フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)Celtics優勝 本格的にドラフトモードへ

NBAファイナルはCelticsがLakersに勝利して実に22年ぶりの優勝を勝ち取りました。22年前と言えば、Larry Bird, Kevin McHale, Robert Parrishなどが活躍していた頃でしょうか。K.G., Ray Allen, Paul Pierceを擁する今季はレギュラーシーズンから圧勝という感じでしたね。

昨年の今頃のCelticsと言えばドラフト上位を狙う為にわざと負けたなどという疑惑があったり、くじの結果1位にならず文句言ってみたりとチームとして良い方向に行っているとは思えない状況でしたが、ドラフト時のトレードで全てが変わりました。

ビッグ3の3人ともに年20ミリオン程度の巨額なサラリーを貰っている3人ですが、Allenがあと2シーズン、更にPierceがあと3シーズンで契約終了となります。昔のようにダイナスティという訳には行かないでしょうが、ある意味ちょうど良い時期に契約満了ということになるのかも知れません。ちなみにAllenの契約が終わる年にはLeBron James, Dwayne WadeあたりがFAになる予定ですね。(正確には二人はプレイヤーオプションで翌年まで契約がありますが。)

Celticsの運命を劇的に変えたNBAのドラフトがまたまたやってきます。昨年のCeltics同様にチーム再建モードにある76ersですが、今年持っている指名権は1巡16位指名の1つだけです。しかし、このオフはキャップにも大きく空きがありますし、Stefanskiがどんな動きを見せるか可能性がいろいろありすぎて全く読めません。

でも個人的には今のチームの有望な若手達をトレードで大量に放出してベテランビックネームを連れて来る、ということにはなって欲しくありません。まあキャップの空きを考えればベテランビックネームを連れてくるとしても若手放出ということにはそれほどならないでしょうから問題ないと思いますが。

昨年獲得したThaddeus Youngは来季どんな成長を見せてくれるでしょうか。Youngや同じく1巡指名のJason Smithが順調に育ってくれれば結構期待できると思うんですけどね。サマーリーグで出場する試合全てダブルダブルを記録するような存在感を見せてもらいたいものです。

今年は現地6月26日にドラフトが行われますのであと1週間程度となりました。76ersもワークアウトにいろいろな選手を呼んで評価の真っ最中です。それら選手の評価と同時に他チームとトレードの可能性など水面下ではいろいろな交渉が行われている事でしょう。そろそろ私も真剣に各所のモックドラフトなど気合い入れて見てみようと思います。

ところで何で見たのかあまり覚えていないのですが、どこかのスポーツニュースでBilly Kingが76ersのKorverのトレードやStefanskiの働きぶりについて、「良くやっている」「Korverのトレードは必要だった」とコメントしていました。完全に他人事のように言っていたのが印象的でした。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/528-272d09df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。