フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Magic戦 互角の戦い

Bucks戦は予想以上の大勝で終わり、続く今日のMagic戦でどのような戦いぶりになるか注目でしたが、結果は106-108で惜しくも2点差で敗れてしまいました。

同点で迎えた残り10秒くらいのMagicの攻撃でHedo Turkogluがペネトレーションした所をマークに付いていたIguodalaがファウルをしてしまい、フリースローを2本決められ、それが決勝点となりました。ホントにファルか?とも思いましたが、Iguodalaも仕方ない、と認めているようですからハンドチェックはボールではなく、腕に当たってしまったのでしょう。

そのフリースローを決められても2.4秒あったのですが結局インバウンズできずに試合終了となりました。一度ボールを入れられず20秒タイムアウトを取っての2回目のトライだったんですけどね。

今日もReggie Evansはベンチスタートになり、スターターはThaddeus Youngでした。ちなみにBucks戦でスターターになったJason Smithはその試合で痛めた足首がまだ良くないらしく、アクティブメンバーから外れています。

さて、そのYoungは2回目のスターターだと思いますが、34分とスターターらしいプレイタイムを貰って15得点となっています。そして彼がマークしていたと思われるRashard Lewisは18pts, 7R, 5astとしっかり活躍されてしまいました。

しっかり活躍されたという意味ではやっぱりDwight Howardでしょうか。17pts, 14Rとイーストのオールスタースターターとして貫禄の数字を残しています。試合前にはDalembertがこのマッチアップについて「嘘は言わない、難しいよ。」と語っていました。そのSamは10pts, 9Rと最近の彼にしては物足りない数字です。まあでもこの数字で物足りないと思えるのですから、彼が本当に成長したということでしょう。ちなみにDwight Howardは今日のダブルダブルが今シーズン実に42試合目だそうです。47試合戦って42試合ダブルダブルとは驚異的です。

さらにすごいのがスリーポイントの数字。Magicには27本打って9本決められていますが、27本とは打ちまくりましたね。Howardだけインサイドにいてあとは皆外側に、というパターンですが、今年というか昨年からも76ersがよくやられたパターンです。それに対して76ersの方はわずかにスリーポイント2/5ですからね。いかにシクサーズのオフェンスパターンにアウトサイドがないかがよくわかります。

Louis Williamsは20得点と爆発しましたね。試合終盤には一時102-101の逆転となるスリーポイントを決めるなど良い働きをしていますし、試合終盤に使われている事自体良い経験になっていると思います。Carneyもチャンスを貰っているうちにインパクトのある働きをしたいところですが。

今日は残念な事に負けてしまいましたが、前半だけで同点になったのが11回、リードするチームが変わったのが14回とシーソーゲームでした。観客も16500人と結構入っていましたが、今日はチケットを買った甲斐があったのではないでしょうか。こういう良い試合を続けていれば更に観客も増えて、その声援をバックにホームで負けない、なんていう良い循環になればベストですね。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/474-0c0ca4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。