フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)ドラフト候補 Darrell Arthur

6-9、225ポンドのPFの選手で、似ているNBAの選手という点ではAntonio McDyessとされています。映像を見る限りではどこが似てるんだ?と思えなくもないです。まだ220ポンド程度の体重ということもあってか、パワフルというよりも非常に速い、という印象です。You tubeのハイライト映像でもファーストブレイクの先頭を走ってダンクを決める姿も何度かあり、体つきからもMcDyessとはちょっと違うような。



Stefanskiが地元紙のインタビューで今年のドラフトについて
・恐らくPFかCを指名する
・トレードアップは画策したものの、代償が大きいからたぶんしない
ことなどをコメントしています。

PFかCというのはチームニーズもそうなのですが、ちょうど16位あたりではPF、Cの選手がゴロゴロしているから、ということが大きいようです。

このArthurも指名候補になるのは間違いなく、まだワークアウトには来ていませんが、今週には来ることになるようです。

身体能力は素晴らしく、ファーストブレイクで先頭を走る姿やブレイクでドリブルからダンクを決める姿などとてもPFの選手とは思えないものがあります。大学2年でのドラフトになりますが、1年生シーズンではブロックでチーム1の数を記録していました。2年生シーズンでも平均ブロック数は増えています。このあたりも高い身体能力を示していますし、体、特に腕も長いのでしょう。あれだけ走れるというのはファーストブレイクをチームの得点源とする76ersにはぴったりだと思います。

ポストポジションからのパスも得意なようで、このあたりは今のSam, Evans, Youngの誰にもない側面かも知れません。でもせっかくのパスもキレイに決めてくれるシューターがいるかどうか。

ハイライト映像だとどうしても派手なダンクなどが多くなるのですが、ミドルシュートはまだまだのようですね。「良くなっている」との評価はあるのですが、このあたりは今後の課題かも知れません。

さらに悪い点としてはファウルが多いというのが指摘されています。パンプフェイクなどに引っかかりやすく、何でもかんでもブロックに飛んでしまうのだとか。なんかどこか身近にいますね、こんな選手。昨シーズンはファウルも大幅に減ったそのDalembertですから、そこはもしArthurが入団したら経験談として教え込んでもらいましょう。

あとはやっぱり体重を増やすことでしょうか。まあこれはルーキー全員に言える事ですが、体つきという面ではまだまだでしょう。でもポテンシャルはありそうですし、2年くらいしたら結構活躍してくれるかも知れません。

Arthurその他映像
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

個人的には今年の候補の中でこのArthurが一番のお気に入りです。
才能を持て余してると言われてましたが、NCAAファイナルで見せた活躍に相当なポテンシャルを感じました。

なんにしても、ヤングのような献身的なプレーをしてくれる選手を指名してほしいですね。

  • 2008/06/24(火) 11:37:54 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

お気に入りNo.1はArthurですか。
NCAAのファイナルという最高のレベルでも力を出せるというのは大事な事ですよね。彼の身体能力があれば76ersでも見劣りしないでしょう。オフェンスでの動きに磨きがかかればかなり期待できそうです。問題は16位で残っているかどうか。

  • 2008/06/24(火) 12:14:08 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/533-585f008c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。