するには2、3年はかかると言われており、その得点のほとんどはリバウンドのこぼれ球を処理した、などで彼が技術で入れた感じのものはないようです。ゴール下でボールを貰ってもポストアップもできなければターンアラウンドしてのジャンプシュートなども見れたものではない、というのが大方の評価です。

大学は1年しか行っていないのでNBAで通用するまで2,3年、と言ってもまだまだ若い部類です。ハイライト映像でもその迫力たるや他の選手の比ではなく、大きな可能性を感じさせてくれます。大学で平均7.9得点、6リバウンドという成績しか残していない訳ですから各チームともその尋常でない可能性を魅力に感じているのでしょう。

彼のその可能性というのはその体格も勿論ですがその身体能力の高さから来ています。その割にと言ってはなんですが、ゴール下でのボールの扱いも結構軟らかい印象を受けます。勿論華麗なボールさばき、という点からは程遠いですけどね。

骨格も大きいですし、2,3年技術を磨いているうちに筋肉もつけていったらそれこそHowardや、もしかしたらShaqのような体つきと動きを手に入れてくれるかも知れません。彼とJason Smithが一緒に練習をしている所を想像するとちょっとSmithが可哀想に思えて来ます。

ハイリスク、ハイリターンの指名と言われるJordanですが、リターンを得た時のチームへの貢献度は非常に大きいものがあります。オフェンスで通用するのは2年、3年かかるかも知れませんが、ディフェンス面ではもう少し早く貢献できるかも知れません。果たしてシクサーズで彼を数年かけて育てる余裕があるかどうか。FAで超強力PFやCを獲得できればありでしょうか。

全くの余談ですが、遊びで卓球を結構するのだとか。7フッターの卓球ってどんな感じなんでしょうか。

DeAndre Jordanキレイな映像はこちら

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/534-d5c60ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。