フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)対Redskins戦 なんとか逆転で勝利

ここまで1勝もしていないNFC East相手の戦いは33-25と先週のCowboys戦の敗戦を多少和らげてくれる勝利となりました。これで4勝5敗、Redskinsは逆に5勝4敗となりました。

イーグルスは来週はここまで0勝とガタガタのDolphinsとの試合になります。ここは順当に勝利するとすればシーズンも半ばを過ぎてようやく5割到達となります。

Cowboysとの試合後には既にMcNabb、Reidの後釜を捜すべきだ、という風潮にありましたが、そのMcNabbは20/28 251ヤード 4TDという素晴らしい数字を残しています。この日はランでも7回、37ヤードという結果になっています。うち2回はニーダウンのようですから、実際には5回で39ヤードという事でしょう。16ヤードのランというのも記録しているようで、足の方は徐々に回復基調にあるようです。

ただ、先週の最初のプレーでやってしまったサックからのファンブルというのは今日もほとんど同じようなプレーでファンブルしています。ただ2サックしか食らってませんし、先週よりはずっと良かったのでしょうか。

McNabbが4TDパスと聞けば素晴らしい事には違いないのですが、Reggie Brownへのロングパスは完全に短かったですよね。インターフェアを貰うためにわざと短いパスを投げたのか?とも思いますが、サイドライン際ならわかりますが、フィールド中央でしたし、ただのコントロールミスかも知れません。更にもう一つはパスと言ってもショベルでしたからね。

とは言え、ここまでさんざん言われていたレッドゾーンでの確率の低さですが、この日は3/3で100%という結果でした。ちなみにこの日はL.J.Smitがようやく今季初TDを決めています。彼のTDはレッドゾーン3回のうちの1回なのですが、やっぱりレッドゾーンでのオフェンスと彼の存在というのは相関性がありそうです。この日は4キャッチ、49ヤード、ロングは26ヤードという活躍ぶりでした。ヘルニア手術の後遺症に悩んでいましたが、ようやく痛みもなくなって来たんでしょうか。ついでにパスを受けた後のランでタックルされてファンブルしてしまう、という悪い意味でもL.J.らしさ(?)が出てましたね。

試合自体はMcNabbのファンブルでボールを失い、そのオフェンスでFGを奪われ、4Qの残り4分程度の所で5点差で負けている、という非常に流れの悪いものでした。結果的にはその次のオフェンスシリーズでのWestbrookへの57ヤードのスクリーンパスで逆転となりましたが、このプレーは勿論Westbrookの個人技もありますが、オフェンスライン、レシーバーなどのブロックが素晴らしかったですね。

一方のディフェンスはそのMcNabbのファンブル後のディフェンスは一時1ヤードの所まで攻め込まれる状態でよく踏ん張りました。が、トータルで見ればSantana Mossなど怪我人の多いチームに25点取られてしまっていますし、なかなかつらい状況は続きそうです。

最後のゴールラインぎりぎりの所で踏ん張った時もゴール前でフォルススタートの反則がありましたが、実はこの時、James Thrashがワイドオープンだったようですね。Dawkinsがマークにつくはずだったようですが、このプレーの際のモーションから逆サイドのプレーを読んでいたようです。Dawkins自身そのプレーには完全にやられた、と言っており、もしそこでTDを食らっていたらまず勝利はなかったでしょう。先週のあの批判が更に何倍にもなっているでしょうから、想像するだけでも怖いものがあります。

ちなみにこのゴール前では最近名前の聞かないDarren HowardがClinton Portisに対してロスタックルを決めています。また、同じくベテランで名前の聞かなくなったJevon Kearseですが、前半はほとんど試合にすら出ていなかったようですね。前半は1プレーのみ出場で、後半も残り10分くらいの所から出場したようです。左のDEではJuqua ThomasとルーキーのVictor Abiamiriがスナップを分け合っていたようです。まあThomasもわずかタックル1ですし、寂しいポジションなのですがKearseは少なくともこのまま陰が薄くなって行くことになりそうです。Trent Coleもここ2試合サックもないですし、パスラッシュあってのイーグルスディフェンスですから、ちょっと心配です。

勝ちはしたものの、オフェンス、ディフェンス共に心配が残ります。さらにスペシャルチームでも怪我のBuckhalterに代わって出場したJ.R.Reedも平均わずか15.7ヤードのキックオフリターンしか残せませんでした。また、Player of the monthに選ばれたのが不思議なくらいのAkersは今日もFGを外してしまいました。まあ今日は53ヤードでしたからこれを責めるのは可哀想かも知れません。

これで来週Dolphinsに勝てばようやく5割という所までは来ることができました。それにしてもそれほど素晴らしい内容とは思えないのですが、地元紙の論調は結構楽観的ですね。あまりにも短絡的のような気がするのですが・・・。まあ勝てば5割といってもその勝つのが今のチームにとってはとても難しいものだと思います。油断する、なんて事はないでしょうが、必死に勝ちに行ってなんとか踏みとどまって欲しい所です。


スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

L.Jのファンブルは最初のタックルを外して2人目を処理している所に3人4人と来てしまった形でL.Jがミスをしたと言うよりもちょっと頑張りすぎましたという印象です。
Kearseの降格は個人的には嬉しいのですが、Abiamiriが活躍したわけでもないですしパスラッシュが掛からないのは問題ですね。ブリッツを入れる場面はほとんど有りませんでした。
それでもMcNabbのスピード感は今年最高でしたし、膝の状態が良くなっているのは感じました。怪我人も帰ってきましたしやっと本来のチームに戻ってきているみたいです。

何はともかく勝ててよかったです、この試合負けていたらMcNabb降格の声が更に大きくなったでしょうから。

  • 2007/11/13(火) 01:34:27 |
  • URL |
  • horikomi #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Jim JohnsonはKearseをあまり使わなかった事について「休ませてなるべくフレッシュな形で使いたかった」とコメントしているようですが、ものは言いようという感じです。残り10分までほとんど使わないでフレッシュって言われても。。。そりゃフレッシュでしょうけど。
ここまではColeがサックを量産していましたが、ちょっと息切れしているのか、コンスタントにダブルチームでも受けているのかわかりませんが、ちょっと寂しい状況ですね。

McNabbのスピード感が戻って来たとかでこれは本当に大きな事ですね。シーズンの序盤は本当にスローモーションというかいかにも足痛めてますって感じでしたが、よく回復してくれました。

マクナブの膝の回復と共にチーム成績も回復して欲しいのですが。

  • 2007/11/13(火) 02:14:52 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

Coleは1対1で完全に負けてました、プロボウラー相手なので仕方が無い部分も有りますが、このまま行けばColeもプロボウラーになるシーズンなのですからねえ・・・。
Kearseを休ませた試合で若手が頑張ってくれれば今後も若手を使うのでしょうけれど、良く無かったですからねえ・・・・。同じならば若手を使って欲しいのですが。

  • 2007/11/13(火) 08:10:04 |
  • URL |
  • horikomi #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Coleは右サイドでほとんど全てのプレーで出場しているようですね。もう少し彼も休ませながら使ってあげたいですね。Abiamiriもまだルーキーだから仕方ないかとも思いますが、一応2巡指名ですから少しは大器の片鱗を見せてくれるとうれしいのですが。まあルーキーの判断は3年後なんて言われますし、そのためにも徐々にプレイタイムを増やしてあげないといけないでしょうね。

  • 2007/11/13(火) 11:56:34 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/436-50e50026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。