フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)対Jets戦 とりあえず勝ちました

ここ数ヶ月多忙を極め、またもや更新が滞ってしまいました。ただこれからはもう少し更新できるかな?と期待しています。

それはさておき、bye明けのイーグルスはJetsとの対戦。ここまで1勝3敗とここで負けたらかなりの確率でプレイオフ絶望という試合でした。試合前の円陣では"one two three dominate!"という言葉で気合いを入れ、dominateという言葉ほどでは全くありませんでしたが、それでも16-9というスコアで勝利を拾いました。

前回はGiats相手に同じスタジアムで12サックを浴びてしまいましたが、この試合のOLはそこそこ良い働きだったと思います。前回は怪我で欠場となったTra(William) Thomasが復帰、手術のTodd Herremansも欠場することなく元気にプレーをしていました。オフェンス最初のプレーでいきなりサックを食らった時はおいおい、またか、と思いましたが、その後はランプレーでも押している所が良く見られました。

最初のサックはOL、この時はたしかJamaal JacksonとHerremansの間だったと思いましたが、彼のせいもあったとは思いますがMcNabbの持ち過ぎ、レシーバーが空かない、という事で食らった感じでした。McNabbはこの試合は278ヤード、22/35とそこそこの数字を残しました。

しかし手術した膝は完全復帰には程遠く、後ろからOLに追いつかれるような有様でした。もともと動ける、というより超動けるQBですから、ラッシュが来ても自分の足で逃げ、レシーバーが空いてなくても自分の足で時間を稼ぐことが出来ました。しかし今はそれが出来ません。レシーバーが空かない、ラッシュが来る、というのは今のMcNabbにとっては致命的な問題になってしまいます。ボールを持ち過ぎてサックというのは今シーズンも結構あったと思うのですが、意識して早いタイミングで投げるようなプレーコールや心がけが必要でしょう。たぶん頭では理解していてもこれまできっと20年くらい同じスタイルでやってきたのでしょうから、本能的な所を変えるのは大変でしょうね。

オフェンスでは今季はWestbrook頼みという感じが目立っていたのですが、この試合ではKevin Curtisに加えてやっとReggie Brownの活躍も見る事が出来ました。Westbrookはランで120ヤード、パスで36ヤードといつも通りの素晴らしい活躍ですが、両レシーバーがボールに絡む事も多く、ある程度攻撃のバリエーションがあるように見えました。今季のBrownには期待をしていたのですが、今季はここまで8キャッチ、81ヤードと1試合にしか出場していないような記録ですが、この試合では6キャッチ、89ヤードとやっと期待に応える働きを見せてくれました。

今まではロングパス成功で得点か3&Out、というシリーズも多かったのですが、この試合は長いドライブも多く良いリズムだったように思います。しかしAkersがFGを2本外しています。両方とも40ヤードそこそこだったので彼ならば問題ない状況だと思うのですが。

試合中は2本決まっていればかなり余裕があるのになあ、などと思っていましたが、振り返ってみれば、もしかして決まらなくて接戦だったのも良かったのかもと思います。というのもこの試合もDawkins, Sheppardの両プロボウラーは欠場しており、William JamesがCBでは先発出場となっています。この試合は良くカバーをしていたと思いますが、それでも今までの働きを見ると不安なことに変わりはありません。試合の終盤で2ポゼッションゲームとなればパスをどんどん投げて来るでしょうし、そうなるとまたまた違う展開になったかも知れません。ということでAkersのFG失敗はある意味怪我の功名と考えることにします。

もう一人のCBのSheldon Brownは今日は良かったですねえ。目立つのはやっぱり最後のColesとのマッチアップでエンドゾーンでのパスカットでしょうか。あの時のカバーは完璧でしたね。4thダウンでフェードパターンのパスでしたが、Jim Johnsonいわくあのプレーはこの試合のためにずっと練習していたプレーだそうで、Brownのカバーも良かったですが、そのあたりの準備という事でも良かったと思います。

ディフェンスは結局この試合はTDは許していませんし、前回のGiants戦でも1TDを許したのみとなっています。これでLBのGocong, Gaitherがもっと映像に映る様な働きをしてくれればそれこそ"dominate"できるようなディフェンスになる、なれなくても近づけると思うんですけどね。ちょっとあの二人は存在感なさすぎでしょう。

内容は手放しで喜べるものではありませんが、とにもかくにも勝つ事が出来ました。更に良かったことにこの試合で新たなケガ人はありませんでした。来週はこれまた今季調子の出ないBearsとの対戦です。今のイーグルスでは確実に勝てる相手などいないのですが、それでも勝てそうな相手に対しての取りこぼしはシーズン終了につながってしまいます。この勝利で少しでも波に乗ってくれると良いのですが。



スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/423-b297180c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。