フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)プレイオフ出場は決定しましたが

76ersは週末のHawksとのホーム&アウェイでの2連戦を1勝1敗としてプレイオフ出場は決定しました。1戦目のアウェイで109-104と勝利をおさめた時点でプレイオフ出場が決まりました。「出場を決めたくらいでリラックスなんてしない」とCheeksは言っていたのですが、翌日の試合は「flat」とCheeksが表現していたようにあまり覇気が感じられない感じで85-92と負けてしまいました。

ここ最近のHawksは快進撃を続けており、難しい戦いになることは予想できたのですが、せっかくアウェイで勝利したのですからどうせなら連勝して上位チームに対しても全く侮れないという印象を与えたかったように思います。

Hawksとの2戦目に勝利すれば再度Cavsを脅かすことのできる2ゲーム差になったのですが、またもそのチャンスは逃してしまいました。

この先どうなるかまだまだわかりませんが、現状でイースト6位になっています。5位のWizards、7位のRaptorsはともに76ersと1ゲーム差で上下に位置しています。4位のCavsとは3ゲーム差、8位のHawksとも3ゲーム差ということですが、このまま行けば5位~7位のどれかでシーズンを終える事になるのでしょう。

そこで気になる対戦相手ですが、個人的には今の6位という位置が最も嫌な感じがします。6位だとイースト3位のMagicとの対戦になるわけですが、どうもMagicとやって良い事があった記憶がありません。一応1勝はしているのですけどね。

下の表は各チームと対戦した時の76ersと相手チームのスタッツになっています。

図4


これを見る限りではやっぱりどこも勝てなそうに思うのですが(汗)、それでもMagicとは一番点差も大きいものになっています。さらにMagic戦での彼らの45%という驚異的なスリーポイントの確率が目を引きます。確かにやられまくった記憶がふつふつと蘇って来ます。また、リバウンド数で5本程負けているのも気になる記録ですね。やっぱりリバウンドを取って速攻、というのが攻撃の要ですし、もともとシュートがそんなに入るチームでもないのでオフェンスリバウンドも取らないと点も取ることができません。

MagicにはやっぱりDwight Howardという絶対的なセンターがおり、彼にはDalembert, Evans,もしくはThaddeus Youngが束になっても抑えることは難しいでしょう。そして彼に気を取られているうちにTurkoglu, Rashard Lewisあたりが外から、なんていう光景を何度見たことか。たぶんシクサーズのメンバーもMagicには苦手意識のようなものがあるように思います。

かと言ってじゃあPistonsと対戦してRasheed, Rip, Princeなどなどのメンツと戦えるのか?と言われればそれも甚だ疑問ではあります。Pistonsには平均83点しか取られていないのですが、こちらは80点も取っていないんですね。プレイオフでは更にディフェンスもタイトになるでしょうし、あのディフェンスをそうそう破れるとも思えません。

じゃあCavsは?となりますが、得点で見ると唯一90点と失点が88点で勝っているんですね。先日惜しくも最後にLeBronのシュートを決められて負けてしまいましたがここまで対戦成績2勝0敗でもおかしくない内容は残しています。

プレイオフになればそれまでのシーズンとはまた違った雰囲気ですし、あまりそれまでのスタッツなど関係ないかも知れません。きっとCavsと対戦になればLeBronが40点とか50点とか取るような試合になるかも知れませんしね。

でもDwight Howardに32得点、18R、更にTurkogluなどその他のメンバーにスリーポイントを10本くらい決められて手も足も出ずに負けるのならLeBron一人に40点入れられた方がまだ良いでしょうか。なんて対戦相手を考えているうちに思考がマイナスになっているのは何故なんでしょう?

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/501-619af319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。