フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Hornets戦 

先日のRaptors戦では惜しくも敗れたものの、良い試合を展開し、このまま頑張ってくれればと思っていましたが、昨日のHornets戦は良い所なく72-93という大差をつけられて負けてしまいました。結局ホームでの4試合を1勝3敗となり、なんとも後味の悪い負け方で締めくくることになりました。

この試合FGは40.5%だったのですが、それもそのはず、ファーストブレイクからの得点はわずか4点という寂しいものになってしまいました。ファーストブレイクからの得点ではNBAでもここまでトップに近かったと思います。Iguodala, Carneyなどの身体能力の高い選手をはじめ、Dalembertなども身長の割には走れる選手ですからtransitionオフェンスはチームの強みだったのですが、そこが完全に封印されてしまいました。

Hornetsとしてもシクサーズを走らせないこと、というのをゲームプランとして持っていたようで、まんまとその作戦にはまってしまい、その作戦を切り返すだけのものは持っていませんでした。ハーフコートのオフェンスになればアウトサイドからのシュートや、ポストアップで得点が計算できる選手が必要ですが、残念ながら安定的にそのような期待ができる選手はKorverしかおらず、当然相手もそこを警戒して来るでしょうから、Korverはこの日FG5/15でスリーでは1/8という結果でした。

調子に乗ればWillie GreenやIgoudalaもアウトサイド決まるんですけどね。まああくまでも調子に乗れば、という感じなのでいつも頼りになる訳ではないのがつらい所です。

Cheeksとしてはこの試合のディフェンスに相当カッカ来ていたらしく、試合後には結構長いミーティング、というかお説教をしていたようです。2Qには6本中4本のスリーを決められるなど、特にアウトサイドのディフェンスについて問題視していたようです。

Iguodalaなどは「この試合は十分なenergyがなかった」と行っていますが、energyだけの問題じゃないですよね。そもそも連戦じゃないですし。

アクティブロスターの12人枠全員を出場させての試合となりましたが、相手リザーブ選手が出場してもその得点差は縮まることなく、着々と拡大して行きました。1Qが終了した時点ではわずか1点ですがリードしていたのでここまで点差が広がるとは思いませんでした。

このあとはロードでMavs, そしてまたまたHornetsとの試合が控えています。なんだかシクサーズを抑えるにはこうすれば良いんだよ、と簡単に教えてくれたような気がしてこの先が心配です。Mavsは週末にBlazersに負けており、必死で来るでしょうし、大敗しなければ良いのですが。




スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コーバーのマークがキツい時は、トロント戦で見せたようなルイスの爆発を期待していたのですが、そううまくはいかないですね。
そのルイスも昨季では考えられない、1Qからの出場でしたね。
まだまだ未熟だった選手の成長が見れたのは嬉しいことです。
今シーズンは勝ち負けは二の次でもいいので、他の選手にもこういうシーンがたくさん見られればいいなぁと思います。

  • 2007/11/13(火) 14:40:23 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

ルイスは本当にしっかりと成長していますね。このままいけばサマーリーグの帝王だったSalmonsとは違う道を歩んでくれそうです。今年成長が期待されるとすればルイスとCarneyだと思うんですよね。Carneyはまだあまり成長が見られないですが、ミドル、アウトサイドは現状のメンバーの中ではそこそこ得意な方だと思うのでKorverの負担を軽くするためにも頑張って欲しいです。

  • 2007/11/13(火) 15:46:12 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/437-c64c4404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。