フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)いよいよ開幕

昨年さっさとシーズンが終了した76ersにとっては長いオフでしたが、やっとNBAシーズンも開幕となります。いろいろなサイトでシーズンプレビューなどをやっていますが、どれを見ても希望の持てるような記事を書いている所はありません。たいていの所がイーストでは最下位か下から2番目程度の成績と予想されています。

実際昨年の戦力からアップしたのかと言われればそんなこともないでしょうし、全体的に若くなった分厳しいシーズンとなるでしょう。今日の地元紙ではあるスカウトの話として「シクサーズが11月に3勝できたらびっくりだ」とも語っています。いくらなんでも3勝って。。。

開幕戦は昨年ディビジョントップだったラプターズとの対戦になります。いきなり不利な戦いになりそうですが、とりあえず今年の戦力を軽くおさらいしておきましょう。

スターター
■PG Andre Miller
若いチームにあって絶対に必要な戦力です。昨年のトレード後の快進撃は彼がいなければありえませんでした。ただ、今年あまりにもチーム成績が悪い場合はシーズン途中でトレードに出す可能性もあります。そして見返りに今年で契約の切れる選手を獲得して更にオフのサラリーキャップに余裕を持たせる、というシナリオです。そうならない事を願いますが。

■SG Willie Green
最後までGreenかRodney Carneyかでチームも迷っていますが、恐らくGreenで行くことになるでしょう。昨年は怪我から復帰1年目でしたが、2年目となってフルに体調が戻っているでしょうし、活躍が期待されます。ある意味この人がどの程度活躍してくれるかが一番読めず、彼の働きが勝敗を大きく左右するかも知れません。

■SF Andre Iguodala
これからのチームを背負う大黒柱です。もう一人スター選手がいればもっと活きるのですが、それは来年に期待するしかありません。着々と成長しているので今季のオールスターに出場できるような可能性は十分あります。が、チーム成績が悪いと心証も悪いのでそれが不利に働くかも知れません。チームとは契約延長の交渉をしていますがまだ結論は出ていないようです。もうすぐ交渉のタイムリミットも期限切れなのでどうなるか。

■PF Reggie Evans
このオフにトレードで獲得したリバウンド専門の選手です。昨年は48分換算にした時のリバウンド数ではリーグトップでした。スターターになったことはない選手ですから今年どうなるか。オフェンス能力はほとんどない選手です。もともとオフェンス力はないチームなのでその意味では更にその他の選手に負担がかかってしまいます。が、チームにとっては待望のゴール下でゴリゴリやってくれる選手です。

■Center Samuel Dalembert
このオフはチームカナダに合流して試合も出ていましたがその際に足を疲労骨折してしまいました。この週末から練習に参加しており、なんとか開幕には間に合った格好です。が、調整不足は否めません。当初は思うように動けないかも知れませんし、コンディション不足からシーズン途中で故障してしまう可能性も大いに考えられます。彼が長期離脱となればその時点でシーズンの希望は消滅と言えるでしょう。

控え選手
■Kyle Korver
彼のオフェンス力は相変わらず相手にとっては脅威です。今年もベンチから良い働きをしてくれるでしょう。

■Jason Smith
今年のドラフトで獲得した選手ですが、プレシーズンでも良い働きをし、Dalembertが出場できない時は彼がセンターに入っていました。元々はPFの選手ですが、1年目からローテーションには入るでしょうし、活躍が期待されます。

■Louis Williams
昨年終盤からようやくポテンシャルを見せてくれました。今年は飛躍の年になる可能性大です。PGとしてMillerの控えという位置づけですがその得点能力の高さからSGでMillerとセットで出場する事もあるかも知れません。

■Rodney Carney
彼にもコンスタントにプレイタイムはあるでしょう。サイズ、身体能力ともにある選手でポテンシャルは高い選手です。

■Shavlik Randolph
昨年足首の大きな怪我をしました。一応開幕には間に合ってますが、彼もコンディション不足でしょう。契約最終年ですから必死だと思いますし、ルーキー時のような頑張りを見せてもらいましょう。

■Louis Amundson
昨年のDevelopmental LeagueのMVPです。サマーリーグでは良い働きをするもキャンプでは怪我をしてしまい出遅れました。まずは怪我を治すことが先決です。

■Calvin Booth
このオフに契約したベテランですが昨年のAlan Hendersonのような使われ方になるでしょう。戦力という意味ではあまり考えない方が良いと思います。

■Herbert Hill
今年のドラフト2巡目で獲得した選手ですが、彼も周囲の評価を上回る働きをしてくれました。が、先日膝の怪我が発覚し、手術を行い復帰までは4-6週間ほど必要のようです。

■Kevin Ollie
ベテランPGで出場すればしっかりと計算はできる選手です。しかし、勝利よりも若い力の育成が優先されるであろうチームではプレイタイムをちゃんと貰えるかどうか。戦力よりも契約最終年であることの方が重宝されていると思われる可哀想な選手です。

■Thaddeus Young
今年のドラフト1巡で獲得した選手ですがどうやら今年バリバリ働いてくれる可能性はなさそうです。まだ19歳ですし来年にはコンスタントに出場できるかも知れませんが今年はベンチを暖めることが多いでしょう。


これでロスター全員分になります。こうして考えると絶対的に信頼できる選手というのはMiller Iguodalaくらいですね。Samははまれば素晴らしいのですがいかんせん不安定なのが玉にきずです。

まあもう心配しても仕方がありません。今年は1勝の重みを感じながら過ごす1年を覚悟して開幕を待とうと思います。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

3勝かぁ……自分の中では期待してる部分も結構あるのですが、周りから見ればやはりそのぐらいなんでしょうね。

勝たなければいけない、というピリピリした雰囲気が無い開幕というのも久しぶりです。選手達にはのびのびプレーして貰いたいですね。

イグドラの契約延長話も、どちらもそうなることを望んでるらしいので心配ないと思いますが、期限ギリギリはさすがにハラハラします。

  • 2007/10/31(水) 23:11:29 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

たくさんご無沙汰してます。
3勝ってそこまで弱いかなあ、、と思いますが、昨年もIverson, Webberがいなくなってもう終わった、と思いきや頑張ってくれました。選手達は今年も周りを驚かそうとモチベーショんは高いようですから期待しましょう。

契約延長は10/31が期限ですから、Raptorsとの試合が終わって数時間という事になります。5年で50ミリオンなんていう噂もあるようですが、早く片付いて欲しいですね。

  • 2007/11/01(木) 08:52:18 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/430-e4c308a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。