フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)2008年ドラフトも終了

昨年はまさかのQB指名があり、ドラフト後もいろいろ物議を醸しましたが、今年もすんなりとは行かないドラフトとなりました。チームニーズとしてはTra, Runyanの後継者としてのOT、Dawkinsの後継者としてのS又はLito Sheppardがトレードで出て行った場合のCB、ニーズというのかは微妙かも知れませんが、このオフに獲得の噂が絶えないWRあたりが注目されていました。

Round 2, Pick 16 (47) Trevor Laws DT 6'1" 304
Round 2, Pick 18 (49) DeSean Jackson WR 6'0" 178
Round 3, Pick 17 (80) Bryan Smith DE 6'2" 228
Round 4, Pick 10 (109) Mike McGlynn OT 6'5" 318
Round 4, Pick 18 (117) Quintin Demps FS 6'0" 206
Round 4, Pick 32 (131) Jack Ikegwuonu CB 5'11" 194
Round 6, Pick 18 (184) Mike Gibson OT 6'4" 305
Round 6, Pick 34 (200) Joe Mays ILB 5'11" 245
Round 6, Pick 37 (203) Andy Studebaker OLB 6'3" 251
Round 7, Pick 23 (230) King Dunlap OT 6'9" 310

最終的に指名はこのような形になりました。もともと1巡19位の指名権を持っており、ここでOTだのWRだの、誰を指名するか予想していた訳ですが、Panthersが来年の1巡、今年の2巡(43位)、4巡(109位)との指名権のトレードを持ちかけ、それに応じたことで2年連続で1巡指名権はなくなりました。来シーズンはPanthersが負ける事を願う、という不健全な見方をすることになります。

また、4巡指名権を使って昨年のDolphinsの3巡指名だったLorenzo Bookerという
RBをトレードで獲得しています。Bookerはテレビでドラフトを見ていたら自分の名前が呼ばれてびっくりしたと語っています。昨年あまりプレーはしていない選手ですが、スピードがあってパスキャッチが上手い選手、という事で干されていないRyan Moatsという感じでしょうか。Westbrookと一緒にプレーさせればいろいろな所でミスマッチを生じさせることができる、とAndy Reidは期待しているようです。

指名された個人個人がどうなのか、ということはいろいろなサイトでも紹介されているのでそちらに任せるとして、1年目からバリバリ出場するのは2巡のDeSean Jacksonくらいかも知れません。サイズはないですが、リターンでは期待感を持って見ることができそうで、Eaglesの試合観戦に今までなかったフレーバーが加わったように思います。

同じく2巡指名のTrevor Lawsは昨年ドラフト指名されたVictor AbiamiriVictor とNotre Dameでルームメイトだったようで今でもとても仲が良いんだとか。タイプとしてはAndy ReidはMike Pattersonに似たタイプと評しており、DTのポジションはPatterson, Bunkleyの1巡指名コンビと2巡のLawsとすっかりエリート集団というか、高い位置で指名された選手でローテーションを組む事になりました。

いったい何と発音して良いのやら、という4巡のJack Ikegwuonuは数ヶ月前に右膝のACLを断裂する怪我を負ってしまい、今季は完璧にリハビリに励む事になります。一時は1巡指名候補とも呼ばれた素材だったのですが、昨年プレーに精彩がなかったこと、強盗容疑で問題を起こした事、さらには怪我の事もあって4巡まで落ちてきたという事になりました。

CBは今年のドラフトでも大きなチームニーズの一つになるかどうか流動的でした。その原因となったLito Sheppardは結局トレードされず、今のところ夢のDBユニットを組む期待がまだ残っています。Litoがどうなるかは今後も要注目ですが、来年以降を見越してのこの指名は良かったのではないでしょうか。一応強盗の方はチームとしても良く調査して問題ない、と判断したとのことです。

そのLitoに対して他チームからのトレードオファーでそれほど魅力的はものはなかったようで、結果としてまだイーグルスの一員として在籍しています。今後の事についてはReidが近いうちに直接話をする機会をもつ、ということで、その後やっぱり不満だからトレードなどで出て行くのか、残ってプレーするのか、方向性が決まることでしょう。

大きなチームニーズと言われたOTは結局4巡まで指名はなく、全体109位でPittsburgのMike McGlynnを指名しました。1巡19位でPanthersが指名したJeff Otahの逆サイドにいた選手です。ReidによればOTもできれば、G,Cなど3つのポジションが出来る所が気に入った、ということでReid好みの特徴を持った選手でした。来季以降にTra, Runyanが抜けた後はどんな布陣になるのか、いろいろな所でシャッフルがあるかも知れません。

3巡のBryan Smithは軽量のスピードラッシャーということでEaglesのDEに多いタイプがまた増えた感じになりました。NFLの他チームは彼との面接でLBへのコンバートなどを話していたようですが、EaglesではDEとしてプレーすることになるようです。DEはKearseももういないですし、Darren Howardも長くはないでしょうから、じっくりとウエイトも上げつつ成長していってもらいたいものです。

その他4巡指名のFS Quintin DempsはカレッジでのINT記録を持っているようですが、コメントを見る限りはなんとも調子が良さそうというか、結構なビックマウスのような印象です。まあDawkinsにしっかりと教育してもらいましょう。

そんなこんなで終わった今年のドラフトですが、1巡指名がなかったということでちょっとインパクトには欠けた印象でしょうか。それでもポジション的にチームニーズを埋める事は出来たと思いますし、後はスカウト陣の選手の見る目を信じるしかありません。でも来年は1巡指名権が2つありますし、結構楽しめそうです。とりあえず今年のドラフト組は来週のミニキャンプでどんな第一印象を与えてくれるか楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/509-afb8206d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。