フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)ドラフト候補 Marreese Speights

いろいろな所でモックドラフトが発表されていますが、76ersのオフィシャルサイトでは様々なサイトのモックドラフトを集計し、どの選手がシクサーズからの指名としてより多く予想されているかを回数別にまとめてあります。多少この記事も古くなってきており、モックもその後更新されているので私が実際に見たサイトなどと比べると現状とは違うのですが、一応こんな感じでまとめられています。

図3

Marreese Speightsがここでは最多の4つのサイトで76ersの指名と予想されています。
6-10で245ポンドとPFとしては十分なサイズがあるようです。サイトによってAl Jeffersonのようなタイプと評されたり、Juwan Howardと書かれたり、全然違うじゃないかと思うのですが、体つき的にはその二人の中間という感じですね。

Speightsのハイライト映像を上げますので参考にどうぞ。




フロリダ大でAl Horford 、Joakim Noahと1年チームメイトとして一緒に練習していた事もプラスに働いていると言われています。Noahのコート外のトラブルなどは反面教師にしておいてくれると良いんですが。

腕もそこそこ長そうですし、PFと共にCとしても働けるかも知れません。シュートタッチも柔らかくミドルシュートも打てる、ということで良い面だけ見るとぴったりではないか、と思ってしまいます。どんなに悪く見積もってもオフェンス面ではReggie Evansよりは上でしょう。

逆に悪い面としてはこれだけの体がありながら、あまりフィジカルなプレーは苦手だとか。コンタクトプレーを磨くためにもっとフィジカル面、要はビルドアップが必要みたいな事をいろいろなサイトで言われています。体の強さを増す事でポストアップやディフェンス時でのゴリゴリと目立たないけれども重要な動きが良くなる事でしょう。この辺は逆にEvansから学ぶべき点が大いにありますね。

昨年14.5得点、8.1リバウンドを記録していますが、大学1年生の時はメンバーもメンバーですから出場機会はなく、常時出ていたのは昨年1年間のみということになっています。そんな事も経験不足とされ、まだNBAで即戦力とは見られていないようです。

Speightsは昨日の76ersのワークアウトに参加しており、アシスタントGMのTony DiLeoは「ゴール下ではどちらの手でも得点できるし、ジャンプシュートも打てる。まだ発展途上だけどもポテンシャルは十分。」とコメントしています。

昨日のワークアウトにはその他にも何人か参加していますが、同じくPFのRyan AndersonがTony DiLeoとしてはお気に入りのようです。「今年のベストのシューター」とDiLeoがコメントしており、口調からするとSpeightsよりも気に入っている様子です。Andersonであれば1巡下位で十分指名できそうですのでそのときはトレードダウンということになるでしょう。この二人なら私としてはSpeightsを取って欲しいのですが。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/530-a4edc12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。