フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers) シーズンレビュー Rodney Carney

ルーキーだった06-07シーズンでは35試合にスターターで出場し、より一層の飛躍が期待された今シーズンでしたが、平均でのプレイタイム、得点などほぼ全ての記録でルーキーシーズンを下回ってしまいました。

Carney08.gif


もともと昨年のキャンプではWillie GreenとSGのスターターの座を争っており、かなり接戦だったようですがその戦いに敗れてしまいました。しかしそうなると今度はプレイタイムそのものを貰えなくなり、ベンチを温める日々が続き、ちょっとふて腐れているようなコメントを出す日もありました。

しかし、GMがStefanskiに代わり、いろいろな選手を見てみたいという要望からCarneyも試合に出るようになり、そこでしっかりアピールをしてそのチャンスを逃すことなくそのままプレイタイムを貰うに至りました。StefanskiはどうやらCarneyは結構お気に入りのような気がします。会話の所々に彼の名前が出てきますし、彼への期待も見て取れます。

もともと非常に身体能力の高い選手と評され、それ以外については特筆すべき能力はあまり言われていませんでした。しかし、シーズンも3月に入ったくらいからスリーポイントシュートをやたらと打つようになりました。それまでもちょこちょこと打ってはいたのですが、1試合で2本程度という試合が続いていました。

スタッツで月別の合計値でのスリーの本数などを見ると2月と3月でそれほどの大きな違いはなくなってしまうのですが、3月では1試合で7本打ったりする日もありました。Kyle Korverがいなくなってスリーを打つ人がいないという事も関係したのでしょうが、シーズン後半は完全にスリーポイントシューターとして戦術上は位置づけられていました。

スリーのFG%は2月までは数がもともとのアテンプト数が少ないので数字にも大きな差が出てしまうのですが、良い確率とはお世辞にも言えない数字でした。しかし3月には39.5%、4月には47.4%としっかりと決めるようになり、攻撃での数少ないアウトサイドシュートを打てる選手として重宝しました。

身長は6-7とSGのポジションを争うにはかなり大きな選手です。これでもう少しリバウンドが取れたり、ディフェンスでも頑張ってくれればスターター確実ではないかと思うのですがちょっとその点が残念です。

しかしスターター争いに敗れプレイタイムに恵まれない日でも黙々とスリーの練習でもしていたのでしょう。その心意気は必ずや来季以降のプレイタイムに結びつくものと思います。またGreenと激しい争いになるのか、それとも別のポジションになるのかわかりませんが、スリーにも磨きをかけてより飛躍してくれるものと期待します。

Rodney Carneyスタッツ

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

グリーンの控えでの使いづらさや、ヤングの意外な活躍などでPTが思ったほど伸びませんでしたね。期待していただけに少し残念です。
ドラフトではシューターを指名すると言われていますが、居場所を無くさないようにこの夏はしっかりトレーニングしてもらいましょう。

  • 2008/05/30(金) 20:29:31 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

期待がある程度あっただけに昨年よりもいろいろな面で成績が落ちてしまったというのは残念です。本当に働いたのはシーズン終盤という印象しか私はありません。
終盤ではすっかりスリー要員という感じで働いていたような印象ですが、スリーだけでなく全体的にレベルアップが必要でしょうね。

  • 2008/05/30(金) 23:04:12 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/523-d6d611e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。